前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示
  • すもうねこ

    すもうねこから見た角界相撲界

    現役時四股名は「毛玉山大二郎」。最高位は大関。生涯通算成績、812勝842敗。すもうねこを角界に引き込んだ張本人。先見の明と、ネーミングセンスに定評あり。愛娘ササミのことは目に入れても痛くない。すもうねこ フレッシュアイペディアより)

  • 高見盛精彦

    高見盛精彦から見た相撲界相撲界

    現役時代は角界屈指の人気力士であり、取組に多数の懸賞金がかけられ、多数のテレビCMに出演していた。高見盛精彦 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た角界相撲界

    同時に大関に昇進した貴ノ花とは、土俵を離れれば親友同士でもあった。「角界のプリンス」と言われた貴ノ花が、大横綱の大鵬や27歳の若さで急逝した玉の海と激闘を重ねたが、これとは対照的に「蔵前の星」と呼ばれた輪島は、ほんのわずかなタイミングのズレで大鵬とは対戦がなく、玉の海とも平幕時代に一度顔を合わせただけだった。それがかえって新しい時代を象徴する力士といった感を強くした。また一時期「貴輪時代」(きりんじだい)を期待されたが、貴ノ花はその後幕内優勝を2回達成したのみで、輪島と共に横綱昇進は果たせず、大関在位50場所(当時歴代1位・現在3位)目の1981年1月場所を最後に現役引退した。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 藤一

    藤一から見た角界相撲界

    藤 一(ふじ はじめ、別名:アニマル藤、本名:藤 正作、1945年10月30日 - )は、日本の元プロボクサー。鹿児島県鹿児島市出身。タナカジム所属。元日本ミドル級王者。角界から転身した異色の強打者。大相撲時代の四股名は藤(ふじ)、最高位は序二段43枚目。藤一 フレッシュアイペディアより)

  • 端紙

    端紙から見た角界相撲界

    角界では借金の際美濃紙の半紙を八つ折りにした縦長の証書を残す習慣がある。返却は出世払いとされるが、関取以外は収入が限られることもありほとんど返却できないと言われている。端紙 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲 (雑誌)

    大相撲 (雑誌)から見た角界相撲界

    1962年(昭和37年)11月号の表紙で、横綱大鵬がプロ野球巨人軍の王貞治選手とツーショット。角界以外の有名人との表紙写真は唯一この号のみである。大相撲 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 桑ノ弓鬼太郎

    桑ノ弓鬼太郎から見た角界相撲界

    嘉永4年(1851年)2月初土俵(二段目〈現在の幕下〉)。熊本藩(細川藩)お抱えの力士だった。初土俵から11年後の文久2年(1862年)11月新十両(西二段目8枚目となり十両相当となった)。慶応2年(1866年)3月場所に新入幕。それから4場所後の慶応3年(1867年)11月場所終了後、戊辰戦争が勃発し、藩命により従軍した。東北戦線に出征し、宇多郡(現在の福島県相馬市)周辺で仙台藩との交戦に身を置いていたと伝わる。明治元年(1868年)9月に東北戦線での戦闘が終結したが、藩命を受けていた寺尾九郎左衛門率いる一大隊に所属していたため、角界に戻る事はなかった。桑ノ弓鬼太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 春日王克昌

    春日王克昌から見た相撲界相撲界

    早くに父親を亡くし、幼少時から母親が掃除婦などをしながら身を粉にして自分を育てるのを見てきたため、母想いは人一倍である。初来日して春日山部屋での稽古を見るなどして相撲の迫力に触れ「ここで成功すれば、親孝行できるのではないか」と考えたのが角界入りを決心した動機であり、またその後の精進の原動力になっている。入門後は一切無駄遣いをせずに貯めたお金で母親のために住宅を購入してプレゼントしたほか、母親が入院・手術した際にはすぐに飛行機で里帰りして見舞い、万一手術後の予後が芳しくない場合には日本に呼び寄せて近くで看護したいと願い出ている。春日王克昌 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た相撲界相撲界

    2010年(平成22年)から2012年(平成24年)の時期は放駒輝門が理事長で、2012年(平成24年)に再び北の湖敏満が日本相撲協会の理事長となったが、2015年(平成27年)11月(九州場所中)の理事長在任中に死去した。2015年(平成27年)12月に八角信芳が日本相撲協会の理事長となった。貴乃花部屋の貴乃花親方が新たに日本相撲協会の理事に当選して、外部理事制度が設けられた。外部理事である元東京高等検察庁検事長の村山弘義が日本相撲協会の理事長代行となり、副理事長職が新設された。朝青龍が暴行事件の責任で引退したことで、2010年(平成22年の初場所)を最後に朝青龍時代が終わり、代わって2010年代は白鵬時代になる。大相撲野球賭博問題など暴力団と角界の間で交際があった不祥事で、2010年(平成22年)に開催された名古屋場所でのNHK(日本放送協会)によるテレビ放映が中止となった。2011年(平成23年)に大相撲八百長問題が発覚した不祥事で大阪場所が中止されて、夏場所は技能審査場所となった。横綱白鵬が、連勝記録である63連勝して、7場所連続優勝などの記録を更新した。さらに2015年(平成27年)の初場所で優勝32回の元横綱の大鵬幸喜を超える最多優勝33回以上となった。大関魁皇が2011年(平成23年)の名古屋場所で通算勝星が歴代1位となる1046勝目を上げた。魁皇が引退をして日本人大関が不在となった。横綱・大関は全て外国人力士となったが2011年(平成23年)11月場所に日本人力士の大関琴奨菊が誕生した。2012年(平成24年)には日本人大関の稀勢の里とモンゴル出身の大関鶴竜が誕生して史上最多の6大関となった。ウィンブルドン現象が起きて、2006年(平成18年)初場所の大関栃東以来日本出身力士の幕内最高優勝が10年間と長らく途切れていたが、2016年(平成28年)の初場所に日本出身力士(福岡県出身)の大関琴奨菊が優勝した。2003年(平成15年)初場所に貴乃花が引退して以来日本人横綱が存在せず、平成期に誕生した横綱の内訳は合計9人の中で日本人横綱が3人(旭富士正也〈青森県出身〉・貴乃花光司〈東京都出身〉・若乃花勝〈東京都出身〉)と、6人(曙太郎〈アメリカ合衆国ハワイ州出身〉・武蔵丸光洋〈アメリカ合衆国ハワイ州出身〉・朝青龍明徳〈モンゴル出身〉・白鵬翔〈モンゴル出身〉・日馬富士公平〈モンゴル出身〉・鶴竜力三郎〈モンゴル出身〉)が外国出身の外国人横綱である。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た角界相撲界

    1988年(昭和63年)から1992年(平成4年)の時期は二子山勝治が日本相撲協会の理事長であり、1992年(平成4年)から1998年(平成10年)の時期は出羽海智敬が理事長となった。大相撲では通算最多勝記録の1000勝をした金字塔で国民栄誉賞を受賞した横綱千代の富士に続いて大乃国・旭富士・北勝海が引退して横綱が不在となり、大相撲は平幕力士が優勝するなど角界の戦国時代となる。若貴兄弟(若乃花・貴乃花)の登場で相撲ブームを起こす。1993年(平成5年)に曙太郎が横綱に昇進して、初の外国出身の横綱が誕生する。恒心 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示

「角界」のニューストピックワード