80件中 51 - 60件表示
  • 松原良香

    松原良香から見た西野朗西野朗

    いくつかのクラブに足を運ぶが、なかなか加入チャンスがなかった。当時、日本サッカー協会にいた山本昌邦に海外に挑戦することを勧められる。その頃、西野朗を監督にしてアトランタ五輪を目指すチームを立ち上げるという話があり、そのチームキーワードが"世界と戦えるチーム"だった。松原良香 フレッシュアイペディアより)

  • 白井博幸

    白井博幸から見た西野朗西野朗

    1996年3月16日?20日にかけて行われたアトランタ五輪男子アジア最終予選A組で日本は2勝1分け勝ち点7でイラクと並んだが、日本が+4、イラクが+3と得失点差で上回り、首位で決勝トーナメント進出を決めた。ところが、B組を首位通過すると目されていたこの年代のアジア最強の前評判(実際、日本サッカー協会技術委員会も最強と分析)のサウジアラビアが2位で通過したために準決勝で、日本と対戦することになった。日本が勝利するためには、サウジアラビアのエースFWオバイド・アル・ドサリ(以下O・ドサリと略)を封じ込める必要があった。そこで西野朗監督は、怪我から回復したばかりの白井にO・ドサリの密着マークを命じた。後に、西野監督は「サウジの攻撃のエースを封じるために、ウチの守備のエース白井を当てた」とインタビューで語っている。1996年3月24日に行われた日本とサウジアラビアの準決勝では、日本のエースで主将のMF前園真聖の前半4分と後半12分の2得点で、日本が2-0でリード。白井はサウジアラビアのエースO・ドサリを封じ込め続けていたが、後半32分そのO・ドサリに1点を決められ、以後サウジアラビアは猛攻を仕掛けた。しかし、白井は失点の場面以外は、O・ドサリを封じ込め続けた。日本はGK川口能活をはじめ、全員で最後まで守り抜き、2-1で、28年ぶりのアトランタ五輪男子出場を決めた。白井博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木勇人

    佐々木勇人から見た西野朗西野朗

    2005年、J2の山形に入団。1シーズン目からレギュラーとして活躍。開幕戦から先発出場を果たし、初得点を挙げた。第7節には約60メートルのロングシュートを決めた。鈴木淳、樋口靖洋両監督に右サイドハーフとして起用され、3シーズンでJ2リーグ戦119試合に出場し、山形の攻撃陣の一角を担った。2007年11月7日の天皇杯4回戦でガンバ大阪と対戦。チームはPK戦で敗れたが、敵将の西野朗監督にその活躍ぶりを見初められ、翌年のガンバ大阪への移籍に繋がった。佐々木勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 前田雅文

    前田雅文から見た西野朗西野朗

    大学卒業後の2005年にJリーグ・ガンバ大阪に入団。5月8日の第10節対名古屋戦でリーグ初ゴールを決めた。これがJ1リーグ通算10000ゴール目のメモリアルゴールであり、一躍注目された。しかし、6月8日の練習中に右ひざ前十字靭帯を断裂してしまい、長期戦線離脱。復帰を果たした2006年は横浜F・マリノス戦で決勝点を奪うなど順調に回復。以降は選手層の厚さからレギュラーポジションを奪えずにいたが、スーパーサブとして西野朗監督に重用された。前田雅文 フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た西野朗西野朗

    石崎のJリーグでの指導歴は、2011年シーズン終了時点でJ1・J2を通じて456試合にも及ぶ。この数字は、柏やガンバ大阪で永年指導を行ってきた西野朗をしのぎ、Jリーグ監督経験者では歴代最多である。その一方で、同一クラブで4年以上指導した経験があるのは、山形(1995年-1998年)と札幌(2009年-2012年)のみである。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 久米宏

    久米宏から見た西野朗西野朗

    西野朗(遠縁にあたる)久米宏 フレッシュアイペディアより)

  • オリンピックサッカー競技

    オリンピックサッカー競技から見た西野朗西野朗

    バルセロナオリンピックの観客数が思ったほど伸びなかったIOCは、A代表を出場させるよう改めてFIFAに要請したが、FIFAは再度拒否。結果、妥協として1996年のアトランタオリンピックから本大会時点で23歳以下の選手という出場資格はそのままで、本大会のみ24歳以上の選手(オーバーエイジ)を最大3人まで加えることができることにした。しかし西野朗U-23日本代表監督は同年2月20代最後の誕生日迎えた三浦知良含め同制度一切利用しなかった。現在も続く、この五輪出場資格規定は2016年のリオデジャネイロオリンピックでも引き続き適用される。オリンピックサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木則夫 (サッカー指導者)

    佐々木則夫 (サッカー指導者)から見た西野朗西野朗

    1958年(昭和33年)、山形県尾花沢市出身。農家の生まれで、小学校2年の時に父の仕事の関係で埼玉県川口市に転居、山形訛りを嘲笑され、学内での地位を上げるべく持ち前の俊足をアピールし短距離走で級友らを抑え、やがてサッカーへ傾倒。中学の頃はこの当時埼玉県立浦和西高等学校に在学し県内高校サッカーのスターであった西野朗に憧れていた。帝京高等学校3年次には主将としてインターハイ優勝、高校選手権ベスト4進出に貢献。大会優秀選手で構成される日本高校選抜の海外遠征に参加し主将も務めた。佐々木則夫 (サッカー指導者) フレッシュアイペディアより)

  • 吉田宗弘

    吉田宗弘から見た西野朗西野朗

    1997年に柏レイソルに入団。1999年と2000年はリーグ戦で約10試合ほど出場機会を得たものの同時期に南雄太が土肥洋一に代わって正GKに定着したためレギュラー獲得には至らず、2003年に柏時代の恩師である西野朗を頼って、地元のガンバ大阪に完全移籍したがここでも松代直樹の後塵を拝して正GKを掴めなかった。吉田宗弘 フレッシュアイペディアより)

  • 平井将生

    平井将生から見た西野朗西野朗

    2007年、当時の西野朗監督から一番好きだという背番号「14」を与えられ、メディアからは「浪速のアンリ」と呼ばれるようになる。この年、ゼロックススーパーカップに出場したが、リーグ戦では出場機会を得られなかった。2008年にリーグ戦初出場を果たし、7月2日のナビスコ杯準々決勝横浜F・マリノス戦で公式戦初ゴールを挙げた。将来のエースストライカー候補としてクラブからの期待は大きく、2009年に5年間の長期契約を結んだ。平井将生 フレッシュアイペディアより)

80件中 51 - 60件表示

「西野朗」のニューストピックワード