74件中 51 - 60件表示
  • 西村徳文

    西村徳文から見た外野手

    西村 徳文(にしむら のりふみ、1960年1月9日 - )は、宮崎県串間市出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)、前千葉ロッテマリーンズ監督、野球解説者、野球評論家。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た宮城球場

    初出場:1982年9月14日、対阪急ブレーブス後期6回戦(宮城球場)、7回裏にレロン・リーの代走として出場西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た宮崎県総合運動公園第二硬式野球場

    中学生から野球の練習に励み、1974年には主将を務めて当時完成間もない宮崎市営球場で行われた宮崎県大会で優勝している。宮崎県立福島高等学校進学後は1年生からベンチ入りし、走力などを高く評価されていた。しかし、厳しい練習やオートバイへの憧れから1年生の秋には一時退部もしている。1976年の夏には第58回全国高等学校野球選手権大会に1番・二塁手として出場したが、初戦で新潟県立高田商業高等学校に敗れ、自身も無安打だった。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た牽制球

    技術に関しては球団から渡されたビデオテープを基に独学し、盗塁王を獲得してからは盗塁の判断を基本的に任されていた。投手の牽制球や捕手の配球についても研究し、リードを広げて変化球の時に盗塁することを目指した。なお、スタートを失敗した際でも帰塁できるようになったことで、盗塁数が大きく増加している。スパイクシューズについては、頃まで「こだわりがない」とコメントしていたが、チーム契約と異なる用具メーカーの製品を使用して、1986年から改良を重ねてきた。そして、1989年からは当時の平均(260g)よりもかなり軽い200gのものを使用し、刃は16mmのものに加えて、軟らかいグラウンド用に19mmの長い刃も用意していた。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た串間市立福島中学校

    1960年に宮崎県で生まれる。幼少期は地元の方言で「おちゃかろ」と言われるほどの悪戯好きな子供だった。串間市立有明小学校には野球部が存在しなかったため、兄とキャッチボールで遊び、串間市立福島中学校に進学してから本格的に野球を始めている。中学まではそれほど俊足ではなかったが、走り幅跳びでは裸足で6m以上跳んだ。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見たスパイクシューズ

    技術に関しては球団から渡されたビデオテープを基に独学し、盗塁王を獲得してからは盗塁の判断を基本的に任されていた。投手の牽制球や捕手の配球についても研究し、リードを広げて変化球の時に盗塁することを目指した。なお、スタートを失敗した際でも帰塁できるようになったことで、盗塁数が大きく増加している。スパイクシューズについては、頃まで「こだわりがない」とコメントしていたが、チーム契約と異なる用具メーカーの製品を使用して、1986年から改良を重ねてきた。そして、1989年からは当時の平均(260g)よりもかなり軽い200gのものを使用し、刃は16mmのものに加えて、軟らかいグラウンド用に19mmの長い刃も用意していた。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た水戸黄門

    愛称の「走る将軍」は、水戸黄門で水戸光圀を演じていた西村晃と同姓だったことに由来する。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た宮崎県立福島高等学校

    中学生から野球の練習に励み、1974年には主将を務めて当時完成間もない宮崎市営球場で行われた宮崎県大会で優勝している。宮崎県立福島高等学校進学後は1年生からベンチ入りし、走力などを高く評価されていた。しかし、厳しい練習やオートバイへの憧れから1年生の秋には一時退部もしている。1976年の夏には第58回全国高等学校野球選手権大会に1番・二塁手として出場したが、初戦で新潟県立高田商業高等学校に敗れ、自身も無安打だった。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た第58回全国高等学校野球選手権大会

    中学生から野球の練習に励み、1974年には主将を務めて当時完成間もない宮崎市営球場で行われた宮崎県大会で優勝している。宮崎県立福島高等学校進学後は1年生からベンチ入りし、走力などを高く評価されていた。しかし、厳しい練習やオートバイへの憧れから1年生の秋には一時退部もしている。1976年の夏には第58回全国高等学校野球選手権大会に1番・二塁手として出場したが、初戦で新潟県立高田商業高等学校に敗れ、自身も無安打だった。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見たビデオテープ

    技術に関しては球団から渡されたビデオテープを基に独学し、盗塁王を獲得してからは盗塁の判断を基本的に任されていた。投手の牽制球や捕手の配球についても研究し、リードを広げて変化球の時に盗塁することを目指した。なお、スタートを失敗した際でも帰塁できるようになったことで、盗塁数が大きく増加している。スパイクシューズについては、頃まで「こだわりがない」とコメントしていたが、チーム契約と異なる用具メーカーの製品を使用して、1986年から改良を重ねてきた。そして、1989年からは当時の平均(260g)よりもかなり軽い200gのものを使用し、刃は16mmのものに加えて、軟らかいグラウンド用に19mmの長い刃も用意していた。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

74件中 51 - 60件表示

「西村徳文」のニューストピックワード