68件中 41 - 50件表示
  • 藤一

    藤一から見た角界相撲界

    藤 一(ふじ はじめ、別名:アニマル藤、本名:藤 正作、1945年10月30日 - )は、日本の元プロボクサー。鹿児島県鹿児島市出身。タナカジム所属。元日本ミドル級王者。角界から転身した異色の強打者。大相撲時代の四股名は藤(ふじ)、最高位は序二段43枚目。藤一 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た角界相撲界

    プロレス観戦。生前のジャイアント馬場と親交があり、全日本プロレス主催試合における後楽園ホール年間指定席を購入していたほどの落語界きってのプロレスファン。プロレスラーの天龍源一郎とは墨田区立両国中学校の同級生。また角界の田上明へプロレス転向を勧めたり、ウルティモ・ドラゴンの面倒を見るなど、様々なレスラーと親交を結んでいる。またレジャーニューズでコラム「プロレスおやじ倶楽部」を執筆していた。三沢光晴の死に関しては「勘弁してくれねぇかなぁ」と未だノーコメントを貫いている。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 双大竜亮三

    双大竜亮三から見た相撲界相撲界

    福島市立蓬莱小学校4年の時に担任教師に勧められ相撲を始める。福島市立蓬莱中学校では、相撲部がなく、陸上競技部に所属し、砲丸投の選手であった。その後、福島県立会津農林高等学校から東京農業大学に進学。八角部屋の朱雀は高校・大学の同級生である。国民体育大会の福島県代表に選ばれ、大学4年時には相撲部主将を務めるなど将来を嘱望されたが、2004年5月に腹膜炎を患い、当時116kgあった体重が20kgほど減少する。このため大学卒業間際の2005年3月にようやく医師からの許可が下り、4月に時津風部屋に入門、平成17年夏場所新弟子検査を受験し合格、角界入りを果たす。双大竜亮三 フレッシュアイペディアより)

  • タニマチ

    タニマチから見た相撲界相撲界

    タニマチ(谷町)とは相撲界の隠語で、ひいきにしてくれる客、または後援してくれる人、無償スポンサーのこと。現在では相撲界以外に野球界、プロレス界などの他のスポーツ、また演歌界を中心に芸能界でも幅広く使われる。タニマチ フレッシュアイペディアより)

  • 寶智山幸勘

    寶智山幸勘から見た角界相撲界

    幼い頃から相撲を始め、木造高校時代には全国大会に出場するなど活躍した。進路に迷っていた時期もあったが、高校時代の監督が元小結・舞の海と同級生であったため、木造高校OBでもある舞の海に紹介され角界入りを薦められた。そして、高校卒業と同時に、舞の海の兄弟子が師匠の中立部屋(2003年から境川部屋に改称)に入門。2000年3月場所に初土俵を踏んだ。寶智山幸勘 フレッシュアイペディアより)

  • 若圭翔裕樹

    若圭翔裕樹から見た相撲界相撲界

    当然周囲からは角界入りが期待されたが、監督から日大職員就職を勧められたこともあり一度は大学に残る決意をした。しかし同級生の境澤賢一(三保ヶ関部屋→尾上部屋)や、諫早農高でインターハイ団体2連覇を成し遂げたときのメンバー北園基嗣(尾車部屋)らライバルたちが続々と入門するのを見て、2006年3月場所前に監督と相談して追手風部屋入門を決めた。5月場所番付発表後の4月17日に幕下付出が承認され、幕下15枚目格付け出しでデビューした。ワールドゲームズメダリストの初土俵第1号となった。若圭翔裕樹 フレッシュアイペディアより)

  • 徳真鵬元久

    徳真鵬元久から見た角界相撲界

    松阪市立久保中学校、三重高等学校を経て朝日大学に進学。高校在学時は柔道部に所属していたが、相撲部の試合にも出場して国体の三重県代表に選ばれた。大学4年生時には第66回西日本選抜学生相撲大会で個人の部準優勝、全国学生相撲選手権大会個人の部ではベスト16など活躍、大学卒業となる2007年3月場所新弟子検査を受験し合格、角界入りした。徳真鵬元久 フレッシュアイペディアより)

  • 栃ノ心剛

    栃ノ心剛から見た角界相撲界

    相撲を始める前は柔道とサンボを経験し、サンボではヨーロッパ王者になったこともある。世界ジュニア相撲選手権大会重量級準優勝などの実績を残し、同郷の黒海に憧れて入門。レスリング出身者が多い欧州勢の中で、相撲エリートとしての実績や恵まれた体躯、優れた身体能力から、入門時より将来の角界を担う力士として期待された。栃ノ心剛 フレッシュアイペディアより)

  • 若ノ鵬寿則

    若ノ鵬寿則から見た角界相撲界

    2008年8月19日に大麻所持で検挙され、相撲協会から解雇された。そのため、2008年9月場所の東前頭8枚目は空位となり、番付け発表翌日には検挙に伴う大麻の簡易検査を実施した(この検査で同じロシア出身の露鵬と白露山が解雇)。この解雇について、角界復帰を望んで協会を相手取り処分撤回を求める仮処分申請および訴訟を東京地方裁判所に起こした。仮処分申請は2008年10月30日に却下された。若ノ鵬は2009年1月24日までに訴訟を取り下げて解雇が確定し、1月29日に退職金に当たる約580万円の養老金が支払われた。若ノ鵬寿則 フレッシュアイペディアより)

  • 大麻

    大麻から見た相撲界相撲界

    角界においては2008年8月にロシア出身の若ノ鵬が大麻所持で逮捕され、9月には麻薬の簡易検査(陽性闘値50ng/ml)で同じロシア出身の 露鵬、白露山の2人と日本人力士の1人から大麻の疑陽性反応が出た。露鵬と白露山は精密検査(陽性闘値15ng/ml)においても陽性反応が出たため、解雇処分となった。日本人力士は3回目の簡易検査において陰性反応が出たため、その検体(尿)や検査結果などの資料を破棄。精密検査を受けることはなく、処分はなかった。これらのことを受け、日本相撲協会では薬物検査により、大麻陽性の力士は解雇処分にする方針をとっている。これに対して、検査方法の不備と受動喫煙や飲食物に混入されて無意識に摂取してしまった場合などに不考慮であるとして、この動きを懸念する意見もある。2009年1月には若麒麟が知人と共に逮捕された。大麻 フレッシュアイペディアより)

68件中 41 - 50件表示

「角界」のニューストピックワード