1 2 3 4 5 6 7 次へ
68件中 61 - 68件表示
  • 曙太郎

    曙太郎から見た相撲界相撲界

    ハワイではバスケットボールをしていたが、その体格を東関親方(元高見山)に見込まれ、相撲界入り、1988年3月場所に初土俵。曙太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 物言い

    物言いから見た角界相撲界

    1789年(寛政元年)11月場所6日目、角界史上初の横綱(番付上は大関)披露を翌日に控えた関脇小野川は前頭2枚目関ノ戸と対戦。小野川がちょっとしたはずみで左膝をつき、関ノ戸の勝ちとなるところを強引な物言いがついて勝負預りとなった。関ノ戸にとっては不運であったが、小野川の横綱披露に差し障りがあるため、無理難題な物言いだったとされている。物言い フレッシュアイペディアより)

  • 可愛い

    可愛いから見た相撲界相撲界

    また、動詞化した「かわいがる」という表現が、本来の「かわいいと思う」ことのほか、自身より目下にある者を重用したり世話をする、いわゆる「目にかける」行為を指すほか、角界をはじめとするスポーツ界などにおいては反語的に「シゴく」「虐める」の意味で用いられる。可愛い フレッシュアイペディアより)

  • 中野 浩一

    中野浩一から見た角界相撲界

    「出演依頼されたのならば競走に支障がない限り出演したい」と明言し、競走の合間を縫って、競輪におよそ関係のないテレビ・ラジオ番組にも多数出演した。ひいては、今では珍しくなくなった、現役スポーツ選手兼タレントのパイオニアといってもいい存在でもある。また歌番組やクイズ番組においては、ただ出演するだけでなく、それなりの結果を残さなければならないとも考えていた。その一例が、1983年の年末に、角界の関取衆も交えたスポーツ選手が一堂に会して歌で覇を競った番組がテレビ朝日で放送されたが、西城秀樹のギャランドゥを歌唱して優勝したことに現れている。中野浩一 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た相撲界相撲界

    2010年(平成22年) - 2012年(平成24年)の時期は放駒輝門が理事長で、2012年(平成24年)に再び北の湖敏満が日本相撲協会の理事長となった。貴乃花部屋の貴乃花親方が日本相撲協会の理事に当選して、外部理事制度が設けられた。外部理事である元東京高等検察庁検事長の村山弘義が日本相撲協会の理事長代行となり、副理事長職が新設された。朝青龍時代が暴行事件の責任で朝青龍が引退したことで終わる。大相撲野球賭博問題など暴力団と角界の間で交際があった不祥事で、2010年(平成22年)に開催された名古屋場所でのNHK(日本放送協会)によるテレビ放映が中止となった。2011年(平成23年)に大相撲八百長問題が発覚した不祥事で大阪場所が中止されて、夏場所は技能審査場所となった。横綱白鵬が、連勝記録である63連勝して、さらに7場所連続優勝などの記録を更新した。大関魁皇が2011年(平成23年)の名古屋場所で通算勝星が歴代1位となる1046勝目をあげた。魁皇が引退をして日本人大関が不在となった。横綱・大関は全て外国人力士となったが2011年(平成23年)11月場所に日本人力士の大関琴奨菊が誕生した。2012年(平成24年)には日本人大関の稀勢の里とモンゴル出身の大関鶴竜が誕生して史上最多の6大関となった。ウィンブルドン現象がおきて、2006年(平成18年)初場所の大関栃東以来日本人力士の幕内最高優勝が長らく途切れていて、2003年(平成15年)初場所に貴乃花が引退して以来日本人横綱が存在せず、平成期に誕生した横綱の内訳は合計8人の中で日本人横綱が3人(旭富士正也・貴乃花光司・若乃花勝)と、5人(曙太郎・武蔵丸光洋・朝青龍明徳・白鵬翔・日馬富士公平)が外国出身の外国人横綱である。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た角界相撲界

    1988年(昭和63年) - 1992年(平成4年)の時期は二子山勝治が日本相撲協会の理事長であり、1992年(平成4年) - 1998年(平成10年)の時期は出羽海智敬が理事長となった。大相撲では通算最多勝記録の1000勝をした金字塔で国民栄誉賞を受賞した横綱千代の富士に続いて大乃国・旭富士・北勝海が引退して横綱が不在となり、大相撲は平幕力士が優勝するなど角界の戦国時代となる。若貴兄弟(若乃花・貴乃花)の登場で相撲ブームを起こす。1993年(平成5年)に曙太郎が横綱に昇進して、初の外国出身の横綱が誕生する。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た角界相撲界

    こうして角界入りとなるものの、部屋の先輩力士に「若くてすらっとしている子」という条件で連れてこさせた少年を見た宮城野は、父親の実績を知る由もなく、その小柄な体から大きな期待はしていなかったという。しかし一方で、大きな手足と腰、柔らかい筋肉などから、もしかしたら化けるかもしれないと思い、入門してからの2か月間は稽古をさせず、毎日吐く程に食べさせ、牛乳を飲ませた。宮城野部屋入門時から大関になるまで、宮城野横須賀後援会が横須賀市内で主催するサマーキャンプに毎年参加し、午前中は横須賀市大津の土俵で稽古を積み、午後は市内の福祉施設の訪問や商店街の夏祭り等で子ども達に胸を貸し、相撲体験を通して夢や感動を与えてきた。サマーキャンプは、大関となる平成18年まで継続された。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 角界

    角界から見た相撲界相撲界

    角界 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
68件中 61 - 68件表示

「角界」のニューストピックワード