92件中 61 - 70件表示
  • 西村徳文

    西村徳文から見たBS12 プロ野球中継

    2013年よりサンケイスポーツ評論家、FOX SPORTS ジャパンBASEBALL CENTER・BS12 プロ野球中継(いずれも球団制作の試合)の解説を務め、2014年よりよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属することになった。また同年はJ SPORTSのメジャーリーグ中継解説を務めた。2015年10月15日に2016年からオリックス・バファローズの一軍ヘッドコーチに就任することが発表された。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た1991年の近鉄バファローズ

    300盗塁:1991年9月29日、対近鉄バファローズ25回戦(川崎球場)、7回裏に二盗(投手:赤堀元之、捕手:山下和彦) ※史上21人目西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た1983年の南海ホークス

    初盗塁:1983年4月26日、対南海ホークス4回戦(川崎球場)、6回裏に二盗(投手:矢野実、捕手:香川伸行)西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見たスパイクシューズ

    技術に関しては球団から渡されたビデオテープを基に独学し、盗塁王を獲得してからは盗塁の判断を基本的に任されていた。投手の牽制球や捕手の配球についても研究し、リードを広げて変化球の時に盗塁することを目指した。なお、スタートを失敗した際でも帰塁できるようになったことで、盗塁数が大きく増加している。スパイクシューズについては、頃まで「こだわりがない」と西村はコメントしていたが、チーム契約と異なる用具メーカーの製品を使用して、1986年から改良を重ねてきた。そして、1989年からは当時の平均(260g)よりもかなり軽い200gのものを使用し、刃は16mmのものに加えて、軟らかいグラウンド用に19mmの長い刃も用意していた。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た1982年の阪急ブレーブス

    初出場:1982年9月14日、対阪急ブレーブス後期6回戦(宮城球場)、7回裏にレロン・リーの代走として出場西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見たビデオテープ

    技術に関しては球団から渡されたビデオテープを基に独学し、盗塁王を獲得してからは盗塁の判断を基本的に任されていた。投手の牽制球や捕手の配球についても研究し、リードを広げて変化球の時に盗塁することを目指した。なお、スタートを失敗した際でも帰塁できるようになったことで、盗塁数が大きく増加している。スパイクシューズについては、頃まで「こだわりがない」と西村はコメントしていたが、チーム契約と異なる用具メーカーの製品を使用して、1986年から改良を重ねてきた。そして、1989年からは当時の平均(260g)よりもかなり軽い200gのものを使用し、刃は16mmのものに加えて、軟らかいグラウンド用に19mmの長い刃も用意していた。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た1991年の日本ハムファイターズ

    1000試合出場:1991年8月18日、対日本ハムファイターズ21回戦(福島県営あづま球場)、1番・中堅手として先発出場 ※史上296人目西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た1991年の福岡ダイエーホークス

    1000安打:1991年7月20日、対福岡ダイエーホークス15回戦(平和台球場)、1回表に村田勝喜から左前安打 ※史上162人目西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た肉離れ

    3月21日のオープン戦で右太腿の肉離れ、5月17日には左足首の捻挫などの負傷で盗塁数が減ったが、西武の秋山幸二に盗塁数を大きく引き離されて開き直ったことや、打撃方法の改造などで好調を維持し、打率.338でパ・リーグ史上初となる両打ち打者での首位打者を獲得した。西村はこの年には中堅手としてベストナイン・ゴールデングラブ賞を獲得しており、2011年シーズンまでは内野・外野の両方でゴールデングラブ賞を獲得したパ・リーグ唯一の記録であった。4月9日には西村の所有する千葉マリンスタジアムのシーズンシートを千葉市に寄付し、福祉施設の子供が招待されるようになった。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た仮面ノリダー

    木梨憲武(とんねるず)に似てることや自身の名前(徳文)と相まって、流行していた『仮面ノリダー』という愛称がついていた。また、お笑いコンビのモンスターエンジンの西森洋一にも似ており、西村がロッテの監督時代に日本一を果たした時期には、当時西森が出演していた番組「ピカルの定理」内にて「和の力 ニシムラ監督」というコントが放送された事がある。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

92件中 61 - 70件表示

「西村徳文」のニューストピックワード