80件中 21 - 30件表示
  • 安達亮

    安達亮から見た西野朗西野朗

    2006年からはヴィッセル神戸に在籍。2010年は強化部長を務めていたが、2010年9月に三浦俊也が監督を解任されると、ヘッドコーチの和田昌裕の監督昇格に合わせて、安達はヘッドコーチに就任した。2012年4月末、成績不振を理由に和田から安達への監督交代が発表され、西野朗が新監督に就任するまでの5試合のあいだ神戸の指揮を執った。同年11月、その西野も成績不振により解任されたのを受け、再び神戸の監督に就任。安達亮 フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・カルロス・ブローロ

    ルイス・カルロス・ブローロから見た西野朗西野朗

    2002年、西野朗がガンバ大阪の監督に就任すると同時にブラジルからブローロを呼び寄せ、以後西野の長期政権を影で支えることとなる。ルイス・カルロス・ブローロ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年J1最終節

    2011年J1最終節から見た西野朗西野朗

    柏の相手・浦和は甲府と勝ち点3差、得失点差14をキープして大敗しない限りJ1残留を確実にしているが、浦和のホーム最終戦でもあり、目の前での優勝を見たくない浦和にとっても負けられない一戦となった。一方、優勝を争う名古屋はビッグスワンでの勝利がなく鬼門としており、逆転優勝のためにはジンクスを破る必要がある。また、G大阪は10年にわたってクラブを率いてきた西野朗のラストゲームを勝って逆転優勝に望みをつなぎたいところであり、さらに甲府の相手である大宮はここまでホーム1勝にとどまりデータ的には甲府に有利な状況であるなど、各会場とも複雑な事情を絡ませながらの最終節となった。2011年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 木村孝洋

    木村孝洋から見た西野朗西野朗

    広島県立広島皆実高等学校、早稲田大学出身。大学入学年度不明、1980年度卒業。卒業同期は原博実。当時の早大学ア式蹴球部同世代の選手として、下條佳明、西野朗、加藤久、岡田武史、城福浩、吉田靖、神戸清雄、関塚隆らがいる。木村孝洋 フレッシュアイペディアより)

  • 松代直樹

    松代直樹から見た西野朗西野朗

    岡中が大分トリニータに移籍し、西野朗監督が就任した2002年は背番号を1に変更。シーズン中盤から都築に代わって正GKの座を掴む。都築が浦和レッズに移籍した2003年以降は正GKに定着したが、2005年のナビスコカップ準々決勝・セレッソ大阪との第1戦で左手舟状骨骨折の重症を負い、同年にコンサドーレ札幌から移籍した藤ヶ谷陽介にポジションを明け渡す。以降は藤ヶ谷と激しいポジション争いを演じるも、リーグ戦の出場試合数は10数試合程度にとどまった。それでもカップ戦や藤ヶ谷が怪我で離脱中のときなどは若手を抑えて先発で出場していた。松代直樹 フレッシュアイペディアより)

  • アトランタオリンピックにおけるサッカー競技

    アトランタオリンピックにおけるサッカー競技から見た西野朗西野朗

    選手の出場資格は1996年1月1日の時点で23歳以下の者とし、それ以外に3人までのオーバーエイジを認めた。しかし西野朗U-23日本代表監督は同年2月20代最後の誕生日迎えた三浦知良含め同制度一切利用しなかった。アトランタオリンピックにおけるサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • 田中誠 (サッカー選手)

    田中誠 (サッカー選手)から見た西野朗西野朗

    田中自身も川口とはあ・うんの呼吸でプレーが出来ると対談などで何度か語っている。また清水商高時代の同級生、ユース時代のチームメイトの証言によると、若い頃には激昂し号泣するのがトレードマークだった川口を「落ち着けよ」とたしなめられるのは田中だけとされており、その信頼関係の深さがうかがわれる。アトランタ五輪代表監督の西野朗も、練習中でも激昂しまくる川口のたしなめ役として、川口がエキサイトしだすと「マコは?? 呼んで来い!」と、周囲に言いつけていたという。また西野は「私が知る限り最もクレバーなDF」として田中を絶賛していた。田中誠 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 森岡茂

    森岡茂から見た西野朗西野朗

    2002年、五輪代表時代の恩師西野朗に呼び戻され再び古巣のガンバ大阪でプレーしたが、徐々に出場試合数が減少。2005年、クラブのJリーグ初制覇を見届けて退団。森岡茂 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見た西野朗西野朗

    1983年に富士通に入社、川崎フロンターレの前身である富士通サッカー部で、主にミッドフィールダーとしてプレーした。大学、社会人時代とも理論派で鳴らした。1989年の第17回JSL2部で、西野朗擁する日立に敗れ1部昇格を逃したことを機に、現役を退く。以後は社会人クラブチームでもプレーした。城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 池田洋二

    池田洋二から見た西野朗西野朗

    中学時はFW、高校時はセンターバック、高校3年時に東京代表となり関東大会に出場。また、東京都予選の決勝(帝京戦)での活躍により、帝京の古沼貞雄監督の目にとまり 広瀬龍(帝京)、加藤好男(本郷)らと共に国体東京代表となり順当に勝ち上がるが、準決勝で西野朗(浦和西)を擁する埼玉代表に敗れて全国ベスト4。大学時も大学選抜選手(大学の後輩には久留米高校監督の齋藤登がいる)。池田洋二 フレッシュアイペディアより)

80件中 21 - 30件表示

「西野朗」のニューストピックワード