80件中 41 - 50件表示
  • 倉田秋

    倉田秋から見た西野朗西野朗

    2007年にトップチームに昇格(同期昇格は下平匠、星原健太)。シーズン前の海外キャンプでは才能の片鱗を見せ、当時の西野朗監督はガンバの攻撃を操るユースの先輩と比較して「二川2世」と評した。7月7日に行われたヤマザキナビスコカップ、浦和レッドダイヤモンズ戦でスタメンで公式戦初出場を果たすと、ボランチの位置で90分間積極的にプレー。バー直撃の推定35m強烈ミドルやファールでしか止めることの出来ないほど推進力のあるドリブルを披露した。ユース時代はキャプテンを務め、チームが「攻撃的スタイル」にシフトチェンジする際に、ポジションをセンターハーフからサイドハーフに変え、前に出ていく回数を増やすという戦術が頻繁に用いられた。しかし、遠藤・二川らの経験豊富な中盤に割って入るには至らず、出場機会には恵まれなかった。倉田秋 フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・アントニオ・アルメイダ・フェレイラ

    マルコ・アントニオ・アルメイダ・フェレイラから見た西野朗西野朗

    1998年に柏レイソルに加入。守備の軸となるべく期待をされての加入であったが、キャンプからコンディション不良で出遅れ、開幕戦で起用した西野朗監督に「使い物にならない。」とあっさり烙印を押されて、即刻帰国。マルコ・アントニオ・アルメイダ・フェレイラ フレッシュアイペディアより)

  • 中澤聡太

    中澤聡太から見た西野朗西野朗

    2007年、柏レイソル入団時の監督だった西野朗が監督を務めるガンバ大阪に期限付き移籍。2008年には完全移籍での加入を果たし、新加入の水本裕貴やミネイロらを押しのけて自身初めてシーズンを通してのレギュラーの座を掴み、AFCチャンピオンズリーグ2008、天皇杯などのタイトル獲得に貢献し、ファンが選ぶ2008年度のMVPを受賞した。中澤聡太 フレッシュアイペディアより)

  • 玉置慎也

    玉置慎也から見た西野朗西野朗

    高校卒業後の進路が決まっていなかった(複数の大学から誘いはあった)2007年2月、宮崎県綾町でキャンプ中だったガンバ大阪との練習試合に出場。試合で好プレーを見せ、西野朗監督に目に止まる。キャンプでの練習帯同を経て、正式契約した。玉置慎也 フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・アントニオ・トロコルト

    マルコ・アントニオ・トロコルトから見た西野朗西野朗

    2006年、西野朗に招かれてガンバ大阪のGKコーチに就任。所属するクラブは変わったが再び大阪の地へと戻ってきた。6年の間、GKコーチを務めた前任者のロビンソンの後任として、2009年までガンバ大阪で指導した。2011年から2012年まで再び、SCインテルナシオナルのGKコーチを務めた。マルコ・アントニオ・トロコルト フレッシュアイペディアより)

  • 山本浩靖

    山本浩靖から見た西野朗西野朗

    2012年、10年続いた西野朗体制に代わり、監督にジョゼ・カルロス・セホーン、ヘッドコーチに呂比須ワグナーを招聘するも、開幕から公式戦5連敗と不振を極めたことで同年3月26日に強化本部長の職を辞任した。山本浩靖 フレッシュアイペディアより)

  • 茂木弘人

    茂木弘人から見た西野朗西野朗

    2012年はキャンプでFW挑戦を和田昌裕監督に直訴し、再びFWとサイドバックの両方で起用されている。西野朗の監督就任後は左サイドハーフでも出場している。茂木弘人 フレッシュアイペディアより)

  • 下平隆宏

    下平隆宏から見た西野朗西野朗

    高校卒業後に美容師として東京での就職が内定していたが、サッカー選手の夢を断ちがたく、小学校時代の恩師の紹介で柏レイソルの前身・日立製作所サッカー部のテストを受け合格し1990年に入団。高校までは攻撃的なハーフでプレーしていたが、日立加入後ボランチに転向。以後、1995年にJリーグ昇格後は主力に定着し、西野朗監督をして「下平は柏の魂」と評されるプレー振りで柏のJ昇格、ナビスコカップ優勝等、柏の中軸として貢献、キャプテンも務めた。1997年の加茂ジャパン時代には日本代表にも選出されたが、試合出場はない。2001年-2002年はFC東京に移籍。ここでもキャプテンを務める。2003年に柏レイソルに復帰、2004年に引退した。下平隆宏 フレッシュアイペディアより)

  • エルディス・フェルナンド・ダマショ

    エルディス・フェルナンド・ダマショから見た西野朗西野朗

    2004年にブラジルのサンカエターノからJリーグのガンバ大阪へ完全移籍で加入。2005年、J1リーグベストイレブンに選ばれるなど大活躍をみせ、ガンバ大阪のJリーグ初優勝に大きく貢献。しかし2006年シーズンは中盤以降、西野朗監督の構想から外れ、出場機会が激減した。エルディス・フェルナンド・ダマショ フレッシュアイペディアより)

  • ベストメンバー規定

    ベストメンバー規定から見た西野朗西野朗

    神戸の運営会社である株式会社クリムゾンフットボールクラブは、「誤認識によってあってはならない事態を引き起こしたことは、遺憾。先発メンバーの確認を徹底し、再発防止に努めていきたい」とコメントし、クラブの処分として、叶屋宏一代表取締役社長、高橋悠太常務取締役チーム統括本部長、岡本健太郎強化担当にそれぞれ減俸10%1ヶ月の処分を行った。なお、監督の西野朗は、シーズン途中の5月19日に就任しており、この試合が公式戦6戦目(うち、リーグ戦は3試合)であった。西野は、「ルールはルール。迷惑をかけて申し訳ない」と受け入れながらも「自分の中では早々にトライしたいものもあったので、(ベストメンバーかどうかは)意識をしていなかった」「これを機に制度が再検討されれば、それはそれで良いと思う」とコメントした。ベストメンバー規定 フレッシュアイペディアより)

80件中 41 - 50件表示

「西野朗」のニューストピックワード