74件中 11 - 20件表示
  • 西村徳文

    西村徳文から見たゴールデングラブ賞

    には規定打席に到達し、以降は俊足巧打の選手として一軍に定着した。には初タイトルのベストナインとゴールデングラブ賞(二塁手)を獲得し、オフに結婚した。社会人時代は数試合に1回程度だった盗塁が激増し、からにかけては4年連続で盗塁王を獲得した。一方で、5月4日の対南海ホークス戦で右手人差指を骨折し、二塁手の他に三塁手も経験した。1988年は10.19にも先発出場している。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た北海道日本ハムファイターズ

    5月9日の対日本ハムファイターズ戦を風疹で欠場し、代わりに起用された諸積兼司が4安打の活躍を見せた。これを契機に諸積の出番が増え、には中堅手のレギュラーを明け渡している。は選手登録されていたものの、シーズンを通じて二軍で若手の指導にあたり、同年で現役引退を表明した。10月12日のシーズン最終戦が引退試合となり、外野席にはファンが作成した「ダイヤモンドのスピードランナー 疾風のように行け、走れ西村、16年間ありがとう」という横断幕が掲げられた。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た千葉ロッテマリーンズ

    西村 徳文(にしむら のりふみ、1960年1月9日 - )は、宮崎県串間市出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)、前千葉ロッテマリーンズ監督、野球解説者、野球評論家。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た西村晃

    愛称の「走る将軍」は、水戸黄門で水戸光圀を演じていた西村晃と同姓だったことに由来する。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た川崎球場

    は9月に代走で初出場を果たすが、その秋に山本一義・飯塚佳寛から俊足をさらに生かすためにスイッチヒッターへの転向を勧められた。秋季キャンプから川崎球場近くにあるホテルに、高畠康真と泊まり込んで猛練習に取り組んだ結果、には左打席でプロ初安打を記録し、5月には初スタメンと急成長を遂げた。アマチュア時代は無名だったこともあり、凡退すると首脳陣から聞こえよがしに嫌味を言われたこともあったという。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た飯塚佳寛

    は9月に代走で初出場を果たすが、その秋に山本一義・飯塚佳寛から俊足をさらに生かすためにスイッチヒッターへの転向を勧められた。秋季キャンプから川崎球場近くにあるホテルに、高畠康真と泊まり込んで猛練習に取り組んだ結果、には左打席でプロ初安打を記録し、5月には初スタメンと急成長を遂げた。アマチュア時代は無名だったこともあり、凡退すると首脳陣から聞こえよがしに嫌味を言われたこともあったという。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た大坪幸夫

    初安打:同上、8回裏に大坪幸夫から二塁打西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た安田秀之

    350盗塁:1994年8月26日、対福岡ダイエーホークス19回戦(千葉マリンスタジアム)、8回裏に三盗(投手:矢野未乗、捕手:安田秀之) ※史上14人目西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た上川誠二

    は選手会長に就任し、主将制度が無かった当時のロッテでチームのまとめ役となった。また、有藤道世の勧めで振り切る打撃を心がけるようになったという。しかし、3月11日のオープン戦(対中日ドラゴンズ戦)で右手有鈎骨を骨折し、4月18日に除去手術を受けたために開幕から32試合を欠場した。5月27日の対西武ライオンズ戦で復帰したが、この間に水上善雄・上川誠二・森田芳彦が好調だったため、中堅手にコンバートされ、以後は外野手を本職とした。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見たレロン・リー

    初出場:1982年9月14日、対阪急ブレーブス後期6回戦(宮城球場)、7回裏にレロン・リーの代走として出場西村徳文 フレッシュアイペディアより)

74件中 11 - 20件表示

「西村徳文」のニューストピックワード