92件中 81 - 90件表示
  • 西村徳文

    西村徳文から見た第58回全国高等学校野球選手権大会

    中学生から野球の練習に励み、1974年には主将を務めて当時完成間もない宮崎市営球場で行われた宮崎県大会で優勝している。宮崎県立福島高等学校進学後は1年生からベンチ入りし、走力などを高く評価されていた。しかし、厳しい練習やオートバイへの憧れから1年生の秋には一時退部もしている。1976年の夏には第58回全国高等学校野球選手権大会に1番・二塁手として出場したが初戦で新潟県立高田商業高等学校に敗れ、西村も無安打だった。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た平和台野球場

    1000安打:1991年7月20日、対福岡ダイエーホークス15回戦(平和台球場)、1回表に村田勝喜から左前安打 ※史上162人目西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た新潟県立高田商業高等学校

    中学生から野球の練習に励み、1974年には主将を務めて当時完成間もない宮崎市営球場で行われた宮崎県大会で優勝している。宮崎県立福島高等学校進学後は1年生からベンチ入りし、走力などを高く評価されていた。しかし、厳しい練習やオートバイへの憧れから1年生の秋には一時退部もしている。1976年の夏には第58回全国高等学校野球選手権大会に1番・二塁手として出場したが初戦で新潟県立高田商業高等学校に敗れ、西村も無安打だった。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た阪急西宮スタジアム

    初本塁打・初打点:1983年6月19日、対阪急ブレーブス13回戦(阪急西宮球場)、3回表に永本裕章から3ラン西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た野球殿堂 (日本)

    迎えたクライマックスシリーズでは第1ステージ(対埼玉西武ライオンズ戦)、第2ステージ(対福岡ソフトバンクホークス戦)ともに全試合が相手主催試合ながら勝ち抜き、日本プロ野球史上初となる、レギュラーシーズン3位から日本シリーズ出場権を勝ち取った。同年の日本シリーズ(対中日戦)も4勝2敗1分でロッテを5年ぶり4度目の日本一に導いた。ちなみに監督就任1年目の日本一達成は史上9人目、ロッテでは湯浅禎夫(毎日オリオンズ)以来60年ぶりの快挙となった。傑出した選手が少なく故障者も多い中でチームを束ね、史上初めてレギュラーシーズン3位から日本一を達成した業績が評価され、11月15日に正力松太郎賞を、25日に新設された串間市民栄誉賞を受賞した。12月7日、野球殿堂入り候補者名簿・プレーヤー部門に掲載された。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見たBASEBALL CENTER

    2013年よりサンケイスポーツ評論家、FOX SPORTS ジャパンBASEBALL CENTER・BS12 プロ野球中継(いずれも球団制作の試合)の解説を務め、2014年よりよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属することになった。また同年はJ SPORTSのメジャーリーグ中継解説を務めた。2015年10月15日に2016年からオリックス・バファローズの一軍ヘッドコーチに就任することが発表された。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見たオートバイ

    中学生から野球の練習に励み、1974年には主将を務めて当時完成間もない宮崎市営球場で行われた宮崎県大会で優勝している。宮崎県立福島高等学校進学後は1年生からベンチ入りし、走力などを高く評価されていた。しかし、厳しい練習やオートバイへの憧れから1年生の秋には一時退部もしている。1976年の夏には第58回全国高等学校野球選手権大会に1番・二塁手として出場したが初戦で新潟県立高田商業高等学校に敗れ、西村も無安打だった。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た1981年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    高校卒業後も西村は安定した就職先として日本国有鉄道鹿児島鉄道管理局(現・JR九州鹿児島支社)に入社し、鹿児島鉄道管理局野球部で野球を続けた。西村も業務と野球の両立に悩んでいたが、入社3年目の1980年にスカウトが視察に来るとプロ入りを目指す。1981年のドラフト会議において、ロッテオリオンズ・ヤクルトスワローズ・南海ホークスからそれぞれ5位指名を受け、ロッテオリオンズへ入団した(なお、串間市出身のプロ野球選手は水谷実雄に続き2人目である。)。西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た1994年の福岡ダイエーホークス

    350盗塁:1994年8月26日、対福岡ダイエーホークス19回戦(千葉マリンスタジアム)、8回裏に三盗(投手:矢野未乗、捕手:安田秀之) ※史上14人目西村徳文 フレッシュアイペディアより)

  • 西村徳文

    西村徳文から見た福島県営あづま球場

    1000試合出場:1991年8月18日、対日本ハムファイターズ21回戦(福島県営あづま球場)、1番・中堅手として先発出場 ※史上296人目西村徳文 フレッシュアイペディアより)

92件中 81 - 90件表示

「西村徳文」のニューストピックワード