78件中 51 - 60件表示
  • 1967年

    1967年から見た相撲界相撲界

    3月4日 - 大相撲の高見山大五郎(本名:ジェシー・クハウルア)が相撲界で史上初となる外国人関取(十両)に昇進。1967年 フレッシュアイペディアより)

  • ブログ

    ブログから見た角界相撲界

    日本で市民権を得たブログは、個人のほか、人気タレントや政治家、その他著名人などによっても作成されるようになり、角界においてもブログ開設が盛んである。ブログ フレッシュアイペディアより)

  • 曙太郎

    曙太郎から見た相撲界相撲界

    ハワイではバスケットボールをしていたが、大学はコーチとの対立もあって中退。後にその体格を東関親方(元高見山)に見込まれ、相撲界入りし、1988年3月場所に初土俵を踏む。元々東関は弟の方を入門させたかったようであったが、気の進まない弟のジョージは「しょうがないよ、兄貴を連れていく」と身代りにチャドを新弟子として提供した。父親はいきなりの展開にも拘らず入門を喜んだが、一方で母親は猛反対。母の反対もあったので、日本にやってきた時にチャドは「とにかくもうハワイには帰れないな」と感じていた。チャドはまた本土の大学にスカウトされた地元の運動部員が挫折してハワイへ出戻るたびに住民から中傷を受ける様を何度となく見てきたため、両親を困らせないという意味でもハワイには帰れないと覚悟していた。曙太郎 フレッシュアイペディアより)

  • フグ

    フグから見た角界相撲界

    福岡県戸畑市(現・北九州市戸畑区)の巡業先で、知人が差し入れたフグを食べる。帰路の船内で「どうもへんだ、やられたかな」と言い残して昏睡状態に陥り、いったんは回復したかに見えたが間もなく死亡。元関脇の人気力士の突然の死は角界に衝撃を与えた。同席してやはり中毒症状を発した行司の式守義松(後の廿四代目木村庄之助)は一命を取り留めている。フグ フレッシュアイペディアより)

  • 北天佑勝彦

    北天佑勝彦から見た角界相撲界

    四股名の由来は「北の天に生まれ人の右に出る」から取られている。均整の取れた柔軟な体格で、スカウト、命名した9代三保ヶ関(元大関・先代増位山)のみならず角界関係者から期待され、「末は大関、横綱」と期待された(「双葉山の再来」、「未来の双葉山」とも称された)。若手時代には関係者から「転がっているだけでも強くなれる」と評され、特に9代三保ヶ関は「北の湖と北天佑を東西の横綱に並べるのが夢」とまで言い切っていた。北天佑勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 体育会系

    体育会系から見た相撲界相撲界

    日本の部活動やスポーツ界は、年齢主義的で年功序列・上意下達型の縦社会を形成する場合が多い。例えば大学の運動部を表わす表現に「4年神様、3年貴族、2年平民、1年奴隷」というものや、相撲界を表わす表現に「無理偏に拳骨と書いて兄弟子と読ませる」などといったものがある。ただし、いわゆる「文化系」のクラブ活動と位置づけられている「演劇」、「吹奏楽」、「合唱」といった公演系のクラブやサークルについても、基本的にチームワークで活動することとそれ相応の体力も要求されるので、体育会系的な部分が存在しているとされる。体育会系 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た相撲界相撲界

    当時監督として日本大学の柔道部を率いていた佐藤寅三郎は、西森と1年先輩の町田の抜群2選手を両大会の選手には選抜せず、柔道評論家のくろだたけしも「この2人を出場させたとして、期待通りの好成績をあげ得たかどうかは疑問」「大試合での経験不足が、2人を明年の戦力として温存せしめたのであろう」と推察している。いずれにしても西森はこの両大会では応援する側に回り、直後に相撲界に転向したため、その後柔道界で名を残す事はなかった。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • おかみさん 新米内儀相撲部屋奮闘記

    おかみさん 新米内儀相撲部屋奮闘記から見た相撲界相撲界

    連載初期は、角界に関する知識がないとされる描写が多かった一方、連載中期で大柄な男児と草相撲を取る描写も存在し、相撲に関する興味・関心はそれなりにあると見受けられる。おかみさん 新米内儀相撲部屋奮闘記 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た相撲界相撲界

