462件中 81 - 90件表示
  • 西田敏行

    西田敏行から見た吉村公三郎

    1988年(昭和63年)から映画『釣りバカ日誌』シリーズに出演。三國連太郎とのコンビで、最終の第20作(特別編2本を入れると22作)まで約22年に及ぶ長期シリーズとなり、自身の代表作の1つとなった。ちなみに西田の映画初出演作品は、三國主演の『襤褸の旗』(監督:吉村公三郎、足尾銅山鉱毒事件を題材にした作品、1974年)で、反体制派農民の一人、多々良治平という役だった。西田敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 西田敏行

    西田敏行から見た徳川秀忠

    歴代の徳川将軍家の人物を演じることが多く、『八代将軍吉宗』では徳川吉宗、『葵 徳川三代』では徳川秀忠、『功名が辻』では徳川家康、と、3名の徳川家将軍を演じている。特に『功名が辻』では家康を演じるにあたり、数多く残されている家康の肖像画などの姿により近づけるために、特殊メイクで福耳を施して演じた。また、『おんな太閤記』では豊臣秀吉を演じ、西田の台詞「おかか」(正室・ねねの呼称)は当時の流行語になった。なお、大河ドラマで三英傑のうち二人以上演じたのは西田が唯一である。西田敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 西田敏行

    西田敏行から見た八重の桜

    NHK大河ドラマに数多く出演しており、初出演した1972年(昭和47年)の『新・平家物語』から、2013年(平成25年)放送の『八重の桜』まで、出演作品数は計12作にのぼり、『山河燃ゆ』1984年(昭和59年)、『翔ぶが如く』1990年(平成2年)、『八代将軍吉宗』1995年(平成7年)、『葵 徳川三代』2000年(平成12年)の4作で主演を務めている。主演4回は57作(2017年現在)放送されている大河ドラマで最多になる。西田敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 西田敏行

    西田敏行から見た大河ドラマ

    1968年(昭和43年)、青年座俳優養成所に入り、1970年(昭和45年)に卒業し、青年座座員となる。同年の青年座7月公演『情痴』(作:西島大)で初舞台。1971年(昭和46年)の10月公演『写楽考』(作:矢代静一)では早くも主役に抜擢され大器の片鱗を見せた。その後は役者として不遇の日々を送るが、1976年(昭和51年)にレギュラー出演した『いごこち満点』と『三男三女婿一匹』(共にTBS)で注目を集め、森繁久彌のアドリブにも堂々と渡り合う硬軟自在で個性的な演技と、愛嬌のある顔立ちや体型で人気を獲得。1977年(昭和52年)には『特捜最前線』(テレビ朝日)、1978年(昭和53年)には『西遊記』(日本テレビ)に重要な役でレギュラー出演。さらに1980年(昭和55年)には『池中玄太80キロ』(日本テレビ)と『サンキュー先生』(テレビ朝日)で主演、翌1981年(昭和56年)にもNHK大河ドラマ『おんな太閤記』で準主役を務めるなど、連続ドラマで活躍。西田敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 西田敏行

    西田敏行から見た2009年

    福島県郡山市出身。オフィスコバック所属。明治大学付属中野高等学校卒業、明治大学農学部中退。身長166cm、体重80kg超。主演の映画『釣りバカ日誌』は1988年(昭和63年)から2009年(平成21年)まで22作続いた代表作。日本俳優連合理事長。日本アカデミー賞組織委員会副会長。4歳年下の夫人との間に2女あり。西田敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 西田敏行

    西田敏行から見たスズキ・アルト

    スズキ(アルトエコ)「発表会」編・香里奈と共演。「ご当地キャラ」編・香里奈、小林星蘭と共演。西田敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 西田敏行

    西田敏行から見た渥美清

    実現しなかった『男はつらいよ』第49作「寅次郎花へんろ」にはマドンナ田中裕子の兄役で出演が予定されており、その事が縁で『虹を掴む男』シリーズでは出演を務めた。また二代目寅さん役最有力候補とされていたこともある(渥美清の死去後すぐ報道された)。西田敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 西田敏行

    西田敏行から見た田中裕子

    実現しなかった『男はつらいよ』第49作「寅次郎花へんろ」にはマドンナ田中裕子の兄役で出演が予定されており、その事が縁で『虹を掴む男』シリーズでは出演を務めた。また二代目寅さん役最有力候補とされていたこともある(渥美清の死去後すぐ報道された)。西田敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 西田敏行

    西田敏行から見た柴俊夫

    また、この松崎に加え、柴俊夫、田中健、志垣太郎も当時からの親密な友人で、家族ぐるみで親交がある。『即興ソング』は現在でも松崎、西田の十八番ネタである。西田敏行 フレッシュアイペディアより)

  • 西田敏行

    西田敏行から見た坂口良子

    2013年(平成25年)3月27日、『池中玄太80キロ』で恋人役で共演した坂口良子が57歳で死去。西田は談話を発表し「早過ぎるよアッコ・・・池中玄太は号泣しています」と、ドラマ内での役名(暁子=アッコ)で呼びかけ、その無念さを表した。また、4月14日には『釣りバカ日誌』シリーズでコンビを組んだ三國連太郎が急性呼吸不全で死去。7月19日にグランドハイアット東京で営まれた「お別れの会」で西田は祭壇に“お別れの言葉”を述べ、故人を偲ぶとともに「実に見事な生涯でした」と、90年の生涯を称賛した。西田敏行 フレッシュアイペディアより)

462件中 81 - 90件表示

「西田敏行」のニューストピックワード