95件中 11 - 20件表示
  • ロビンソン・デ・オリヴェイラ

    ロビンソン・デ・オリヴェイラから見た西野朗西野朗

    2000年、前任者である松井清隆の退団に伴いJ1・ガンバ大阪のGKコーチに就任。実に6シーズンの長きに渡って早野宏史、竹本一彦、西野朗といった歴代の日本人監督たちに仕え、都築龍太、松代直樹、藤ヶ谷陽介らのJリーグを代表する名GKたちを育成、指導した。ロビンソン・デ・オリヴェイラ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・カルロス・ブローロ

    ルイス・カルロス・ブローロから見た西野朗西野朗

    2002年、西野朗がガンバ大阪の監督に就任すると同時にブラジルからブローロを呼び寄せ、以後西野の長期政権を影で支えることとなる。ルイス・カルロス・ブローロ フレッシュアイペディアより)

  • 藤宏明

    藤宏明から見た西野朗西野朗

    2014年、西野朗監督の誘いを受けて名古屋グランパスのコーチに就任した。藤宏明 フレッシュアイペディアより)

  • 松代直樹

    松代直樹から見た西野朗西野朗

    岡中が大分トリニータに移籍し、西野朗監督が就任した2002年に背番号を1に変更。シーズン中盤から都築に代わって正GKの座を掴む。都築が浦和レッズに移籍した2003年以降は正GKに定着したが、2005年のセレッソ大阪とのナビスコカップ準々決勝第1戦で左手舟状骨骨折の重症を負い、同年にコンサドーレ札幌から移籍した藤ヶ谷陽介にポジションを明け渡す。以降は藤ヶ谷と激しいポジション争いを演じるも、リーグ戦の出場は10数試合程度にとどまった。それでもカップ戦や藤ヶ谷が怪我で離脱中のときなどは若手を抑えて先発で出場した。松代直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 小澤英明

    小澤英明から見た西野朗西野朗

    北浦中学校2年生の時に全国中学校体育大会に出場した。水戸短大附属高校卒業後は地元の鹿島アントラーズに入団。古川昌明の前に出場機会に恵まれなかったが、1994年11月にJリーグ出場初出場。無失点勝利に貢献した。アトランタオリンピックに臨むU-23日本代表で監督を務める西野朗からは体格の良さや向上心を買われ、同代表候補の川口能活とポジションを争っていたが、椎間板ヘルニアの悪化により代表を辞退した。小澤英明 フレッシュアイペディアより)

  • 實好礼忠

    實好礼忠から見た西野朗西野朗

    順調にキャリアを重ねて、左サイドバックのポジションでレギュラーを獲得していた2000年6月、右足アキレス腱を断裂し選手生命の危機に瀕する(この欠場で出番を得たのがのちに攻撃的左サイドバックとして名をはせる新井場徹である)。懸命なリハビリの甲斐もあり、約1年後に復帰。西野朗監督の信頼を勝ち取り、守備のユーティリティプレイヤーとして確固たる地位を築く。實好礼忠 フレッシュアイペディアより)

  • 第24回全日本大学サッカー選手権大会

    第24回全日本大学サッカー選手権大会から見た西野朗西野朗

    西野朗(早稲田大学)第24回全日本大学サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第23回全国大学サッカー選手権大会

    第23回全国大学サッカー選手権大会から見た西野朗西野朗

    西野朗(早稲田大学)第23回全国大学サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 野地照樹

    野地照樹から見た西野朗西野朗

    1999年ユニバーシアード日本代表チーム監督。1994年、JOC在外研修でイングランドリーグのイプスウィッチで1年間、指導者研修を積み、岡田武史や西野朗ら、指導者養成にも関わる。1999年-2001年、2006年-2012年、南国高知FC総監督。野地照樹 フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・アントニオ・トロコルト

    マルコ・アントニオ・トロコルトから見た西野朗西野朗

    2006年、西野朗に招かれてガンバ大阪のGKコーチに就任。所属するクラブは変わったが再び大阪の地へと戻ってきた。6年の間、GKコーチを務めた前任者のロビンソンの後任として、2009年までガンバ大阪で指導した。2011年から2012年まで再び、SCインテルナシオナルのGKコーチを務めた。マルコ・アントニオ・トロコルト フレッシュアイペディアより)

95件中 11 - 20件表示

「西野朗」のニューストピックワード