78件中 11 - 20件表示
  • 藤田川藤介

    藤田川藤介から見た角界相撲界

    力士としての実績は皆無であるが、あまりのドケチっぷりから、角界の隠語でケチなことを、彼の下の名前から「とうすけ」と言うようになった。藤田川藤介 フレッシュアイペディアより)

  • 武井美男

    武井美男から見た相撲界相撲界

    相撲の基礎からの徹底指導に定評があり、若乃花勝・貴乃花光司兄弟や栃東大裕、玉力道栄来などの力士を育て上げ、角界に送り出した名監督として知られている。武井美男 フレッシュアイペディアより)

  • 山田康夫

    山田康夫から見た角界相撲界

    当時のNHKアナウンサーとしてはややテンションが高いアナウンスであったが、念入りな下調べに基づいて実況に差し挟まれる情報の正確さや、放送中の機転や気配りで、大相撲実況中継の名アナウンサーとして角界からの信頼も厚かった。昭和最後の場所となった1988年九州場所で、横綱千代の富士が横綱大乃国に敗れ、連勝が53でストップした取組を実況していたアナウンサーはこの人である。山田康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢景子

    金沢景子から見た角界相撲界

    七尾市立七尾東部中学校時代は体操の選手で県大会では平均台種目で優勝経験もある。校内ナンバーワンの美人として誉れ高い存在であり、当時同じ中学校に在籍していた時葉山敏夫が中学校の卒業を待たずに角界入りをした際には生徒代表として七尾駅で花束贈呈をして見送った。芸能界入り後は東芝からレコードデビューし、女優として映画にも出演した。その後癌による数年間の休業を経て復帰したものの、1983年(昭和58年)に若くして他界した。金沢景子 フレッシュアイペディアより)

  • 萬福院

    萬福院から見た角界相撲界

    毎年2月3日の節分には豆まきが行われており、スペシャルゲストとして角界、アスリート、格闘家、アイドル、芸人等の著名人が招かれている。午前11時、午後1時と3時の3回、ゲストと一緒に豆まきを行う。1階の駐車スペースに設けられた特設ステージで1回、直後に本堂にて1回の合計6回の豆まきが通例となっている。本堂でゲストと豆まきをするには順番があるため運が必要であるが(その時間にたまたま自分が豆まきの出番にならないと合わないため、調整するのは極めて難しい)、特設ステージではオープンになっているため、整理券等の必要もなく誰でもゲストとの豆まきに参加できる。が、会場が広くないため満員になることも多い。萬福院 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本成一郎

    橋本成一郎から見た角界相撲界

    週刊ポスト誌上では、元大鳴戸親方とともに角界の八百長体質などの裏事情を暴露。しかし、1996年(平成8年)に元大鳴戸親方と同じ日・同じ病院・同じ病気(肺炎)で死亡(同時刻とされることも多いがこれは誤りであり、元大鳴戸は午前4時45分、橋本は午後7時48分に死亡している。橋本の次男によると元大鳴戸死亡の報に対し橋本は「悔しい」と漏らしたという)。そのため、利権関係者による暗殺説が囁かれた。橋本成一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 寶智山幸観

    寶智山幸観から見た角界相撲界

    リンゴ園を営む家の次男。幼い頃から相撲を始め、木造高校時代には全国大会に出場するなど活躍した。法政大学への進学を志すことをはじめとして進路に迷っていた時期もあったが、高校時代の監督が元小結・舞の海と同級生であったため、木造高校OBでもある舞の海に紹介され角界入りを薦められた。大相撲入りを選んだ背景には経済的事情があったともいい、それも関係して3年生の秋に大相撲入りへの意志を固めたとされる。そして、高校卒業と同時に、舞の海の兄弟子が師匠の中立部屋(2003年から境川部屋に改称)に入門。2000年3月場所に初土俵を踏んだ。寶智山幸観 フレッシュアイペディアより)

  • 若圭翔裕樹

    若圭翔裕樹から見た相撲界相撲界

    当然周囲からは角界入りが期待されたが、監督から日大職員就職を勧められたこともあり一度は大学に残る決意をした。しかし同級生の境澤賢一(三保ヶ関部屋→尾上部屋)や、諫早農高でインターハイ団体2連覇を成し遂げた時のメンバー北園基嗣(尾車部屋)らライバルたちが続々と入門するのを見て、2006年3月場所前に監督と相談して追手風部屋入門を決めた。5月場所番付発表後の4月17日に幕下付出が承認され、幕下15枚目格付け出しでデビューした。ワールドゲームズメダリストの初土俵第1号となった。若圭翔裕樹 フレッシュアイペディアより)

  • トンガ

    トンガから見た相撲界相撲界

    トンガは、ラグビーが盛んなことで有名である。ラグビートンガ代表はラグビーワールドカップには8大会中7回出場しているが、ベスト8進出経験はない。日本で有名なトンガ出身者の中には、アマナキ・レレィ・マフィのようにラグビー日本代表となっている選手もいる。また、日本の角界にも、トンガ出身の力士(南乃島など)がおり、キング・ハク、シオネ・ヴァイラヒ、バッドラック・ファレなど大相撲からプロレスに転向して成功を収めた者もいる。トンガ フレッシュアイペディアより)

  • 天より高く (宮下あきらの漫画)

    天より高く (宮下あきらの漫画)から見た角界相撲界

    後に横綱昇進が懸かった本場所で優勝するも角界を廃業し(髷は切らず)、ソラと共に江田島宅に居候する。その後はソラ、高松と行動する事が多くなり、以前のように暴力的な一面はなりを潜めて気のいい性格になった。西遊記編では猪八戒役であった。猫が大の苦手。『曉!!男塾』にも登場した。天より高く (宮下あきらの漫画) フレッシュアイペディアより)

78件中 11 - 20件表示

「角界」のニューストピックワード