95件中 71 - 80件表示
  • 2016年のスポーツ

    2016年のスポーツから見た西野朗西野朗

    10日 - 【サッカー】 日本サッカー協会の理事会において、新たに副会長及び会長代行として元日本代表監督の岡田武史を、また技術委員長にG大阪・名古屋などの監督を歴任した西野朗を据える人事案を発表。その後3月27日に行われた理事会で正式に就任した。→1月31日の出来事も参照2016年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ベストメンバー規定

    ベストメンバー規定から見た西野朗西野朗

    神戸の運営会社である株式会社クリムゾンフットボールクラブは、「誤認識によってあってはならない事態を引き起こしたことは、遺憾。先発メンバーの確認を徹底し、再発防止に努めていきたい」とコメントし、クラブの処分として、叶屋宏一代表取締役社長、高橋悠太常務取締役チーム統括本部長、岡本健太郎強化担当にそれぞれ減俸10%1ヶ月の処分を行った。なお、監督の西野朗は、シーズン途中の5月19日に就任しており、この試合が公式戦6戦目(うち、リーグ戦は3試合)であった。西野は、「ルールはルール。迷惑をかけて申し訳ない」と受け入れながらも「自分の中では早々にトライしたいものもあったので、(ベストメンバーかどうかは)意識をしていなかった」「これを機に制度が再検討されれば、それはそれで良いと思う」とコメントした。ベストメンバー規定 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田秋

    倉田秋から見た西野朗西野朗

    2007年にトップチームに昇格(同期昇格は下平匠、星原健太)。シーズン前の海外キャンプでは才能の片鱗を見せ、当時の西野朗監督はガンバの攻撃を操るユースの先輩と比較して「二川2世」と評した。7月7日に行われたヤマザキナビスコカップ、浦和レッドダイヤモンズ戦でスタメンで公式戦初出場を果たすと、ボランチの位置で90分間積極的にプレー。バー直撃の推定35m強烈ミドルやファールでしか止めることの出来ないほど推進力のあるドリブルを披露した。ユース時代はキャプテンを務め、チームが「攻撃的スタイル」にシフトチェンジする際に、ポジションをセンターハーフからサイドハーフに変え、前に出ていく回数を増やすという戦術が頻繁に用いられた。しかし、遠藤・二川らの経験豊富な中盤に割って入るには至らず、出場機会には恵まれなかった。倉田秋 フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグクラブライセンス制度

    Jリーグクラブライセンス制度から見た西野朗西野朗

    これらの一方で、2011年シーズンオフにはオズワルド・オリヴェイラ(鹿島アントラーズ)、西野朗(ガンバ大阪)、レヴィー・クルピ(セレッソ大阪)、ミハイロ・ペトロヴィッチ(サンフレッチェ広島)といった、クラブで長期にわたって実績を積んだ監督の退任が相次いでいるが、これについてもクラブライセンス制度を見据えた人件費削減の一環ではないかとの報道もある。Jリーグクラブライセンス制度 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋グランパスエイト

    名古屋グランパスエイトから見た西野朗西野朗

    神戸前監督の西野朗が監督に就任。刀根亮輔、野田隆之介を獲得、青木亮太、小屋松知哉、野村政孝、松田力、矢田旭が入団、森勇人、杉森考起が下部組織から昇格、枝村匠馬、ヘジスが期限付き移籍で加入。一方で阿部翔平、田中隼磨、増川隆洋、ダニエルのほかに、石櫃洋祐、高原幹、藤本淳吾、ヤキモフスキーが退団、田中輝希、吉田眞紀人、チアゴが期限付き移籍、水野泰輔は移籍期間が延長された。名古屋グランパスエイト フレッシュアイペディアより)

