95件中 31 - 40件表示
  • 堀江忠男

    堀江忠男から見た西野朗西野朗

    帰国後は、在学中から内定の決まっていた朝日新聞社に入社して、記者を15年務めた。1951年からは早稲田大学政治経済学部の教授として教壇に立つ傍ら、ア式蹴球部の監督も務め、釜本邦茂、森孝慈らを擁した1966年度の第46回天皇杯全日本サッカー選手権大会で優勝した。時代はすでに実業団へと移行しており、大学勢としては最後の天皇杯優勝チームになった。また西野朗、岡田武史らも育てた。堀江忠男 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年J1最終節

    2011年J1最終節から見た西野朗西野朗

    柏の相手・浦和は甲府と勝点3差、得失点差14をキープして大敗しない限りJ1残留を確実にしているが、浦和のホーム最終戦でもあり、目の前での優勝を見たくない浦和にとっても負けられない一戦となった。一方、優勝を争う名古屋はビッグスワンでの勝利がなく鬼門としており、逆転優勝のためにはジンクスを破る必要がある。また、G大阪は10年にわたってクラブを率いてきた西野朗のラストゲームを勝って逆転優勝に望みをつなぎたいところであり、さらに甲府の相手である大宮はここまでホーム1勝にとどまりデータ的には甲府に有利な状況であるなど、各会場とも複雑な事情を絡ませながらの最終節となった。2011年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 白井博幸

    白井博幸から見た西野朗西野朗

    アトランタ五輪男子本大会出場をかけて1996年3月24日に行われた日本とサウジアラビアのア最終予選準決勝において、西野朗監督は怪我から回復したばかりの白井にサウジアラビアのエースFWの密着マークを命じた。後に、西野監督は「サウジの攻撃のエースを封じるために、ウチの守備のエース白井を当てた」とインタビューで語っている。後半32分そのO・ドサリに1点を決められたが、白井は失点の場面以外はO・ドサリを封じ込め続けた。日本は2-1で勝利し、28年ぶりの五輪出場を決めた。白井博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 崔龍洙

    崔龍洙から見た西野朗西野朗

    若い頃は闘争心を剥き出しにする選手で、ユース時代の日本戦では試合後に日本ベンチにボールを蹴りこんだことがある。1993年ワールドユースオーストラリア大会アジア最終予選(兼AFC U-19選手権)が1992年9月からUAEで開催され、出場権を懸け西野朗監督率いるU-19日本とU-19韓国が準決勝で対戦した(当時のU-20W杯のアジアの出場枠は2)。試合は終了8分前の韓国チョウ・ヒュンのゴールで韓国が2-1で勝利し出場を決めたが、終了後、静まり返った日本ベンチに、崔龍洙がボールを蹴りこんだ。当時の日本のコーチ山本昌邦によれば『興奮して、転がってきたボールを崔めがけて蹴り返したが、キックが正確でなかった(崔に当たらなかった)。もしボールが当たっていれば大問題になっていたが、とにかく悔しくて、その日の夜は眠れなかった』とのこと。日本代表のGKだった川口能活はこの行為に激怒したが、崔がその後謝罪したため、磐田では仲はよかった。崔龍洙 フレッシュアイペディアより)

  • 森岡茂

    森岡茂から見た西野朗西野朗

    2002年、五輪代表時代の恩師西野朗に呼び戻され再び古巣のガンバ大阪でプレーしたが、徐々に出場試合数が減少。2005年、クラブのJリーグ初制覇を見届けて退団。森岡茂 フレッシュアイペディアより)

  • さんまの天国と地獄

    さんまの天国と地獄から見た西野朗西野朗

    解説:清水秀彦、西野朗、アーセン・ヴェンゲルさんまの天国と地獄 フレッシュアイペディアより)

  • 都築龍太

    都築龍太から見た西野朗西野朗

    奈良県の平群町立平群中学校から頭角を現す。当初は楢崎正剛が在学する奈良育英高校への進学を考えていたが、長崎県立国見高等学校監督の小嶺忠敏に直接スカウトされサッカー留学した。1997年にガンバ大阪に入団するが、日本代表の岡中勇人がいたため当初はサブに回る。しかし、日本代表監督のフィリップ・トルシエに評価され、サブながらシドニー五輪代表に選出され注目されるようになり、2000年に岡中から正GKの座を奪う。しかし、2002年に監督に就任した西野朗とまもなく対立しレギュラーを剥奪されたため当シーズン限りでガンバを退団、翌2003年に浦和レッドダイヤモンズへ移籍した。都築龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 木村孝洋

    木村孝洋から見た西野朗西野朗

    広島県立広島皆実高等学校、早稲田大学出身。大学入学年度不明、1980年度卒業。卒業同期は原博実。当時の早大学ア式蹴球部同世代の選手として、下條佳明、西野朗、加藤久、岡田武史、城福浩、吉田靖、神戸清雄、関塚隆らがいる。木村孝洋 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田謙太郎

    沢田謙太郎から見た西野朗西野朗

    翌年以降もJリーグで出場を続けたが、1998年に就任した西野朗監督による3バックの採用に伴い、徐々に出場機会が減少した。しかし成績上の問題から4バックで臨む試合となると定位置は不動であった。しかし、この年のオフにベルマーレ平塚から洪明甫、消滅した横浜フリューゲルスから薩川了洋の加入が決定的となり、3バックの陣容が整ったことから戦力外通告を受けた。沢田謙太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木則夫 (サッカー指導者)

    佐々木則夫 (サッカー指導者)から見た西野朗西野朗

    山形県尾花沢市出身。農家の生まれで、小学校2年の時に父の仕事の関係で埼玉県川口市に転居、山形訛りを嘲笑され、学内での地位を上げるべく持ち前の俊足をアピールし短距離走で級友らを抑え、やがてサッカーへ傾倒。中学生の頃は、当時埼玉県立浦和西高等学校に在学し県内高校サッカーのスターであった西野朗に憧れていた。帝京高校3年次には主将としてインターハイ優勝、高校選手権ベスト4進出に貢献。大会優秀選手で構成される日本高校選抜の海外遠征に参加し主将も務めた。佐々木則夫 (サッカー指導者) フレッシュアイペディアより)

95件中 31 - 40件表示

「西野朗」のニューストピックワード