95件中 21 - 30件表示
  • 池田洋二

    池田洋二から見た西野朗西野朗

    中学時はFW、高校時はセンターバック、高校3年時に東京代表となり関東大会に出場。また、東京都予選の決勝(帝京戦)での活躍により、帝京の古沼貞雄監督の目にとまり 広瀬龍(帝京)、加藤好男(本郷)らと共に国体東京代表となり順当に勝ち上がるが、準決勝で西野朗(浦和西)を擁する埼玉代表に敗れて全国ベスト4。大学時も大学選抜選手(大学の後輩には久留米高校監督の齋藤登がいる)。池田洋二 フレッシュアイペディアより)

  • アトランタオリンピックにおけるサッカー競技・男子

    アトランタオリンピックにおけるサッカー競技・男子から見た西野朗西野朗

    選手の出場資格は1996年1月1日の時点で23歳以下の者とし、それ以外に3人までのオーバーエイジを認めた。しかし西野朗U-23日本代表監督は同年2月20代最後の誕生日迎えた三浦知良含め同制度一切利用しなかった。アトランタオリンピックにおけるサッカー競技・男子 フレッシュアイペディアより)

  • 久米一正

    久米一正から見た西野朗西野朗

    静岡県立浜名高等学校ではサッカー部主将として活躍。後にチームメイト、さらには監督と強化担当という間柄となる西野朗とは高校時代から面識があり、西野曰く「泥んこが似合う“暴れん坊”」だったという。高校卒業後は母子家庭で苦労をかけた母を助けるために地元の実業団に入社を予定していたが、逆に母から「将来のために、人脈を広げてきなさい」と地元を出るように勧められたこともあり中央大学に進学。同級生には早野宏史がいた。サッカー部でも4年次に主将を務め、試合に出られない4年生の不満をいかに解消するかを考えることで「どうやったら人のモチベーションは上がるのか」という人心掌握術を学んだと後に語っている。久米一正 フレッシュアイペディアより)

  • 平井将生

    平井将生から見た西野朗西野朗

    好きな背番号は2007年に西野朗監督に与えられた「14」で、メディアからは背番号にちなんで「浪速のアンリ」と呼ばれる。福岡移籍1年目に「7」を背負ったが、当時背番号14だった金森健志が7番を希望しており、平井も14番を付けることを望んだため翌年から背番号が交換された。平井将生 フレッシュアイペディアより)

  • 砂川誠

    砂川誠から見た西野朗西野朗

    1998年に西野朗が監督に就任すると1999年からは徐々に出場機会を与えられるようになり、同年開催のナビスコカップでは、公式戦初ゴールを挙げクラブの同大会初優勝に貢献した1人となる。また、天皇杯でもゴールを挙げ、3回戦以降の全試合に出場しチームのベスト4進出に貢献した。砂川誠 フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・ルイス・ブラリ・ジュニオール

    ジョゼ・ルイス・ブラリ・ジュニオールから見た西野朗西野朗

    1997年から1998年にかけて、ニカノールと西野朗監督の下で、柏レイソルのフィジカルコーチを務めた。その後は国内クラブやサウジアラビアのアル・イテハドでフィジカルコーチを歴任。ジョゼ・ルイス・ブラリ・ジュニオール フレッシュアイペディアより)

  • 茂木弘人

    茂木弘人から見た西野朗西野朗

    2007年シーズンは監督に直訴してサイドバックに転向、レギュラーポジションを獲得した。2008年、グアムキャンプ中にアキレス腱断裂の重傷を負い、ほぼ1シーズンを棒に振る。2009年、カイオ・ジュニオール監督(当時)に直訴し、フォワードに再転向。他のフォワードの不振もあり起用されると、4月26日のガンバ大阪戦でプロ初の1試合2得点をあげる。試合後、カイオ監督はインタビューで当初茂木を構想外としていたことを明かしたが、これを撤回した。二度の監督交代後も主軸を務め、チームに貢献した。2010年はサイドバックとFWのどちらでも起用された。2011年は左サイドバックとして絶対的な地位を築き、カットインからのシュートでゴールを決める活躍を見せるなど主にサイドバックとして年間通して稼働した。2012年はキャンプでFW挑戦を和田昌裕監督に直訴し、再びFWとサイドバックの両方で起用されている。西野朗の監督就任後は左サイドハーフでも出場した。2014年12月9日、ヴィッセル神戸との契約満了を発表した。茂木弘人 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田宗弘

    吉田宗弘から見た西野朗西野朗

    1997年に柏レイソルに入団。1999年と2000年はリーグ戦で約10試合ほど出場機会を得たものの同時期に南雄太が土肥洋一に代わって正GKに定着したためレギュラー獲得には至らず、2003年に柏時代の恩師である西野朗を頼って、地元のガンバ大阪に完全移籍。だが、都築龍太の退団によってポジションを掴んだ松代直樹の後塵を拝して正GKを掴めなかった。吉田宗弘 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌邦

    山本昌邦から見た西野朗西野朗

    引退後、ヤマハ発動機サッカー部でコーチとして仕事を始めた。1992年以降、ナショナルコーチングスタッフの一員となり、ユース世代の西野朗監督を補佐。1993年の1994 FIFAワールドカップ・アジア予選では、西野と共にスカウティング担当として対戦チームの偵察を行う。山本昌邦 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦敏夫

    松浦敏夫から見た西野朗西野朗

    神奈川県立横浜緑ケ丘高校、早稲田大学(同期に西野朗)を経て、1978年に日本サッカーリーグ1部の日本鋼管に入部。チームの先輩・藤島信雄と共に中心選手として活躍、1980年代前半にはJSL2部降格も味わったが、1部復帰後は2シーズン連続得点王 (1986-87, 1987-88) の活躍を見せ、中堅チームである日本鋼管の3シーズン連続準優勝に貢献した。松浦敏夫 フレッシュアイペディアより)

95件中 21 - 30件表示

「西野朗」のニューストピックワード