1 2 3 4 5 6 次へ
56件中 51 - 56件表示
  • 磯山 さやか

    磯山さやかから見た西村徳文西村徳文

    2010年3月27日、パ・リーグ公式戦「千葉ロッテマリーンズ」対「北海道日本ハムファイターズ」(千葉マリンスタジアム)において、投手ではなく、捕手(いわゆる女房役)での始球式を行った。この年、婚活をしていたため、衣装は純白の半袖ウエディングドレスで、キャッチャーミットも白であった。投手はルーキーで当時独身の荻野貴司で、左打席に西村徳文ロッテ監督が立った。時速90キロの外角高めの暴投気味の球を好捕した。磯山さやか フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島忠

    鹿島忠から見た西村徳文西村徳文

    鹿児島実業時代は夏の甲子園にエースとして2年連続出場し、1978年は1回戦で静岡に3-4で惜敗。1979年も1回戦で相可に2-4で敗退。高校の1年上に定岡徹久、同期に栄村忠広がいた。卒業後は鹿児島鉄道管理局に進み、エースとして活躍。この時のチームメートに西村徳文、森田芳彦がいた。1982年のドラフト1位で中日ドラゴンズへ入団。当初は本格派右腕投手として期待され、1986年には9試合に先発して3勝を記録。1987年は伸び悩み、星野仙一監督に二軍行きを命じられる。1988年からは中継ぎとして起用され、同年のリーグ優勝に貢献。安定した投球を買われ、右の重要な中継ぎ要員として息長く活躍。球団歴代10位となる405試合に登板し、1996年限りで14年間の現役生活を引退。その後はテレビ愛知・東海ラジオ野球解説者・中日スポーツ野球評論家(1997年 - 2000年)で4年間担当を経て、中日で一軍投手コーチ(2001年 - 2002年)・二軍投手コーチ(2003年)を務めた。中日退団後は2度目の東海ラジオ野球解説者・中日スポーツ野球評論家(2004年)で1年間担当を経て、楽天で二軍投手コーチ(2005年)・一軍投手コーチ(2006年)を務めた。楽天コーチ時代、ベンチで野村克也監督の近くに座ることが多かったことから、試合中のぼやきを耳にすることが多かった。鹿島忠 フレッシュアイペディアより)

  • 1989年の野球

    1989年の野球から見た西村徳文西村徳文

    8月31日 - 日本ハムの河野博文が対ロッテ戦(東京ドーム)で初回先頭打者の西村徳文の安打だけの1安打投球試合。試合は9回1死から河野が一ゴロを落球から失点で1対0でロッテが勝利。ロッテの1安打勝利はパ・リーグ史上5度目。1989年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た西村徳文西村徳文

    7月5日、西村徳文コーチがボビー・バレンタイン監督よりスタメンを告げられる際に、本来三塁で先発出場する予定だった今江の愛称である「ゴリ」と「堀」を聞きまちがえてしまい、堀幸一が2年ぶりにスタメン三塁で出場する珍事があった。結局堀は第1打席で犠牲フライを放ったのち、3回表の守備より今江と交代した。チーム4位の60打点を記録したものの、打率は.247と低調に終わり、2005年から受賞していたゴールデングラブ賞は小谷野栄一に譲ってしまった。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 福良淳一

    福良淳一から見た西村徳文西村徳文

    からはオリックスで一軍ヘッドコーチを務めていた。だが、にはチームが開幕から最下位に低迷し、自力でのパシフィック・リーグ優勝の可能性が消滅した6月2日に一軍の監督森脇浩司が休養、一軍監督代行としてシーズン終了まで指揮を執った。森脇の監督退任(8月31日)・シニアアドバイザー就任(9月1日)を受けて、シーズン終盤の10月1日には2016年から一軍監督へ昇格することが球団から発表された。阪急の選手だったことがある人物がオリックスの監督になったのは初の出来事である。また、同球団生え抜きの監督は梶本隆夫以来およそ35年ぶりとなった。福良の一軍監督代行期間中のチーム成績は、89試合42勝46敗1分けでレギュラーシーズンを5位で終えている。翌2016年は同じ国鉄職員だったが故に現役時代から親交のあった同郷の西村徳文をヘッドコーチとして招聘、成績は4年ぶりの最下位に終わった。は4位。監督代行に就任後、試合前のスターティングラインナップ発表後に歌われる選手応援歌(1-9)の最後に福良の現役時代の応援歌(後段は「花の子ルンルン」OPの替え歌)が歌われるようになっている。同年の10月26日のドラフト会議で埼玉西武ライオンズとの競合の末、田嶋大樹の交渉権を引き当て、球団のくじ引き連敗を11でストップした。福良淳一 フレッシュアイペディアより)

  • マリーンズファン

    マリーンズファンから見た西村徳文西村徳文

    2010年の正力松太郎賞の候補として受賞した西村徳文や西岡剛(2010年チームキャプテン)、球団と共に挙がったことがある。理由は「チーム全体を選出するのはどうか」と杉下茂と中西太が提案したため。ファンも含め一丸となったことが評価され、「統率の取れた応援団にもどうか」との意見も出されたためでもある。なお、通常正力松太郎賞は選手・監督・コーチ・審判が対象になるため、特例措置ともいえる。マリーンズファン フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
56件中 51 - 56件表示

「西村徳文」のニューストピックワード