68件中 31 - 40件表示
  • 彦山光三

    彦山光三から見た相撲界相撲界

    彦山光三(ひこやま みつぞう、1893年11月14日-1965年3月9日)は、日本のジャーナリスト、相撲評論家である。大日本相撲協会(現在の日本相撲協会)の嘱託・私設顧問として戦後の相撲界の発展に尽くした。彦山光三 フレッシュアイペディアより)

  • 彦山光三

    彦山光三から見た角界相撲界

    戦後は1948年に相撲文化研究所を設立、所長に就任。1950年には読売新聞運動部嘱託となる。その他のメディアにも多く相撲評論を寄稿、特に横綱史の研究や八百長排撃などを力説した。また部屋別総当たり制や行司部屋の独立などの改革案を協会に提案するなど、角界の元老として大相撲発展に力を尽くした。彦山光三 フレッシュアイペディアより)

  • 日本大学第一中学校・高等学校

    日本大学第一中学校・高等学校から見た相撲界相撲界

    両国という場所柄もあって、かつては角界関係者の子弟も多く在学していたという。日本大学第一中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 天より高く (宮下あきら)

    天より高く (宮下あきら)から見た角界相撲界

    力士。ある女性を巡ってソラと対立していたが、その後は友情で結ばれる。ソラ以上のスケベエで穴があれば何でもイチモツを突っ込む。雌の鶏と性交したこともあった。後に角界を廃業し、ソラと共に江田島宅に居候する。西遊記編では猪八戒役であった。『曉!!男塾』にも登場した。天より高く (宮下あきら) フレッシュアイペディアより)

  • 引退

    引退から見た角界相撲界

    大相撲においては、現役力士として取組に挑むことを辞めても、引き続き角界に身を置く場合を「引退」と表現し、現役を退き角界に残らない場合や、親方が停年前に角界から離れる場合を「廃業(はいぎょう)」と呼んでいた。引退 フレッシュアイペディアより)

  • 安西浩

    安西浩から見た相撲界相撲界

    相撲界とも縁が深く、日本相撲協会運営審議会会長を務めた。また第45代横綱:若乃花幹士を贔屓とし、若乃花が二子山部屋を興した時には部屋の後援会会長を務めた。安西浩 フレッシュアイペディアより)

  • 学閥

    学閥から見た角界相撲界

    桜門閥 - 日本大学出身者の学閥。主に建築業界(中小企業経営者)、角界、芸能界(通称日芸の日本大学芸術学部)など。学閥 フレッシュアイペディアより)

  • 栃東大裕

    栃東大裕から見た角界相撲界

    父には高校横綱になることを角界入りの条件にされ、明大中野高校3年生の時に見事高校横綱に輝き、高校在学中の1994年(平成6年)11月場所に父が師匠の玉ノ井部屋に入門して本名の志賀の四股名で初土俵を踏んだ。序ノ口場所前の稽古で膝を痛め1995年(平成7年)1月場所は前半を休場したが、8日目の4番相撲から出場して残り4番を全勝してこの場所を4勝0敗3休とした。そこから快進撃が始り、同年3月場所は序ノ口7戦全勝優勝、同年5月場所は序二段7戦全勝優勝、同年7月場所は三段目7戦全勝優勝、幕下に昇進した同年9月場所の1番相撲の白星まで26連勝を飾った。栃東大裕 フレッシュアイペディアより)

  • ブログ

    ブログから見た角界相撲界

    日本で市民権を得たブログは、個人のほか、人気タレントや政治家、その他著名人などによっても作成されるようになり、角界においてもブログ開設が盛んである。ブログ フレッシュアイペディアより)

  • 金星 (相撲)

    金星 (相撲)から見た相撲界相撲界

    相撲界の隠語で、美人、または会うと勝負事に運があがるような女性のことも「金星」と呼ぶ。金星 (相撲) フレッシュアイペディアより)

68件中 31 - 40件表示

「角界」のニューストピックワード