前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
848件中 1 - 10件表示
  • GNU General Public License

    GNU General Public Licenseから見た訴訟訴訟

    その要件とは、コピーレフト (Copyleft)として知られている。これは、ソフトウェアプログラムに関し、著作権 (copyright)を利用した法的な権能をもたらす効果がある。GPLで保護される著作物もまた、著作権で保護されているため、改変された形態でなくとも、ライセンスで規定されている場合を除き、ライセンシーはその著作物の再頒布の権利を持たない(フェアユースを除く。ただし、その記事やGPL FAQで述べられている通り、フェアユースにworld-wide principle; 世界的な原則、統一見解などない)。再頒布のような、通常著作権法で制限される権利をある人物が行使しようと考える場合、その人物はGPLの条項をただ従う必要がある。逆に、GPLの条項を遵守せず(例えば、ソースコードを開示しない)著作物の複製を頒布すると、著作権法に基づき著作権者から頒布の差止め等で提訴される可能性がある。GNU General Public License フレッシュアイペディアより)

  • 訴訟適格

    訴訟適格から見た訴訟訴訟

    裁判所に訴訟として取り扱う資格がない訴訟適格 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄労働組合

    国鉄労働組合から見た訴訟訴訟

    1976年2月、国鉄は違法ストにより損害を被ったとして、国労と動労に202億円の損害賠償を求める訴訟を起こした。自民党は三塚博を委員長とした「国鉄再建小委員会」を組織し、組合批判を強めた。一方、当の国労はセクト間対立が深刻なものとなり、穏健な労使関係の構築を目指す勢力から、公然と革命を主張する勢力までバラバラで、組織としての意志決定能力を失っていった。端的な例が1975年のスト権ストの収拾にあたり、動労と内々に決めていたストライキ戦術放棄の件である。意志決定能力を欠いた国労は「まず動労が決めないと国労は意見がまとまらない」と動労に対し先にストライキ放棄宣言を求めたが、国労側は意見が分裂し結局ストライキ放棄を決めることができなかった。この件で国労に梯子を外された格好の動労は激怒し、両者の路線対立は決定的になる。国鉄労働組合 フレッシュアイペディアより)

  • 仮処分

    仮処分から見た訴訟訴訟

    裁判所が仮処分命令を出すためには、債権者が、被保全権利の存在と保全の必要性を疎明しなければならない(13条)。また、仮処分は仮の救済であって、後日、訴訟で、被保全権利が存在しないことが明らかになることもあり得るので、通常、債権者は債務者の損害を填補するため、一定の担保を立てることが求められる(14条)。仮処分 フレッシュアイペディアより)

  • 対審

    対審から見た訴訟訴訟

    訴訟は、原則として、対立する当事者が法廷に出頭し、裁判官の面前でそれぞれの主張を述べることにより進行する。これを対審といい、民事訴訟や行政訴訟では口頭弁論期日、刑事訴訟では公判期日が該当する。対審 フレッシュアイペディアより)

  • 解部

    解部から見た訴訟訴訟

    解部 (ときべ)とは、日本における訴訟を職務とした機関、またはその職員のことで、古代日本の部民制において訴訟を職務とした部のひとつ。明治時代の刑部省にも設置された。解部 フレッシュアイペディアより)

  • おしゃぶり訴訟

    おしゃぶり訴訟から見た訴訟訴訟

    おしゃぶり訴訟とは、2006年5月31日、おしゃぶりを3歳まで使い続けたところ、歯列や顎が変形するなど深刻な障害が残ったとして、横浜市の女児と母親がおしゃぶりを販売した大手ベビー用品メーカーコンビに1000万円の損害賠償を求めて東京地裁に起こした訴訟を指して言う。おしゃぶり訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 登記請求権

    登記請求権から見た訴訟訴訟

    実体法上の登記請求権が認められる場合でも、実際に登記を行うためには、不動産登記法の定める手続に従わなければならない。すなわち、不動産の買主や抵当権者は、売主や抵当権設定者に対し、共同申請で登記手続をするよう求め(不動産登記法60条)、任意の協力が得られない場合は、訴えを提起し、確定判決を得て単独申請で登記手続をする必要がある(同法63条1項)。登記請求権 フレッシュアイペディアより)

  • 家事審判法

    家事審判法から見た訴訟訴訟

    家庭内紛争の処理は、複雑な感情の交錯する家族関係を対象とし訴訟的処理になじまないことが多いこと、その性質上非公開で行う必要が高いこと等に鑑み、訴訟の形式によらない非公開の手続で処理することを図っていた。家事審判法 フレッシュアイペディアより)

  • 過誤払い

    過誤払いから見た訴訟訴訟

    金融機関が任意に預金の払戻しに応じない場合は、顧客は、金融機関に対し、訴訟上で、預金の払戻請求や損害賠償請求等をすることが考えられる。過誤払い フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
848件中 1 - 10件表示

「訴訟」のニューストピックワード