1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
95件中 91 - 95件表示
  • 播戸竜二

    播戸竜二から見た西野朗西野朗

    ミドリ電化 (2007年) - 西野朗、加地亮、安田理大との共演播戸竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 加地亮

    加地亮から見た西野朗西野朗

    ミドリ電化(2007年) - 西野朗、播戸竜二、安田理大との共演加地亮 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た西野朗西野朗

    G大阪では2002年に就任した西野朗監督の下、攻撃的なスタイルを標榜するチームの中心選手になり、移籍3年目の2003年に初めてJリーグベストイレブンを受賞する。2005年のナビスコカップ決勝の千葉とのPK戦では立石智紀相手にプロ入り以来初めてPKを失敗してナビスコカップ優勝を逃すも、この年自身初のシーズン2桁得点を記録し、リーグ最終節の川崎戦では、PKでG大阪にとって初タイトルとなるJリーグ優勝を決める決勝ゴールを挙げ、自身にとっても初となるJリーグ優勝を経験。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・ビスポ・モレイラ・ジュニオール

    ペドロ・ビスポ・モレイラ・ジュニオールから見た西野朗西野朗

    シーズン途中の2009年8月、レアンドロの後釜を探していたJ1・ガンバ大阪へ完全移籍した。ペドロの保有権を所有していた大宮から、新潟が保有権買い取りオプションを行使して一旦新潟へと完全移籍した後、新潟からG大阪へ完全移籍する形となった。G大阪ではリーグ戦7試合に出場し、大宮戦と京都戦で計3得点を挙げたが、ドリブルが最大の持ち味でありながら西野朗監督から3タッチ以上禁止、ボールキープ禁止といった「持ちすぎ禁止令」を出されるなど、G大阪のパスサッカーに最後までフィット仕切れずリーグ戦を終えた。天皇杯では3試合に出場し、流通経済大学とJ2鳥栖相手に1得点ずつ計2得点を挙げていたが、新潟時代から痛めていた左膝の治療のため、同大会準決勝戦消化前の12月13日にブラジルへ帰国した。ペドロ・ビスポ・モレイラ・ジュニオール フレッシュアイペディアより)

  • 久保裕也 (サッカー選手)

    久保裕也 (サッカー選手)から見た西野朗西野朗

    ニコニコ生放送にて放送された『ポケットサッカーリーグ カルチョビット Direct 2012.6.29』に出演し、ヴィッセル神戸の監督だった西野朗、芸人の博多華丸・大吉と『ポケットサッカーリーグ カルチョビット』で対戦した。久保裕也 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
95件中 91 - 95件表示

「西野朗」のニューストピックワード