前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示
  • マイアミの奇跡

    マイアミの奇跡から見た西野朗西野朗

    五輪での初の金メダル獲得を目指したアトランタ五輪男子のブラジル五輪代表は、ワールドカップ1998年大会の予選が免除されていたことで、真剣勝負の場が無く代表チームの強化の意味合いも含め、ブラジルA代表監督のマリオ・ザガロが自ら指揮を取り、正規の23歳以下の選手としてロベルト・カルロス、ジュニーニョ・パウリスタ、ロナウジーニョ(注:所謂ロナウド。DFのロナウド・ギアロ(大会登録名ロナウド)選手がいたので、大会登録名をロナウジーニョにした)といった既にワールドクラスと認識されていた選手を揃えた。さらに、この大会から認められたオーバーエイジ枠に当時のA代表のレギュラーであるベベット、リバウド、アウダイールを加入させ、万全の布陣を敷いていた。一方で、銅メダルを獲得したメキシコシティ五輪以来、28年ぶりに五輪に出場した日本チームの監督・西野朗、コーチ・山本昌邦らスタッフは、スカウティング(以下、偵察と略すことあり)の為に事前に入手していたブラジルチームの試合映像を見て「(自信を失わせない様に)選手達には見せない方が良いだろう」と思った程にブラジルチームには殆ど隙が見当たらず、選手個々人の能力、チームとしての総合力に大幅な開きがあることを痛感していた。当然、各メディアの下馬評ではブラジルの圧倒的有利が予想されていただけに、Jリーグ所属の若手選手で構成された日本五輪代表が勝利した事はまさに「奇跡」に等しかった。マイアミの奇跡 フレッシュアイペディアより)

  • ガンバ大阪

    ガンバ大阪から見た西野朗西野朗

    2002年、前柏監督の西野朗が監督に就任。1stステージは中断期間までに4勝1分け2敗の4位。再開後も4連勝で一時は3位に浮上、最終的に9勝1分5敗で4位に入った。2ndステージも磐田と優勝を争ったが、直接対決で0-2と完敗するなどし、2位の成績(10勝5敗)。年間順位も過去最高の3位となり、19勝1分10敗と2年振りの勝ち越しを達成。また失点数・反則ポイント共に、チーム歴代最少であった。ガンバ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • ミドリ電化

    ミドリ電化から見た西野朗西野朗

    5代目 - Jリーグ・ガンバ大阪(播戸竜二・加地亮・安田理大・西野朗ミドリ電化 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のサッカー

    2012年のサッカーから見た西野朗西野朗

    【Jリーグ】ヴィッセル神戸が和田昌裕前監督に代わる新監督として、元サッカー日本代表選手で昨年迄ガンバ大阪の監督を務めていた西野朗氏の就任を発表。2012年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 安田理大

    安田理大から見た西野朗西野朗

    2007年3月11日J1第2節鹿島アントラーズ戦でイエローカード2枚で退場処分。試合後西野朗監督に髪色(金髪)を指摘され、翌日反省の意味を込めて丸刈りになった。安田理大 フレッシュアイペディアより)

  • 前園真聖

    前園真聖から見た西野朗西野朗

    1993年、Jリーグ開幕当初は加茂周監督の掲げるチーム戦術「ゾーンプレス」にはスタミナ不足のため出場時間は少なかったが、スピードとキレ有るドリブル突破で徐々に頭角を現し、翌1994年からは主力として活躍。西野朗監督率いるアトランタ五輪代表に選出、さらにフル代表監督ファルカンに抜擢され5月22日、キリンカップのオーストラリア戦で日本代表デビュー。10月の広島アジア大会でも全試合フル出場した。前園真聖 フレッシュアイペディアより)

  • 久米一正

    久米一正から見た西野朗西野朗

    静岡県立浜名高等学校でサッカー部主将として活躍した久米は、高校卒業後はオファーを受けていた地元実業団に入社を予定していた。これは母子家庭で育った彼が経済面を考慮したためであったが、その母の勧めもあって結局は進学することとなり中央大学に入学(同級生には早野宏史がいた)。中大サッカー部でも主将を務める。1978年に日立製作所に入社、MFとして同社サッカー部で活躍した。同期入部には西野朗がいる。1985年の引退までにJSL132試合11得点。その後は社業に専念していたが、1988年、前年JSL2部に降格した日立サッカー部の渉外担当マネジャーとして再びサッカーに関わることに。久米のマネージメントもあってチームは1990年に1部復帰を果たす。1991年からはJFAとJリーグに出向して、Jリーグ発足前後のリーグ事務局長を務めた。この時に、久米は現在のJリーグ杯である「銀皿(マイスター・シャーレ)」の制作にも携わったという。久米一正 フレッシュアイペディアより)

  • 第23回全国大学サッカー選手権大会

    第23回全国大学サッカー選手権大会から見た西野朗西野朗

    西野朗(早稲田大学)第23回全国大学サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年の柏レイソル

    1998年の柏レイソルから見た西野朗西野朗

    アトランタ五輪日本代表監督の西野朗が就任。薩川了洋、洪明甫、ストイチコフらを獲得、リーグ8位。1998年の柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の柏レイソル

    2000年の柏レイソルから見た西野朗西野朗

    前期4位、後期も優勝争いを演じて2位、年間勝点1位と安定した戦いをしたものの、ルール上年間3位となった。年間の勝点1位のチームがチャンピオンシップへ出場できなかったのはJリーグ史上初めての出来事となった。監督の西野朗が最優秀監督賞を受賞、洪明甫、明神智和がベスト11に選出された。2000年の柏レイソル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示

「西野朗」のニューストピックワード