    2010年(平成22年)から2012年(平成24年)の時期は放駒輝門が理事長で、2012年(平成24年)に再び北の湖敏満が日本相撲協会の理事長となったが、2015年(平成27年)11月(九州場所中)の理事長在任中に死去した。2015年(平成27年)12月に八角信芳が日本相撲協会の理事長となった。貴乃花部屋の貴乃花親方が新たに日本相撲協会の理事に当選して、外部理事制度が設けられた。外部理事である元東京高等検察庁検事長の村山弘義が日本相撲協会の理事長代行となり、副理事長職が新設された。朝青龍が暴行事件の責任で引退したことで、2010年(平成22年の初場所)を最後に朝青龍時代が終わり、代わって2010年代は白鵬時代になる。大相撲野球賭博問題など暴力団と角界の間で交際があった不祥事で、2010年(平成22年)に開催された名古屋場所でのNHK(日本放送協会)によるテレビ放映が中止となった。2011年(平成23年)に大相撲八百長問題が発覚した不祥事で大阪場所が中止されて、夏場所は技能審査場所となった。横綱白鵬が、連勝記録である63連勝して、7場所連続優勝などの記録を更新した。さらに2015年(平成27年)の初場所で優勝32回の元横綱の大鵬幸喜を超える最多優勝33回以上となった。大関魁皇が2011年(平成23年)の名古屋場所で通算勝星が歴代1位となる1047勝を更新したが、その後2017年(平成29年)の名古屋場所で白鵬が1048勝目を挙げて更新した。魁皇が引退をして日本人大関が不在となった。横綱・大関は全て外国人力士となったが2011年(平成23年)11月場所に日本人力士の大関琴奨菊が誕生した。2012年(平成24年)には日本人大関の稀勢の里とモンゴル出身の大関鶴竜が誕生して史上最多の6大関となった。ウィンブルドン現象が起きて、2006年(平成18年)初場所の大関栃東以来日本出身力士の幕内最高優勝が10年間と長らく途切れていたが、2016年(平成28年)の初場所に日本出身力士(福岡県出身)の大関琴奨菊が優勝した。2003年(平成15年)初場所に貴乃花が引退してから2017年(平成29年)の初場所まで日本出身の横綱が存在せず、平成期に誕生した横綱の内訳は合計10人の中で日本人横綱が4人(旭富士正也〈青森県出身〉・貴乃花光司〈東京都出身〉・若乃花勝〈東京都出身〉)・稀勢の里寛 〈茨城県出身〉と、6人(曙太郎〈アメリカ合衆国ハワイ州出身〉・武蔵丸光洋〈アメリカ合衆国ハワイ州出身〉・朝青龍明徳〈モンゴル出身〉・白鵬翔〈モンゴル出身〉・日馬富士公平〈モンゴル出身〉・鶴竜力三郎〈モンゴル出身〉)が外国出身の外国人横綱である。平成期に誕生して平成期に引退した横綱で角界に親方として残っているのは旭富士・貴乃花・武蔵丸の6人中3人のみであり、平成期の横綱は半数しか日本相撲協会に残っていない。2013年(平成25年)に大鵬幸喜が死去、2015年(平成27年)に北の湖が死去、2016年(平成28年)に千代の富士が死去した事から平成期の2000年代まで存命だった昭和の大横綱と呼ばれた3人がこの世を去った。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た角界相撲界

    1988年(昭和63年)から1992年(平成4年)の時期は二子山勝治が日本相撲協会の理事長であり、1992年(平成4年)から1998年(平成10年)の時期は出羽海智敬が理事長となった。大相撲では通算最多勝記録の1000勝をした金字塔で国民栄誉賞を受賞した横綱千代の富士に続いて大乃国・旭富士・北勝海が引退して横綱が不在となり、大相撲は平幕力士が優勝するなど角界の戦国時代となる。若貴兄弟(若乃花・貴乃花)の登場で相撲ブームを起こす。1993年(平成5年)に曙太郎が横綱に昇進して、初の外国出身の横綱が誕生する。平成 フレッシュアイペディアより)

78件中 51 - 60件表示

「角界」のニューストピックワード