76件中 51 - 60件表示
  • 西野朗

    西野朗から見た埼玉県

    西野 朗(にしの あきら、1955年4月7日 - )は、埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身の元サッカー選手、サッカー指導者。埼玉県立浦和西高等学校を経て1978年に早稲田大学教育学部卒業。西野朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西野朗

    西野朗から見たU-23サッカー日本代表

    1990年に現役引退後は指導者に転向。1991年からはワールドユース日本代表監督を務め、1994年に、アトランタオリンピック本大会出場を目指すオリンピック日本代表監督に就任。28年ぶりとなる本大会出場、本大会でのブラジル代表戦での勝利(マイアミの奇跡)で名を挙げる。しかし1次リーグで2勝を挙げながらも1次リーグ通過が叶わず、また大会中に中田英寿、前園真聖らと戦術をめぐり対立するなどチームをまとめきれなかった課題も残された。(また同大会から23歳以下の他にオーバーエイジ枠導入、しかし西野は同年2月20代最後の誕生日迎えた三浦知良含め同枠を一切活用しなかった)西野朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西野朗

    西野朗から見た教育学部

    西野 朗(にしの あきら、1955年4月7日 - )は、埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身の元サッカー選手、サッカー指導者。埼玉県立浦和西高等学校を経て1978年に早稲田大学教育学部卒業。西野朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西野朗

    西野朗から見たAFCチャンピオンズリーグ2008

    2008年にはAFCチャンピオンズリーグを制覇し、AFCからアジア最優秀監督に選ばれ、FIFAクラブワールドカップ2008準々決勝の対アデレード戦では、日本人監督としてFIFA主催の公式大会で初めて勝利を挙げた。更に、天皇杯優勝を達成し、国内3大タイトルの全てを制覇した。またこの年、Jリーグクラブの監督在任最長期間記録(トニーニョ・セレーゾ 鹿島監督)を更新した。西野朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西野朗

    西野朗から見たサッカー

    西野 朗(にしの あきら、1955年4月7日 - )は、埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身の元サッカー選手、サッカー指導者。埼玉県立浦和西高等学校を経て1978年に早稲田大学教育学部卒業。西野朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西野朗

    西野朗から見たU-20サッカー日本代表

    1990年に現役引退後は指導者に転向。1991年からはワールドユース日本代表監督を務め、1994年に、アトランタオリンピック本大会出場を目指すオリンピック日本代表監督に就任。28年ぶりとなる本大会出場、本大会でのブラジル代表戦での勝利(マイアミの奇跡)で名を挙げる。しかし1次リーグで2勝を挙げながらも1次リーグ通過が叶わず、また大会中に中田英寿、前園真聖らと戦術をめぐり対立するなどチームをまとめきれなかった課題も残された。(また同大会から23歳以下の他にオーバーエイジ枠導入、しかし西野は同年2月20代最後の誕生日迎えた三浦知良含め同枠を一切活用しなかった)西野朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西野朗

    西野朗から見た日本プロサッカーリーグ

    2002年から当時下位に低迷していたガンバ大阪の監督に就任。Jリーグ開幕以降タイトルと無縁だったクラブを上位グループに押し上げ、就任4年目の2005年にガンバと自身にとっても初となるJ1リーグ優勝を達成し(2005年J1最終節)、2度目のJリーグ最優秀監督賞を受賞。2006年は終盤まで、浦和と優勝争いを繰り広げるも、最終節での直接対決で敗れリーグ連覇を逃す。2007年にはナビスコカップ優勝を達成し、3月3日の大宮戦で、Jリーグの監督として史上初となるJ1通算150勝を達成(内訳:柏 67勝、G大阪 83勝)。西野朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西野朗

    西野朗から見たポゼッションフットボール

    かつては長身ストライカーを中心としたシステムを多く使い、アトランタオリンピック監督時代は守備的なシステムを使ったこともあるが、本質的にはシステムに選手を当てはめるのではなく選手によってシステムを組み立てるタイプの監督であり、そのため選手の入れ替わりによって採用する戦術が大きく変化する。近年では自身の理想であるボールポゼッションを重視した攻撃サッカーを標榜している。スターティングメンバーは比較的固定されがちであるが、チームが連敗を喫すると頻繁にシステム、選手を変更する傾向がある。反面、試合中の選手交代は慎重で手堅く、交代枠を使い切らないケースも多い。試合後の会見等では「タフ」という単語を多用するのが特徴。西野朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西野朗

    西野朗から見たミッドフィールダー

    現役時代は主に攻撃的ミッドフィールダー(MF)として活躍。早稲田大学在学中から日本代表に選出された期待の逸材であったが、1978年に日立製作所へ加入以降はプレーに精彩を欠き伸び悩む。その後、復活を果たし1985年に日本サッカーリーグタイ記録の8試合連続得点をあげベストイレブンにも選出された。また、晩年にはスイーパーを務めることもあった。しかし、選手としての西野は天才肌のMFである一方で淡白な部分があり、日立加入初年の1978年を最後に日本代表には呼ばれなかった。西野朗 フレッシュアイペディアより)

  • 西野朗

    西野朗から見たスターティングメンバー

    かつては長身ストライカーを中心としたシステムを多く使い、アトランタオリンピック監督時代は守備的なシステムを使ったこともあるが、本質的にはシステムに選手を当てはめるのではなく選手によってシステムを組み立てるタイプの監督であり、そのため選手の入れ替わりによって採用する戦術が大きく変化する。近年では自身の理想であるボールポゼッションを重視した攻撃サッカーを標榜している。スターティングメンバーは比較的固定されがちであるが、チームが連敗を喫すると頻繁にシステム、選手を変更する傾向がある。反面、試合中の選手交代は慎重で手堅く、交代枠を使い切らないケースも多い。試合後の会見等では「タフ」という単語を多用するのが特徴。西野朗 フレッシュアイペディアより)

76件中 51 - 60件表示

「西野朗」のニューストピックワード