607件中 91 - 100件表示
  • 軌道法

    軌道法から見た訴訟訴訟

    第9条に定めのある、道路管理者が道路の新設、改築に必要と認めれば、軌道経営者の専用軌道敷地を無償提供させることができるとされることについては、財産権の保護について定めた日本国憲法第29条の第3項に違反している可能性もあるが、それにもかかわらずこの条文は削除されていない(もちろん、この条文を適用して事業を実施することは、訴訟の提起、違憲判決等のリスクを考慮すれば実質的には不可能といえる。)。軌道法 フレッシュアイペディアより)

  • 事件

    事件から見た刑事訴訟訴訟

    刑事事件:殺人被告事件、強盗被告事件など→刑事訴訟事件 フレッシュアイペディアより)

  • インテレクチュアル・ベンチャーズ

    インテレクチュアル・ベンチャーズから見た訴訟訴訟

    インテレクチュアル・ベンチャーズ(Intellectual Ventures, IV)はアメリカ合衆国のプライヴェート・カンパニーである。同社は特許に関する取引を主たる事業としており、米国の特許権者の内、2011年時点での保有数上位5位に入っていることで有名である。同社のビジネスモデルは巨大の開拓、及び、それらの特許権の他者へのライセンス事業に集約されている。対外的には、同社は大企業(コーポレーション)と対峙する小規模発明家の支援をその主要な事業目標に掲げているが、実際は大企業からの多額の特許権ライセンス料と請求による訴訟から収益を得るという側面を持っている。これに対する批判は少なく無く、一部には同社をパテント・トロールとみなす発言もある。同社の従業員は弁理士、物理学者、技術者・工学者、及び生物工学者が多くを占めるとされる。インテレクチュアル・ベンチャーズ フレッシュアイペディアより)

  • 通商院

    通商院から見た刑事訴訟訴訟

    通商院は貿易に際しての違法行為や公海上での不法行為について民事・刑事訴訟の審議を行った。ただし死刑や切断刑などの重刑に関してはインディアス枢機会議にて判断された。通商院 フレッシュアイペディアより)

  • 呉青山中学校・高等学校

    呉青山中学校・高等学校から見た訴訟訴訟

    本校は当初、呉青山学院中学校という校名で開校した。この校名は本校の所在地に由来するが、青山学院大学を運営する学校法人青山学院より学校法人清水ヶ丘学園に対して、商標権の侵害であるとして名称の使用差し止めの訴訟を提起された。2001年7月、東京地方裁判所は清水ヶ丘学園側の「中学校のある地名を示しただけ」という主張を退け、「呉は広島の都市名として全国的に知られているが、広島県に青山という地域があることは知られておらず、名称全体では『青山学院』の部分が特に注意を引く」「青山学院は首都圏を中心に広く知られており、被告の名称は『青山学院と関連がある呉市の中学校』を連想させる」として、清水ヶ丘学園が「青山学院」の文字を含めた学校名を使うことを(中学校名を英語やローマ字で表記することも)禁じる判決を言い渡した。この判決に対し、被告の清水ヶ丘学園は即日控訴したが、その後学園は、校名から「学院」を外し呉青山中校に改称し、控訴を取り下げた。当時の清水ヶ丘学園理事長であった原田敬二は、本件の責任を取り理事長職を辞任した。呉青山中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • Righthaven

    Righthavenから見た訴訟訴訟

    Righthaven LLC(ライトヘイヴン)は、2010年前期に設立された著作権保持会社(copyright holding company)である。同社は複数の新聞社と契約締結に至っているが、その締結前にそれらの記事をオンライン・サイトに無断転載した多数のサイト・オーナーを探し出しており、契約締結後にオーナーらを著作権侵害で提訴した。この訴訟を複数の論説者がコピーライト・トロール行為であると強く非難しており、同社を「訴訟工場」("lawsuit factory")と揶揄する者もいる。同社のCEO、スティーヴン・A・ギブスン(Steven A. Gibson)はラスベガスに事務所を構えるロー・ファーム、の弁護士であり、通常はRighthavenのメディア対応に従事している。2011年8月、同社は自身が提起したある訴訟に敗北した。同年11月1日、この訴訟における被告側の(legal fees)の納付期限となり、連邦裁判所のを受けたは同社資産を没収した。2012年1月、同社のドメイン名"righthaven.com"は同社の抱える債務の弁済に充てるため競売に掛けられ、氏名不詳の人物により落札された。Righthaven フレッシュアイペディアより)

  • 荒涼館

    荒涼館から見た訴訟訴訟

    『荒涼館』(こうりょうかん、Bleak House)は、チャールズ・ディケンズの長編小説。1852年3月から1853年9月にかけて、月々20回に分けて分冊のかたちで刊行されたものである。物語の大筋は、ヴィクトリア朝の腐敗した訴訟制度や倒錯した慈善事業、ひいては社会全体を批判的に描いたものである。探偵小説の一面もある。荒涼館 フレッシュアイペディアより)

  • 十六夜日記

    十六夜日記から見た訴訟訴訟

    『十六夜日記』(いざよいにっき)は、藤原為家の側室・阿仏尼によって記された紀行文日記。内容に所領紛争の解決のための訴訟を扱い、また女性の京都から鎌倉への道中の紀行を書くなど他の女流日記とは大きく趣きを異としている。鎌倉時代の所領紛争の実相を当事者の側から伝える資料としても貴重である。一巻。大別すると鎌倉への道中記と鎌倉滞在期の二部構成。弘安6年(1283年)ころ成立か。十六夜日記 フレッシュアイペディアより)

  • Software Freedom Law Center

    Software Freedom Law Centerから見た訴訟訴訟

    2007年から2008年にかけ、SFLCは、原告であるBusyBoxソフトウェアの主要開発者、エリック・アンダーセン(Erik Andersen)とロブ・ランドリー(Rob Landley)の代理人として、BusyBoxの著作権侵害に対する一連の訴状を被告それぞれに送付した。これら訴訟は"GNU General Public Licenseバージョン2"(GPLv2)に対する侵害事例であると主張している。Software Freedom Law Center フレッシュアイペディアより)

  • 保険金殺人

    保険金殺人から見た刑事訴訟訴訟

    刑事訴訟では合理的な疑いを超えて証明されないと無罪判決となる疑わしきは罰せずが原則であるため、事件が殺人罪として有罪にならないこともある。しかし、保険会社が保険金支払いを拒否する一方で犯人が保険金支払いを求めて民事訴訟となった場合、証拠優越が原則の民事訴訟では保険金殺人の可能性を認めて、保険金が下りないことを認める判決が出て、結果として犯人が経済的利益を一切得ることができない事態が発生することがある。保険金殺人 フレッシュアイペディアより)

607件中 91 - 100件表示

「訴訟」のニューストピックワード