848件中 101 - 110件表示
  • レイテッドRKO

    レイテッドRKOから見た訴訟訴訟

    エッジとオートンは、翌週のRAWではフレアーを襲撃し、コンチェアト攻撃を喰らわせ、フレアーを休場に追い込む。実際には、フレアーが離婚訴訟を行い、リングを離れるためのアングルである。レイテッドRKO フレッシュアイペディアより)

  • 三井製薬工業

    三井製薬工業から見た訴訟訴訟

    1976年 カイノスと酵素免疫定量法(EIA法)技術提携契約締結。FH(テガフール:抗がん剤)発売。FHと同剤のフトラフール(大鵬薬品工業)を先に開発したソビエト連邦(現 ロシア共和国)との間で原体製造技術特許係争、東京地裁にFH販売差止仮処分申請と損害賠償訴訟が提訴。1981年まで東京地裁係争、裁判所の和解勧告に従い同年和解成立三井製薬工業 フレッシュアイペディアより)

  • 三井製薬工業

    三井製薬工業から見た提訴訴訟

    1976年 カイノスと酵素免疫定量法(EIA法)技術提携契約締結。FH(テガフール:抗がん剤)発売。FHと同剤のフトラフール(大鵬薬品工業)を先に開発したソビエト連邦(現 ロシア共和国)との間で原体製造技術特許係争、東京地裁にFH販売差止仮処分申請と損害賠償訴訟が提訴。1981年まで東京地裁係争、裁判所の和解勧告に従い同年和解成立三井製薬工業 フレッシュアイペディアより)

  • 当事者適格

    当事者適格から見た訴訟訴訟

    当事者適格(とうじしゃてきかく)とは、個々の訴訟において、当事者として訴訟を追行し、判決などの名宛人となることにより、有効な紛争解決をもたらすことができる地位をいう。当事者適格 フレッシュアイペディアより)

  • 元群馬県警警部補懲戒免職処分取消請求訴訟

    元群馬県警警部補懲戒免職処分取消請求訴訟から見た提訴訴訟

    2008年10月、国と県を相手取って提訴。懲戒免職取消請求と損害賠償請求を合わせた本裁判が前橋地裁で行われる。2010年11月5日結審。2011年3月18日が判決日になると発表された。ところが3月11日の東北地方太平洋沖地震により、5月9日に延期となった。元群馬県警警部補懲戒免職処分取消請求訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 川口孝夫

    川口孝夫から見た訴訟訴訟

    川口道場で2007年6月に、当時12歳の中学校1年生の12歳の男子生徒が、投げ込み練習中に後頭部を強打し、急性硬膜下血腫を起こし死亡する事故があった。この事故を巡り、死亡した中学生の両親は、安全配慮義務を果たしていなかったためだとして、川口道場を相手取り、広島地方裁判所に訴訟を提起。同地裁は2009年8月7日に、原告側勝訴の判決を言い渡した。川口孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 関東地方御用掛

    関東地方御用掛から見た訴訟訴訟

    享保12年に本村の担当が代官荻原と岩手、新田場は野村・小林の両名が新田場経営を担当するという二元的な支配体制になる。新田開発方役人となった野村と小林は、新田場における訴訟・出入、そのほか臨時の要件を扱い、その支配は幕領・私領の区別無く新田場全てに及んだ。2人は家作料・農具料を新田場の農民たちに支給していたが、生産は不安定で年貢の滞納が続いたため、納入するよう厳しい態度で臨んだ。その取り立てに対して農民側は、年貢未納者を匿うなど、村ぐるみで抵抗をした。また、高額の年貢割り付け・土地丈量を行っていない無反別地への年貢賦課などの厳しい年貢増徴方針や家作料の支給制限により、2人は新田場の農民たちから強い反発を買っていた。関東地方御用掛 フレッシュアイペディアより)

  • 相対済令

    相対済令から見た訴訟訴訟

    相対済令(あいたいすましれい)は、日本の江戸時代に出された金公事(金銀貸借関係の訴訟)を幕府は取り上げず、当事者同士で解決(「相対」)することを命じた示談促進法令である。寛文元年(1661年)閏8月27日に初めて出されて以来、貞享2年(1685年)・元禄15年(1702年)閏8月と、数度にわたって発令された。この法令は、民事訴訟増加による刑事訴訟停滞への対処と旗本層の救済をねらったものであった。相対済令 フレッシュアイペディアより)

  • 海難審判

    海難審判から見た訴訟訴訟

    海難審判は刑事裁判ではないので刑罰は科されず、訴訟のように法の解釈(法確定)を行うことができない。また、民事裁判でもないので裁決によって関係者に損害賠償を命ずることもできない。海難審判において審判官は独立してその職務を行う(海難審判法第3条・第4条)。審判の対審と裁決は公開の審判廷で行われる(海難審判法第31条)。海難審判 フレッシュアイペディアより)

  • フィロ・ファーンズワース

    フィロ・ファーンズワースから見た訴訟訴訟

    ファーンズワースはイメージディセクタと呼ばれるテレビカメラの原理を14歳で考案し、最初の機能する試作機を21歳のときに完成させた。農場の息子であった彼がブラウン管を走査線で走査するという発想を得たのは、畑を耕す際の畝の作り方を見てのことだった。1935年、RCAとの特許訴訟で、彼の高校時代の化学教師 Justin Tolman はファーンズワースが14歳のときに黒板に描いた図を再現した。ファーンズワースはその訴訟に勝ち、特許使用料を貰ったが、裕福にはならなかった。撮像管はファーンズワースとツヴォルキンの業績の組合せで開発された機構が、20世紀後半まで全てのテレビカメラの基本となっていた(CCDイメージセンサなどの代替技術が開発されるまで)。フィロ・ファーンズワース フレッシュアイペディアより)

848件中 101 - 110件表示