297件中 41 - 50件表示
  • 西田 敏行

    西田敏行から見た雪印乳業

    雪印乳業(ネオソフト)西田敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 西田 敏行

    西田敏行から見た讀賣テレビ放送

    死刑執行四十八時間(1984年、読売テレビ「木曜ゴールデンドラマ」)西田敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 西田 敏行

    西田敏行から見たミツカン

    中埜酢店(現:ミツカン)(味ぽん)西田敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 西田 敏行

    西田敏行から見た関西テレビ放送

    けろりの道頓 - 秀吉と女を争った男(1999年、関西テレビ) - 安井道頓 役西田敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 西田 敏行

    西田敏行から見た西郷隆盛

    1990年(平成2年)の『翔ぶが如く』に西郷隆盛役で出演を依頼された際に故郷(会津)の友人に相談したところ、「長州は駄目だが、薩摩なら大丈夫だ」と言われたので出演を引き受けたとのこと。また、2013年(平成25年)の『八重の桜』に西郷頼母役で出演をし、両西郷を演じるのは日本テレビの年末時代劇で出演していた里見浩太朗についで二人目である。西田敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 西田 敏行

    西田敏行から見た徳川秀忠

    歴代の徳川将軍家の人物を演じることが多く、『八代将軍吉宗』では徳川吉宗、『葵徳川三代』では徳川秀忠、『功名が辻』では徳川家康、と、3名の徳川家将軍を演じている。特に『功名が辻』で家康役を演じるにあたり、見た目や体型が書籍でよく描かれている家康像に似ているため、より家康の姿に似せるために、特殊メイクで福耳を施して演じた。また、『おんな太閤記』では豊臣秀吉を演じ、西田の台詞「おかか」(正室・ねねの呼称)は当時の流行語になった。なお、大河ドラマのみで三英傑のうち二人以上演じたのは西田が唯一である。但し、大河枠以外の作品を含めた場合は、3人全員演じた俳優(例:中村橋之助)もおり、西田は織田信長を演じていないためこの中には含まれない。西田敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 西田 敏行

    西田敏行から見た西郷頼母

    1990年(平成2年)の『翔ぶが如く』に西郷隆盛役で出演を依頼された際に故郷(会津)の友人に相談したところ、「長州は駄目だが、薩摩なら大丈夫だ」と言われたので出演を引き受けたとのこと。また、2013年(平成25年)の『八重の桜』に西郷頼母役で出演をし、両西郷を演じるのは日本テレビの年末時代劇で出演していた里見浩太朗についで二人目である。西田敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 西田 敏行

    西田敏行から見た豊臣秀吉

    歴代の徳川将軍家の人物を演じることが多く、『八代将軍吉宗』では徳川吉宗、『葵徳川三代』では徳川秀忠、『功名が辻』では徳川家康、と、3名の徳川家将軍を演じている。特に『功名が辻』で家康役を演じるにあたり、見た目や体型が書籍でよく描かれている家康像に似ているため、より家康の姿に似せるために、特殊メイクで福耳を施して演じた。また、『おんな太閤記』では豊臣秀吉を演じ、西田の台詞「おかか」(正室・ねねの呼称)は当時の流行語になった。なお、大河ドラマのみで三英傑のうち二人以上演じたのは西田が唯一である。但し、大河枠以外の作品を含めた場合は、3人全員演じた俳優(例:中村橋之助)もおり、西田は織田信長を演じていないためこの中には含まれない。西田敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 西田 敏行

    西田敏行から見た徳川家康

    歴代の徳川将軍家の人物を演じることが多く、『八代将軍吉宗』では徳川吉宗、『葵徳川三代』では徳川秀忠、『功名が辻』では徳川家康、と、3名の徳川家将軍を演じている。特に『功名が辻』で家康役を演じるにあたり、見た目や体型が書籍でよく描かれている家康像に似ているため、より家康の姿に似せるために、特殊メイクで福耳を施して演じた。また、『おんな太閤記』では豊臣秀吉を演じ、西田の台詞「おかか」(正室・ねねの呼称)は当時の流行語になった。なお、大河ドラマのみで三英傑のうち二人以上演じたのは西田が唯一である。但し、大河枠以外の作品を含めた場合は、3人全員演じた俳優(例:中村橋之助)もおり、西田は織田信長を演じていないためこの中には含まれない。西田敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 西田 敏行

    西田敏行から見た徳川吉宗

    歴代の徳川将軍家の人物を演じることが多く、『八代将軍吉宗』では徳川吉宗、『葵徳川三代』では徳川秀忠、『功名が辻』では徳川家康、と、3名の徳川家将軍を演じている。特に『功名が辻』で家康役を演じるにあたり、見た目や体型が書籍でよく描かれている家康像に似ているため、より家康の姿に似せるために、特殊メイクで福耳を施して演じた。また、『おんな太閤記』では豊臣秀吉を演じ、西田の台詞「おかか」(正室・ねねの呼称)は当時の流行語になった。なお、大河ドラマのみで三英傑のうち二人以上演じたのは西田が唯一である。但し、大河枠以外の作品を含めた場合は、3人全員演じた俳優(例:中村橋之助)もおり、西田は織田信長を演じていないためこの中には含まれない。西田敏行 フレッシュアイペディアより)

297件中 41 - 50件表示

「西田敏行」のニューストピックワード