  • 前園真聖

    前園真聖から見た西野朗西野朗

    1994年1月、西野朗監督率いるU-21日本代表(1996年のアトランタオリンピック出場を目指すチーム)の第1回合宿に招集される。1995年1月のオーストラリア国際トーナメント参加時に西野監督から指名されキャプテンとなる。前園はそれまでのサッカー人生でキャプテンを任された経験はなく、西野も彼の性格はリーダー向きではないと分析していたものの、時として一人よがりなプレーに走りがちな前園をあえてキャプテンに任命することによって彼にチーム全体を意識したプレーをさせることを意図したと語る。前園真聖 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川健太

    長谷川健太から見た西野朗西野朗

    J1に復帰した2014年は、前半戦こそ苦戦を強いられ一時は降格圏内に落ち込んだが、後半戦に入ると一気に巻き返し昇格1年目ながらG大阪を9年ぶりのリーグ優勝に導いた。その年のJリーグアウォーズでは自身初の最優秀監督賞を受賞。Jリーグで選手経験を持つ監督としては4人目、現役時代の所属と異なるクラブを率いての受賞は初となった。また、9月には日本人監督としては西野朗以来となるJ1通算100勝目を達成した。さらに、この年ナビスコカップと天皇杯も制し、Jリーグの日本人監督としては初の国内三冠を達成した。長谷川健太 フレッシュアイペディアより)

  • 小倉隆史

    小倉隆史から見た西野朗西野朗

    しかし、本所属の名古屋グランパスからの帰国要請と、メキシコ五輪以来となる28年ぶりの五輪出場を目指す日本サッカー協会、およびU-22日本代表監督西野朗からの代表招集もあり、全てのオファーを断りアトランタ五輪出場のためJリーグに復帰した(協会役員と西野監督が直々にオランダまで出向いて小倉を説得したという)。帰国早々にファルカン率いる日本代表にも選ばれ、その年のキリンカップでA代表デビューを果たす。フランス戦では途中出場ながら三浦知良と2トップを組み、エリック・カントナ、ジャン=ピエール・パパン、ディディエ・デシャン、マルセル・デサイーら錚々たるベストメンバーのフランスから劣勢の中、A代表初ゴールを奪う活躍を見せた。小倉隆史 フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・クライフ

    ヨハン・クライフから見た西野朗西野朗

    クライフの影響を受けていると公言している選手としては、オランダのマルコ・ファン・バステンやフランク・ライカールト、フランスのミシェル・プラティニやダヴィド・ジノラ、ドイツのピエール・リトバルスキー、ルーマニアのゲオルゲ・ハジ、ブルガリアのフリスト・ストイチコフ、イングランドのポール・ガスコイン、日本の西野朗らがいる。オランダ代表や所属クラブでも同僚だったヨハン・ニースケンスは豊富な運動量とボール奪取能力が持ち味の選手だったが、クライフと同じ「ヨハン」という名前を持つこともあり「ヨハン二世」「第2のヨハン」と呼ばれていた。ヨハン・クライフ フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見た西野朗西野朗

    1996年から1998年頃、当時のクゼ、アントネッティ両監督にはボランチで起用されたこともあった。初ゴールは1997年10月4日、同年オールスター戦にも初選出されキャプテンを務める。2000年にトップチームの主将に就任、オールスター戦にJ-EASTとJ-WESTの両チーム合わせての得票1位で選出(2002年も1位選出される)。出場回数:8回【1997・1999・2000・2001・2002・2004・2005・2006】(2003年は怪我で辞退)。2001年1月にイングランドサッカーのトップリーグであるプレミアリーグに所属していたウェストハム・ユナイテッドFC への移籍を試みたが、イギリス政府から労働ビザが発給されずに断念した。このゴタゴタで、背番号が5から35になった 2003年からは再び5番に戻った。2002年に就任した西野朗監督にはセンターバックで起用され、山口智・シジクレイと3バックを形成した。2004年度には再び主将に就任。2005年12月3日、リーグ最終節の川崎フロンターレ(等々力)戦ではヘディングシュートを決め、クラブ初、自身にとっても初となるJリーグ優勝のタイトルを得て、ピッチ上で号泣した。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

95件中 71 - 80件表示

「西野朗」のニューストピックワード