78件中 21 - 30件表示
  • 顔じゃない

    顔じゃないから見た角界相撲界

    角界は、番付優先の実力世界である一方、年齢が自分より年下でも先に入門した兄弟子を重んじる縦社会でもある。したがって、普通は自分の方が番付が上でも角界の先輩や目上の者に対しては、「顔じゃない」という言葉は使わないことが多い。顔じゃない フレッシュアイペディアより)

  • 源武山源右エ門

    源武山源右エ門から見た角界相撲界

    相撲界で「源武」(げんぶ)といえばタニマチ(贔屓・後援者)に取り行ってお世辞を並べて祝儀をもらう意味で多分に軽蔑の意を込めて使われる。源武山は地方巡業になると行く先々の町の名士あてに筆書きでどんどん挨拶状を送り、その地に着くと「勲八等 源武山源右エ門」と刷った名刺と土産の包みを持ち羽織袴で戸別訪問、ご祝儀を貰えば礼状を欠かさず帳面に年月日、タニマチの名、ご祝儀、ご馳走と細大漏らさず書き記して次の訪問時に役立てたという。相撲よりもタニマチ巡りに熱心で「あの体で押せば大関」と関係者を惜しがらせた。源武山源右エ門 フレッシュアイペディアより)

  • 怪力

    怪力から見た角界相撲界

    福岡県出身の大相撲の力士で、現役時代は角界屈指の怪力として知られた。自伝のタイトルも「怪力」。怪力 フレッシュアイペディアより)

  • 山口登 (暴力団)

    山口登 (暴力団)から見た相撲界相撲界

    兵庫県神戸市兵庫区出身。山口組初代組長山口春吉の長男として生まれる。1925年、23歳で二代目組長を継承後、新進気鋭の若親分(切戸の親分としてその名を響かせる)として港湾事業や歓楽街、また相撲界から浪曲界・歌謡界へと興行面にも進出する。これらの二代目山口登が残していった有形・無形の足跡は、後に三代目組長田岡一雄が港湾事業への進出や興行師永田貞雄との盃など、港湾界と芸能界を牛耳るための重要な布石となったと言われる。山口登 (暴力団) フレッシュアイペディアより)

  • 武哲山剛

    武哲山剛から見た角界相撲界

    大学卒業後は高等学校の保健体育教員の傍らアマチュア相撲大会出場を目指そうと考えていたものの、角界に挑戦することを決意し武蔵川部屋へ入門した。1993年1月場所、幕下付出で初土俵。突き押し得意で着実に番付を上げ、1994年7月場所で十両昇進。しかし、右足の怪我に泣かされ、攻めがやや遅い部分があり、十両に定着することはなかった(勝ち越しは1996年1月場所の1回のみ)。1997年3月場所に足の怪我で途中休場の十両を最後に、幕下に陥落したまま膝も痛めて番付も下がり、最後は胸椎椎間板ヘルニアのため1998年7月場所を全休しそのまま引退した。武哲山剛 フレッシュアイペディアより)

  • 大こう吉男

    大こう吉男から見た角界相撲界

    建築業の家庭に、8人兄弟の末っ子として生まれた。もともと本人は力士になる気がなかったが、長兄は青森県下のアマチュア相撲の強豪で東奥日報杯の一般の部でも優勝しており、この長兄が熱心に角界入りを勧めた。最終的には両親の反対も押し切って、中学校在学中に二子山部屋へ入門した。大こう吉男 フレッシュアイペディアより)

  • VM JAPAN

    VM JAPANから見た相撲界相撲界

    鬼族の血を引く元横綱。角が生えてしまったことを理由に、なぜか角界を追放されてしまった。幻魔使いとして再スタートすべく、富嶽にやってきた。VM JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • 友鵬勝尊

    友鵬勝尊から見た相撲界相撲界

    長年の経験で習得した、ちゃんこの味付けでは定評があり、角界一と言われている。友鵬勝尊 フレッシュアイペディアより)

  • 千代大海龍二

    千代大海龍二から見た角界相撲界

    愛のエプロン 2007年1月31日放送。「鍋王決定戦」に高見盛と共に、角界初のエプロンボーイズとして出場。塩レタスちゃんこを手掛けて96点の高得点をマークしたが、99点を叩き出した杉本彩に惜敗した。千代大海龍二 フレッシュアイペディアより)

  • 彦山光三

    彦山光三から見た相撲界相撲界

    彦山 光三(ひこやま みつぞう、1893年11月14日-1965年3月9日)は、日本のジャーナリスト、相撲評論家である。大日本相撲協会(現在の日本相撲協会)の嘱託・私設顧問として戦後の相撲界の発展に尽くした。彦山光三 フレッシュアイペディアより)

78件中 21 - 30件表示

「角界」のニューストピックワード