78件中 31 - 40件表示
  • 彦山光三

    彦山光三から見た角界相撲界

    戦後は1948年に相撲文化研究所を設立、所長に就任。1950年には読売新聞運動部嘱託となる。その他のメディアにも多く相撲評論を寄稿、特に横綱史の研究や八百長排撃などを力説した。また部屋別総当たり制や行司部屋の独立などの改革案を協会に提案するなど、角界の元老として大相撲発展に力を尽くした。彦山光三 フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (20代)

    木村庄之助 (20代)から見た角界相撲界

    明治後期?昭和初期の大相撲界を支えた近代名行司の第一人者で、行司史上屈指の名人と謳われている。人望、見識ともに備わり、名行司の証とも言われる 「松翁」 の称号を番付上に冠した。土俵態度、裁きともに秀で角界内では一目置かれていた。行司生活54年間に裁いた取組で差し違えはわずか2番のみであったという。木村庄之助 (20代) フレッシュアイペディアより)

  • 双大竜亮三

    双大竜亮三から見た相撲界相撲界

    福島市立蓬莱小学校4年の時に担任教師に勧められ相撲を始める。福島市立蓬莱中学校では、相撲部がなく、陸上競技部に所属し、砲丸投の選手であった。その後、福島県立会津農林高等学校から東京農業大学に進学。八角部屋の朱雀は高校・大学の同級生である。国民体育大会の福島県代表に選ばれ、大学4年時には相撲部主将を務めるなど将来を嘱望されたが、2004年5月に腹膜炎を患い、当時116kgあった体重が20kgほど減少する。このため大学卒業間際の2005年3月にようやく医師からの許可が下り、4月に時津風部屋に入門、平成17年夏場所新弟子検査を受験し合格、角界入りを果たす。双大竜亮三 フレッシュアイペディアより)

  • 八百長

    八百長から見た角界相撲界

    大相撲の八百長疑惑では、1980年から小学館の週刊誌『週刊ポスト』が元十両・四季の花範雄の八百長告発手記を初めて公開し、その後も元力士や元角界関係者による告発シリーズを約20年にわたり掲載した。なかでも1996年に部屋持ち親方としては初めて11代大鳴戸(元関脇・高鐵山孝之進)の菅孝之進と元大鳴戸部屋後援会副会長の橋本成一郎が行った14回にわたる告発手記は、八百長問題・年寄株問題・暴力団との関わり・角界の乱れた女性関係などを暴露し、大きなインパクトを与えた。八百長 フレッシュアイペディアより)

  • 一ノ矢充

    一ノ矢充から見た角界相撲界

    琉球大学理学部物理学科在学中に相撲部を興す。大学卒業後、元関脇・房錦の若松部屋に入門、国立大学出身力士としては史上初の角界入りを果たした。身長が規定に及ばず(身長165cm、合格基準173cm)新弟子検査を合格することができないまま半年ほど過ぎたが、1983年(昭和58年)11月場所の新弟子検査で身長の計測係だった鏡山親方(元横綱・柏戸)のお情けで合格、大学時代の実績がほぼ皆無であったため幕下付出の資格は得られず前相撲から初土俵を踏んだ。一ノ矢充 フレッシュアイペディアより)

  • 出羽の花義貴

    出羽の花義貴から見た相撲界相撲界

    1974年3月、鳴り物入りで幕下付出力士として、角界入りを果たした。初土俵の同期には拓殖大学相撲部出身の舛田山(自身と同じ、幕下付出での初土俵)、多賀竜、闘竜、大乃花などがいる。出羽の花義貴 フレッシュアイペディアより)

  • 霧島一博

    霧島一博から見た角界相撲界

    筋力トレーニングを重視した力士としては千代の富士が有名だが、霧島も早くから実施していた。サプリメントなどの栄養面を重視した本格的な科学的トレーニングを実践した結果、30代になってから急激に成績が伸び、大相撲における筋力トレーニングの有効性を示した。その筋肉美から"和製ヘラクレス"の異名をとり、海外興行では外国人(特に女性)からも絶賛された。また甘い顔立ちでも知られ、パリ公演の際には"角界のアラン・ドロン"と紹介された。霧島一博 フレッシュアイペディアより)

  • 召喚教師リアルバウトハイスクール

    召喚教師リアルバウトハイスクールから見た角界相撲界

    人数は5人。全員が肥満体形。静馬から角界かお笑い界へ行けと言われている。召喚教師リアルバウトハイスクール フレッシュアイペディアより)

  • 寺尾常史

    寺尾常史から見た相撲界相撲界

    安田学園高校入学後相撲を始める。厳しい稽古を乗り越えて試合で勝つことの爽快感から相撲にのめりこむようになり2年生の時には一日も早く角界入りしたいと思うようになっていたが、長兄が次兄の入門の際に強硬に反対したことから角界入りしたいという気持ちをなかなか言い出せないでいた。しかし、1979年(昭和54年)5月場所の千秋楽の日、癌で闘病中であった最愛の母を見舞った後長兄に突然「お前、学校やめて相撲取りになったらどうだ?」と声を掛けられた。その後母の通夜の晩に父親に入門の意思を伝え、そのまま高校を中退して兄達を追うようにして角界入りする(母・節子は死ぬ間際に「相撲取りになって」と寺尾に告げていた。寺尾は後年インタビューで「あのお兄ちゃんの言葉は、おふくろの置きみやげだったと思ってるんですよ。きっと俺の気持ちを判っていて、相撲取りにならせてくれたんだな、って。」と往時を振り返っている。)。入門後は寺尾節男を名乗った。これは母(福薗節子)の旧姓・寺尾から取ったものである。同年7月場所初土俵。1984年(昭和59年)7月場所新十両のとき「源氏山力三郎」と改名する。源氏山の四股名は同部屋に所属した30代横綱・西ノ海が横綱昇進直後の場所まで名乗ったものである。この四股名は1場所限りで、翌場所から元の四股名に戻している。1985年(昭和60年1月場所で12勝3敗の成績で十両優勝し翌場所新入幕。6勝9敗と負け越して陥落するが翌場所も12勝3敗の成績で2度目の十両優勝で1場所で返り咲く。1987年(昭和62年)11月から名を常史(つねふみ)と改める。寺尾常史 フレッシュアイペディアより)

  • 1989年のスポーツ

    1989年のスポーツから見た角界相撲界

    9月29日 - 横綱千代の富士貢、角界初の国民栄誉賞受賞1989年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

78件中 31 - 40件表示

「角界」のニューストピックワード