訴訟 ニュース&Wiki etc.

訴訟(そしょう)とは、紛争の当事者以外の第三者を関与させ、その判断を仰ぐことで紛争を解決すること、またはそのための手続のことである。対義語に自力救済がある。現代においては、国家の司法権の行使によって、その権力を背景に紛争を強制的に解決するための手続のことを訴訟といい、調停、仲裁、和解などと区別される。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「訴訟」のつながり調べ

  • 松崎哲久

    松崎哲久から見た訴訟

    しかし、松崎は1993年(平成5年)6月23日に党員としての適格に著しく欠けるという理由で日本新党を除名された。背後には、党事務局との確執や、松崎の第40回衆議院議員総選挙への立候補に関するトラブルがあったとされる。松崎は日本新党をすでに除名、参議院比例代表名簿からも削除されていたため、1993年(平成5年)7月18日に施行された第40回衆議院議員総選挙に細川護煕、小池百合子が立候補したことに伴い、名簿搭載6位の小島慶三および7位の山崎順子(円より子)の2名が繰り上げ当選する。松崎はこれを不服として、除名処分による比例名簿除外は無効であること、松崎が繰り上げ当選していること、円より子の繰り上げ当選は無効であるとする訴訟を起こした(日本新党繰上補充事件)。1994年(平成6年)11月29日に東京高等裁判所では松崎の主張が認められ勝訴するが、1995年(平成7年)5月25日、最高裁判所では松崎の主張が退けられ敗訴判決が確定した。(松崎哲久 フレッシュアイペディアより)

  • インビクタ (時計メーカー)

    インビクタ (時計メーカー)から見た提訴

    2010年、カナダのキャリングケース製造業者である「Plasticase」が、フロリダ州南部地区連邦地方裁判所に、インビクタ社を商標権侵害で提訴した。同訴えは、インビクタ社が販売するプラスティックケースが、Plasticase社の販売する製品に類似していることを内容とするものだった。インビクタ社は、この訴えに対し、ただちに反訴を行い、同社の製品がPlasticase社の商標権を侵害するものではないことを主張している。(インビクタ (時計メーカー) フレッシュアイペディアより)

「訴訟」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「訴訟」のニューストピックワード