74件中 21 - 30件表示
  • 西村徳文

    西村徳文から見た赤堀元之

    300盗塁:1991年9月29日、対近鉄バファローズ25回戦(川崎球場)、7回裏に二盗(投手:赤堀元之、捕手:山下和彦) ※史上21人目西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た村田勝喜

    1000本安打:1991年7月20日、対福岡ダイエーホークス15回戦(平和台球場)、1回表に村田勝喜から左前安打 ※史上162人目西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た高畠導宏

    は9月に代走で初出場を果たすが、その秋に山本一義・飯塚佳寛から俊足をさらに生かすためにスイッチヒッターへの転向を勧められた。秋季キャンプから川崎球場近くにあるホテルに、高畠康真と泊まり込んで猛練習に取り組んだ結果、には左打席でプロ初安打を記録し、5月には初スタメンと急成長を遂げた。アマチュア時代は無名だったこともあり、凡退すると首脳陣から聞こえよがしに嫌味を言われたこともあったという。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た水谷実雄

    高校卒業後は安定した就職先として日本国有鉄道に入社し、鹿児島鉄道管理局野球部で野球を続けた。業務と野球の両立に悩んでいたが、入社3年目の1980年にスカウトが視察に来るとプロ入りを目指す。1981年のドラフト会議において、ロッテオリオンズ・ヤクルトスワローズ・南海ホークスからそれぞれ5位指名を受け、ロッテオリオンズへ入団した(串間市出身のプロ野球選手は水谷実雄に続き2人目)。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た山本一義

    は9月に代走で初出場を果たすが、その秋に山本一義・飯塚佳寛から俊足をさらに生かすためにスイッチヒッターへの転向を勧められた。秋季キャンプから川崎球場近くにあるホテルに、高畠康真と泊まり込んで猛練習に取り組んだ結果、には左打席でプロ初安打を記録し、5月には初スタメンと急成長を遂げた。アマチュア時代は無名だったこともあり、凡退すると首脳陣から聞こえよがしに嫌味を言われたこともあったという。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た水上善雄

    は選手会長に就任し、主将制度が無かった当時のロッテでチームのまとめ役となった。また、有藤道世の勧めで振り切る打撃を心がけるようになったという。しかし、3月11日のオープン戦(対中日ドラゴンズ戦)で右手有鈎骨を骨折し、4月18日に除去手術を受けたために開幕から32試合を欠場した。5月27日の対西武ライオンズ戦で復帰したが、この間に水上善雄・上川誠二・森田芳彦が好調だったため、中堅手にコンバートされ、以後は外野手を本職とした。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た永本裕章

    初本塁打・初打点:1983年6月19日、対阪急ブレーブス13回戦(阪急西宮球場)、3回表に永本裕章から逆転決勝3ラン西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た徳川光圀

    愛称の「走る将軍」は、水戸黄門で水戸光圀を演じていた西村晃と同姓だったことに由来する。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た秋山幸二

    3月21日のオープン戦で右太腿の肉離れ、5月17日には左足首の捻挫などの負傷で盗塁数が減ったが、秋山幸二に盗塁数を大きく引き離されて開き直ったことや、打撃方法の改造などで好調を維持し、打率.338でパ・リーグ史上初となる、両打ち打者での首位打者を獲得した。この年には中堅手としてベストナイン・ゴールデングラブ賞を獲得しており、2011年シーズンまでは内野・外野の両方でゴールデングラブ賞を獲得したパ・リーグ唯一の記録であった。4月9日には自身の所有する千葉マリンスタジアムのシーズンシートを千葉市に寄付し、福祉施設の子供が招待されるようになった。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た湯浅禎夫

    クライマックスシリーズでは第1ステージ(対埼玉西武ライオンズ戦)、第2ステージ(対福岡ソフトバンクホークス戦)ともに全試合が相手主催試合ながら勝ち抜き、日本プロ野球史上初となる、レギュラーシーズン3位から日本シリーズ出場権を勝ち取った。同年の日本シリーズ(対中日ドラゴンズ戦)も4勝2敗1分で、チームを5年ぶり4度目の日本一に導いた。監督就任1年目の日本一達成は史上9人目、ロッテでは湯浅禎夫(毎日オリオンズ)以来60年ぶりの快挙となった。傑出した選手が少なく故障者も多い中でチームを束ね、史上初めてレギュラーシーズン3位から日本一を達成した業績が評価され、11月15日に正力松太郎賞を受賞した。11月25日、新設された串間市民栄誉賞を受賞した。12月7日、野球殿堂入り候補者名簿・プレーヤー部門に掲載された。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

74件中 21 - 30件表示

「西村徳文」のニューストピックワード