95件中 41 - 50件表示
  • 4月7日

    4月7日から見た西野朗西野朗

    1955年 - 西野朗、サッカー指導者、元サッカー選手(元日本代表)4月7日 フレッシュアイペディアより)

  • 吉原宏太

    吉原宏太から見た西野朗西野朗

    2001年、2002年は、マグロンとのコンビで2年連続二桁得点を記録するなどコンスタントな活躍をみせる。2003年、大黒将志が台頭、また翌年以降も新たに加入したフェルナンジーニョ、アラウージョらの牙城を崩すことが出来ず控えに回ることが多くなり、また西野朗監督との意見の相違もあり出場機会が激減。吉原宏太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本浩靖

    山本浩靖から見た西野朗西野朗

    2012年、10年続いた西野朗体制に代わり監督にジョゼ・カルロス・セホーン、ヘッドコーチに呂比須ワグナーを招聘するも、開幕から公式戦5連敗と不振を極めたことで同年3月26日に山本は強化本部長の職を辞任した。同日に解任されたセホーンの後任監督として松波正信が就任したが最後まで不振から脱することができず、前年3位からわずか1年でJ2降格となってしまった。山本浩靖 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井直樹 (サッカー選手)

    酒井直樹 (サッカー選手)から見た西野朗西野朗

    西野朗監督就任以降は、怪我もあって出番が減少し、渡辺光輝にポジションを譲る形となった。2002年からはコンサドーレ札幌に期限付き移籍。しかし札幌でも大怪我に見舞われたこともあり2003年に現役を引退した。酒井直樹 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 明神智和

    明神智和から見た西野朗西野朗

    2006年、柏のJ2降格に伴い、かつて柏を率いていた西野朗が監督を務めるガンバ大阪に加地亮、播戸竜二、マグノ・アウベス、ガンバユースから平井将生、安田理大、横谷繁らと共に移籍加入した。明神智和 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎雅人

    山崎雅人から見た西野朗西野朗

    ペリクレス・シャムスカは「戦術に忠実な選手」として重用、西野朗は勝負強さを生かしスーパーサブとして起用した。またFWだけではなくトップ下やサイドハーフとしてもプレー出来る。山崎雅人 フレッシュアイペディアより)

  • 中澤聡太

    中澤聡太から見た西野朗西野朗

    2001年、西野朗監督率いる柏レイソルに入団。同年にはU-20日本代表としてFIFAワールドユース選手権では3試合に先発出場した。しかし、クラブでは3度の骨折など 負傷が重なったこともあって試合に出られずにいた。2005年には早野宏史監督の下で出場機会を得るが、翌2006年はJ2に降格したチームの中でも出番が与えられず、シーズン途中の6月に志願してFC東京に期限付き移籍。負傷した茂庭照幸に代わってベンチ入りするようになったが、初の先発出場となった第25節新潟戦でPKを献上してしまった。このシーズンは2試合の出場にとどまった。中澤聡太 フレッシュアイペディアより)

  • 城福浩

    城福浩から見た西野朗西野朗

    1983年に富士通に入社し、川崎フロンターレの前身である同社サッカー部で、主にミッドフィールダーとしてプレー。大学、社会人時代とも理論派で鳴らした。主将として臨んだ1989年の第17回JSL2部で、西野朗擁する日立に敗れ1部昇格を逃したことを機に、28歳で現役を退く。以後は社会人クラブチームでもプレーした。城福浩 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本光夫 (経営者)

    橋本光夫 (経営者)から見た西野朗西野朗

    一方、GM代行の山道の下で来季に向けた新監督の選考が行われ岡田武史と西野朗の2人に候補が絞られていた。橋本も両者との交渉に立会い、西野に関しては「就任確実」との報道も成されたが12月12日までに交渉は全て決裂。その後、山道ら強化部スタッフがミハイロ・ペトロヴィッチと接触し、監督就任が決定した。橋本光夫 (経営者) フレッシュアイペディアより)

  • 松波正信

    松波正信から見た西野朗西野朗

    2010年、ガンバ大阪トップチームのコーチに就任し、2年間西野朗の下でトップチームを指導した。松波正信 フレッシュアイペディアより)

95件中 41 - 50件表示

「西野朗」のニューストピックワード