68件中 11 - 20件表示
  • 朝拓也太郎

    朝拓也太郎から見た角界相撲界

    本名がアイドルグループSMAPのメンバー木村拓哉およびプロ野球選手の木村拓也と同姓同名であったため“角界のキムタク”と騒がれ、どの相撲部屋に入門するか注目されたが、朝拓也が通った相撲道場の主宰者が若松親方(元大関・朝潮)の近大相撲部の後輩という関係で若松部屋への入門が決まり、2001年3月場所で初土俵を踏んだ。しかし2001年9月場所を最後に部屋をスカし、翌場所から休場を続け番付外に降格となったのち2002年9月に引退届が受理され、角界を去った。朝拓也太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 山城吉超

    山城吉超から見た相撲界相撲界

    日本人の父親とアメリカ人の母親を持つ。投擲選手の山城美貴は実妹である。久米島町立具志川中学校に入学した12歳の時にバスケットボールを始める。中学時代までは相撲もやっており、県大会で優勝する実力者だった。相撲界からスカウトもあったが、バスケットボールを続けるために興南高校への進学を選んだ。中学時代、後に琉球ゴールデンキングスでチームメイトとなる金城茂之と対戦している。山城吉超 フレッシュアイペディアより)

  • 武哲山剛

    武哲山剛から見た角界相撲界

    大学卒業後は高等学校の保健体育教員の傍らアマチュア相撲大会出場を目指そうと考えていたものの、角界に挑戦することを決意し武蔵川部屋へ入門した。1993年1月場所、幕下付出で初土俵。突き押し得意で着実に番付を上げ、1994年7月場所で十両昇進。しかし、右足の怪我に泣かされ、攻めがやや遅い部分があり、十両に定着することはなかった(勝ち越しは1996年1月場所の1回のみ)。1997年3月場所の十両を最後に、幕下に陥落したまま成績は振るわず、1998年7月場所を全休しそのまま引退した。武哲山剛 フレッシュアイペディアより)

  • 虹を呼ぶ男

    虹を呼ぶ男から見た相撲界相撲界

    1988年オフ、ひょんなことから「プロ野球のシーズンオフ限定力士」として角界入り、翌1989年1月場所幕下付出で初土俵を踏み、7戦全勝優勝をやってのける。相撲協会から特に請われて、翌3月場所には十両力士として出場、ここでも優勝してしまった。虹を呼ぶ男 フレッシュアイペディアより)

  • 大こう吉男

    大こう吉男から見た角界相撲界

    建築業の家庭に、8人兄弟の末っ子として生まれた。もともと本人は力士になる気がなかったが、長兄は青森県下のアマチュア相撲の強豪で東奥日報杯の一般の部でも優勝しており、この長兄が熱心に角界入りを勧めた。最終的には両親の反対も押し切って、中学校在学中に二子山部屋へ入門した。大こう吉男 フレッシュアイペディアより)

  • 林家木久蔵 (2代目)

    林家木久蔵 (2代目)から見た角界相撲界

    当初、笑点で馬鹿な事を言っている父・初代木久蔵を見て「これなら自分でもなれる」と落語家を目指した(ちなみに、木久扇に入門するに当たり、木久扇夫人(2代目木久蔵の実母)に「『花田勝治・満兄弟』あるいは『花田満、花田勝・光司兄弟の親子』のように、弟子入りすれば、兄弟でも肉親でもないといわれるのではないか」と心配して相談したらしいが、木久扇夫人は、「角界とは違い、国技というわけではないから、落語の師匠・弟子の関係は、そんなに型にはまったものではない」といったことで、それを聞いた2代目木久蔵は、父・木久扇に入門することになったとのこと。木久扇自身は、2代目木久蔵が落語家になりたいと聞いたとき、別の師匠に弟子入りさせて、自分は相談役のような立場でアドバイスすることを考えていたとのこと)。しかし2000年にガンを患いながらも高座に立つ父・初代木久蔵の姿を見て考えを改め、春風亭小朝の下で落語を学びなおした。なお、木久扇自身も、木久蔵時代に発売された2006年の笑点本の中で、ガンになろうが何になろうが「笑点という舞台」に行きたくなるということに触れている。林家木久蔵 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 一ノ矢充

    一ノ矢充から見た角界相撲界

    琉球大学理学部物理学科在学中に相撲部を興す。大学卒業後、決まっていた高校の物理の教職を断り、元関脇・房錦の若松部屋に入門、国立大学出身力士としては史上初の角界入りを果たした。身長が規定に及ばず新弟子検査を合格することができないまま半年ほど過ぎたが、1983年(昭和58年)11月場所の新弟子検査で身長の計測係だった鏡山親方(元横綱・柏戸)のお情けで合格、前相撲から初土俵を踏んだ。一ノ矢充 フレッシュアイペディアより)

  • ああ播磨灘

    ああ播磨灘から見た角界相撲界

    本作の主人公。身長185cm、体重152kg土俵の内外で角界の禁をことごとく破り、伝統や権威でさえも平然と破壊し続け、自分に負けた相手に対しては圧勝・辛勝に関係なく暴言を放つなど、まさに掟破りの土俵の鬼神。第1話で、仮面を被って土俵入り。さらに「一敗でもしたら、その日限りで引退する」と豪語、そしてその言葉どおりに連勝を続ける。初場所編の千秋楽にて、「大相撲を解散する」と称し、相撲協会と決別する。後に「播磨灘道場」を旗揚げし、相撲協会と対決する意味で、7月場所と同じ時期に「播磨十番勝負」という自主興行を起こした。驚異の四股を踏む強靭な足腰と怪力を生み出す上体を併せ持ち、得意技は呼び戻し・吊り落とし。土俵入りの型は不知火型。初土俵時の四股名は、山形山(やまがたやま)。ああ播磨灘 フレッシュアイペディアより)

  • 両國梶之助 (國岩)

    両國梶之助 (國岩)から見た角界相撲界

    両國梶之助(りょうごく かじのすけ、1874年3月15日 - 1949年1月11日)は、長崎県北高来郡(現在の諫早市)出身で出羽ノ海部屋(大坂相撲では不知火部屋、時津風部屋)所属の明治時代に活躍した元大相撲力士。本名は、古川九八。現役時代の体格は身長165cm、体重90kg。得意手は一本背負い、襷反りなど。最高位は小結。現役引退後は、年寄・6代出羽海となり角界の最高実力者として権勢を振るった。 両國梶之助 (國岩) フレッシュアイペディアより)

  • 古田重二良

    古田重二良から見た角界相撲界

    アマ相撲から横綱・大関・相撲の力士・親方など角界の日大OB古田重二良 フレッシュアイペディアより)

68件中 11 - 20件表示

「角界」のニューストピックワード