80件中 11 - 20件表示
  • 1955年のスポーツ

    1955年のスポーツから見た西野朗西野朗

    4月7日 - 西野朗(埼玉県、サッカー)1955年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 橋本光夫 (経営者)

    橋本光夫 (経営者)から見た西野朗西野朗

    一方、GM代行の山道の下で来季に向けた新監督の選考が行われ岡田武史と西野朗の2人に候補が絞られていた。橋本も両者との交渉に立会い、西野に関しては「就任確実」との報道も成されたが12月12日までに交渉は全て決裂。橋本が所用により不在時に山道ら強化部スタッフのみでミハイロ・ペトロヴィッチと接触し、監督就任が決定した。橋本光夫 (経営者) フレッシュアイペディアより)

  • ロビンソン・デ・オリヴェイラ

    ロビンソン・デ・オリヴェイラから見た西野朗西野朗

    2000年、前任者である松井清隆の退団に伴いJ1・ガンバ大阪のGKコーチに就任。実に6シーズンの長きに渡って早野宏史、竹本一彦、西野朗といった歴代の日本人監督たちに仕え、都築龍太、松代直樹、藤ヶ谷陽介らのJリーグを代表する名GKたちを育成、指導した。ロビンソン・デ・オリヴェイラ フレッシュアイペディアより)

  • ゼ・セルジオ

    ゼ・セルジオから見た西野朗西野朗

    西野朗 - 日立製作所時代のチームメイト (1990年に共に引退、共にコーチ就任)ゼ・セルジオ フレッシュアイペディアより)

  • 沢田謙太郎

    沢田謙太郎から見た西野朗西野朗

    翌年以降もJリーグで出場を続けたが、1998年に就任した西野朗監督による3バックの採用に伴い、徐々に出場機会が減少した。しかし成績上の問題から4バックで臨む試合となると定位置は不動であった。しかし、この年のオフにベルマーレ平塚から洪明甫、消滅した横浜フリューゲルスから薩川了洋の加入が決定的となり、3バックの陣容が整ったことから戦力外通告を受けた。沢田謙太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井直樹 (サッカー選手)

    酒井直樹 (サッカー選手)から見た西野朗西野朗

    西野朗監督就任以降は、怪我もあって出番が減少し、渡辺光輝にポジションを譲る形となった。2002年からはコンサドーレ札幌に期限付き移籍。しかし札幌でも大怪我に見舞われたこともあり2003年に現役を引退した。酒井直樹 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のJSL

    1985年のJSLから見た西野朗西野朗

    主な話題として、1986年2月8日の第16節、三菱対日立戦で西野朗(日立)が8試合連続得点を達成し、往年の名ストライカー釜本邦茂の記録(釜本は2度記録している)に並んだ。2月1日の第15節、読売対フジタ戦で現役高校生の菊原志郎(読売クラブ)が後半から途中出場し、16歳7ヶ月というリーグ最年少出場を記録した事などが挙げられる。1985年のJSL フレッシュアイペディアより)

  • さんまの天国と地獄

    さんまの天国と地獄から見た西野朗西野朗

    解説:清水秀彦、西野朗、アーセン・ヴェンゲルさんまの天国と地獄 フレッシュアイペディアより)

  • 中村一義 (サッカー選手)

    中村一義 (サッカー選手)から見た西野朗西野朗

    技巧的なドリブルと100m11秒台の駿足、得点能力を併せ持つウインガー。個人技に優れ1970年代には西野朗らと共に将来の日本を担う人材と嘱望された選手であった。中村一義 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ペリマン

    スティーブ・ペリマンから見た西野朗西野朗

    しかし2001年途中に柏レイソルのヘッドコーチに招聘され再来日。同年1stステージ終了後に柏は西野朗を解任し、ペリマンが監督に昇格。しかし、その後も勝ちきれないゲームが続き、2ndステージは、1stステージよりも順位を上げる事ができず7位に終わる。翌2002年の1stステージでは、柏にとってワースト記録となる7連敗を喫し解任された。スティーブ・ペリマン フレッシュアイペディアより)

80件中 11 - 20件表示

「西野朗」のニューストピックワード