前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
92件中 1 - 10件表示
  • 西村徳文

    西村徳文から見た香川伸行

    初盗塁:1983年4月26日、対南海ホークス4回戦(川崎球場)、6回裏に二盗(投手:矢野実、捕手:香川伸行西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た黒木知宏

    西村から外野のレギュラーを奪取した諸積兼司や、同郷の黒木知宏には特に慕われている。現役時代は数々のタイトルを獲得しており、当時を代表する名選手であったが、当時のパ・リーグは人気低迷期だったために知名度が低く、その影の薄さが漫画のネタにもなった。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た木梨憲武

    木梨憲武(とんねるず)に似てることや自身の名前(徳文)と相まって、流行していた『仮面ノリダー』という愛称がついていた。また、お笑いコンビのモンスターエンジンの西森洋一にも似ており、西村がロッテの監督時代に日本一を果たした時期には、当時西森が出演していた番組「ピカルの定理」内にて「和の力 ニシムラ監督」というコントが放送された事がある。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見たモンスターエンジン

    木梨憲武(とんねるず)に似てることや自身の名前(徳文)と相まって、流行していた『仮面ノリダー』という愛称がついていた。また、お笑いコンビのモンスターエンジンの西森洋一にも似ており、西村がロッテの監督時代に日本一を果たした時期には、当時西森が出演していた番組「ピカルの定理」内にて「和の力 ニシムラ監督」というコントが放送された事がある。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見たボビー・バレンタイン

    は一軍内野守備走塁コーチを務めた。は一軍外野守備走塁コーチに転任し、その後は二軍の外野守備走塁コーチなどにも就任している。にボビー・バレンタインが監督に就任するとヘッドコーチも兼任し、選手とのパイプ役として信頼され、バレンタインがシーズン後に帰国した際は代理監督を務めた。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見たとんねるず

    木梨憲武(とんねるず)に似てることや自身の名前(徳文)と相まって、流行していた『仮面ノリダー』という愛称がついていた。また、お笑いコンビのモンスターエンジンの西森洋一にも似ており、西村がロッテの監督時代に日本一を果たした時期には、当時西森が出演していた番組「ピカルの定理」内にて「和の力 ニシムラ監督」というコントが放送された事がある。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た福岡ソフトバンクホークス

    高校卒業後も西村は安定した就職先として日本国有鉄道鹿児島鉄道管理局(現・JR九州鹿児島支社)に入社し、鹿児島鉄道管理局野球部で野球を続けた。西村も業務と野球の両立に悩んでいたが、入社3年目の1980年にスカウトが視察に来るとプロ入りを目指す。1981年のドラフト会議において、ロッテオリオンズ・ヤクルトスワローズ・南海ホークスからそれぞれ5位指名を受け、ロッテオリオンズへ入団した(なお、串間市出身のプロ野球選手は水谷実雄に続き2人目である。)。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た九州旅客鉄道

    高校卒業後も西村は安定した就職先として日本国有鉄道鹿児島鉄道管理局(現・JR九州鹿児島支社)に入社し、鹿児島鉄道管理局野球部で野球を続けた。西村も業務と野球の両立に悩んでいたが、入社3年目の1980年にスカウトが視察に来るとプロ入りを目指す。1981年のドラフト会議において、ロッテオリオンズ・ヤクルトスワローズ・南海ホークスからそれぞれ5位指名を受け、ロッテオリオンズへ入団した(なお、串間市出身のプロ野球選手は水谷実雄に続き2人目である。)。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た諸積兼司

    5月9日の対日本ハムファイターズ戦を風疹で欠場し、西村の代わりに起用された諸積兼司が4安打の活躍を見せた。これを契機に諸積の出番が増え、には諸積に中堅手のレギュラーを明け渡している。は選手登録されていたものの、シーズンを通じて二軍で若手の指導にあたり、同年で現役引退を表明した。10月12日のシーズン最終戦が西村の引退試合となり、外野席にはファンが作成した「ダイヤモンドのスピードランナー 疾風のように行け、走れ西村、16年間ありがとう」という横断幕が掲げられた。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た矢野実

    初盗塁:1983年4月26日、対南海ホークス4回戦(川崎球場)、6回裏に二盗(投手:矢野実、捕手:香川伸行)西村徳文 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
92件中 1 - 10件表示

「西村徳文」のニューストピックワード