80件中 31 - 40件表示
  • 山崎雅人

    山崎雅人から見た西野朗西野朗

    西野朗は勝負強さを生かしスーパーサブとして起用した。またFWだけではなくトップ下やサイドハーフとしてもプレー出来る。山崎雅人 フレッシュアイペディアより)

  • 松波正信

    松波正信から見た西野朗西野朗

    2010年、ガンバ大阪トップチームのコーチに就任し、2年間西野朗の下でトップチームを指導した。松波正信 フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグ監督経験者

    Jリーグ監督経験者から見た西野朗西野朗

    西野朗(柏 1998-2001シーズン途中 G大阪 2002-2011 神戸 2012年シーズン途中)Jリーグ監督経験者 フレッシュアイペディアより)

  • 崔龍洙

    崔龍洙から見た西野朗西野朗

    若い頃は闘争心を剥き出しにする選手で、ユース時代の日本戦では試合後に日本ベンチにボールを蹴りこんだことがある。1993年ワールドユースオーストラリア大会アジア最終予選(兼AFC U-19選手権)が1992年9月からUAEで開催され、出場権を懸け西野朗監督率いるU-19日本とU-19韓国が準決勝で対戦した(当時のU-20W杯のアジアの出場枠は2)。試合は終了8分前の韓国チョウ・ヒュンのゴールで韓国が2-1で勝利し出場を決めたが、終了後、静まり返った日本ベンチに、崔龍洙がボールを蹴りこんだ。当時の日本のコーチ山本昌邦によれば『興奮して、転がってきたボールを崔龍洙めがけて蹴り返したが、キックが正確でなかった(崔龍洙に当たらなかった)。もしボールが当たっていれば大問題になっていたが、とにかく悔しくて、その日の夜は眠れなかった』とのこと。日本代表のGKだった川口能活はこの行為に激怒したが、崔龍洙がその後謝罪したため、磐田では仲はよかった。崔龍洙 フレッシュアイペディアより)

  • オーバーエイジ

    オーバーエイジから見た西野朗西野朗

    しかし、バルセロナオリンピックでのサッカー競技は観客動員の面で、それまでの実績を大幅に下回る数字となってしまった。この原因については様々な指摘があり、たとえば地元スペインの観客が(地域意識が強いために)国家代表への愛着に乏しいためであった、という説もある。一方、人気低迷の原因を「若く知名度に乏しい選手が多い」という点に求める意見もあり、スター選手の参加機会を確保するためにオーバーエイジ規定が1996年のアトランタ五輪から追記されることになった(しかし当時U-23サッカー日本代表監督西野朗は同年2月20代最後の誕生日迎え一部のファンから同大会出場が期待された三浦知良含め一切同枠を活用しなかったが予選リーグ敗退もマイアミの奇跡)。現在も続く、この五輪出場資格規定は2016年リオデジャネイロオリンピックでも引き続き適用される。オーバーエイジ フレッシュアイペディアより)

  • 伊東輝悦

    伊東輝悦から見た西野朗西野朗

    日本代表監督であったフィリップ・トルシエは伊東を「日本のデシャン」と評した。またアトランタ五輪代表では、表のエースである前園真聖に対して影のエースと呼ばれ、監督の西野朗から絶大な信頼を受けていた。ディフェンシブなポジションであるにも関わらず被警告数が極端に少ないフェアプレーも特徴である。本人曰く「ファウルで(相手を)止めるのは簡単だが、それでは成長がない」。体格的に恵まれないため、力ではなく相手の先を読みボールを奪う技術に優れ、奪った後のボールが味方へのパスになるようプレーをしている。伊東輝悦 フレッシュアイペディアより)

  • 都築龍太

    都築龍太から見た西野朗西野朗

    平群町立平群中学校・長崎県立国見高等学校を経て、1997年にJリーグのガンバ大阪に入団。2000年に岡中勇人から正GKの座を奪ったが、2002年に松代直樹にポジションを奪われ、さらにこの年から就任した西野朗監督との確執が表面化して2003年に浦和レッドダイヤモンズへ移籍した。都築龍太 フレッシュアイペディアより)

  • 加地亮

    加地亮から見た西野朗西野朗

    ミドリ電化(2007年) - 西野朗、播戸竜二、安田理大との共演加地亮 フレッシュアイペディアより)

  • 二川孝広

    二川孝広から見た西野朗西野朗

    昇格2年目の2000年頃から出場機会を増やし、2002年にガンバの監督に就任した西野朗からも中盤の様々なポジションで起用され、繊細なボール感覚と抜群のパスセンスを発揮し、遠藤保仁らと共にガンバの攻撃サッカーの中軸を担い、2003年からは背番号を10番を背負うようになる。リーグ初制覇した2005年は、主に3-5-2の中盤の左アウトサイドとして出場していた。2006年以降は主に4-4-2の二列目の左MFとして出場している。二川孝広 フレッシュアイペディアより)

  • 明神智和

    明神智和から見た西野朗西野朗

    2006年、柏のJ2降格に伴い、かつて柏を率いていた西野朗が監督を務めるガンバ大阪に完全移籍。遠藤保仁、二川孝広らと共にガンバ攻撃陣の中軸を担い、多くのタイトル獲得に貢献。2009年には当時の鹿島アントラーズ監督オズワルド・オリヴェイラからJリーグ選抜に選出され、韓国・Kリーグ選抜とのオールスターゲームJOMO CUPに出場。また、同年度の日刊スポーツ提供「黄金の脚賞」を受賞し、天皇杯決勝の名古屋グランパス戦では豊富な運動量でチャンスを演出し、チームの天皇杯連覇に貢献。明神智和 フレッシュアイペディアより)

80件中 31 - 40件表示

「西野朗」のニューストピックワード