848件中 111 - 120件表示
  • 雑訴決断所

    雑訴決断所から見た訴訟訴訟

    雑訴決断所(ざっそけつだんじょ)とは、日本の南北朝時代、いわゆる建武の新政期に朝廷に設置された訴訟機関。公家・武家出身者が混在した組織で、主に土地(所領)の相論を扱い、後には後醍醐天皇の綸旨の施行にもあたったが、建武政権の崩壊に伴い、短期間で消滅した。雑訴決断所 フレッシュアイペディアより)

  • 金杜法律事務所

    金杜法律事務所から見た争訟訴訟

    企業法務、金融法務、争訟、知的財産、倒産・事業再生、など主にビジネス関係の国際的及び国内法務を幅広く扱う。金杜法律事務所 フレッシュアイペディアより)

  • 訴訟法

    訴訟法から見た訴訟訴訟

    訴訟法(そしょうほう)とは、訴訟において、実体法を具体的事件の中で適用し事件を解決する手続を定めた法である。なお,訴訟以外の手続も含める場合には手続法と呼ぶ。訴訟法 フレッシュアイペディアより)

  • Blendtec

    Blendtecから見た訴訟訴訟

    2006年2月、競合企業のVitamix社はBlendtec社が自社製品のデザインを複製したと主張し、特許権侵害として訴訟を起こした。しかしユタ州連邦地裁陪審は2011年2月、逆にVitamix社がBlendtec社の特許を侵害したと認定し、Vitamix社に2,400万ドルを支払うよう命じた。Blendtec フレッシュアイペディアより)

  • 地方 (職制)

    地方 (職制)から見た訴訟訴訟

    地方(じかた)とは、室町幕府に置かれていた機関の一つで、京都市中の屋敷地の安堵・訴訟・打渡などを土地に関する行政を扱った。地方 (職制) フレッシュアイペディアより)

  • ファンアート

    ファンアートから見た訴訟訴訟

    米国におけるファンアートの法的な状態には、合衆国著作権法の曖昧さのために微妙な問題がある。一般に、作品を複製したり展示したりする権利はによりその最初の著作者の管理下にある。しかし、以前に創作された作品の設定やキャラクターを使ったファンアートは二次的著作物と考えられ、その著作権は原著作物の著作権者の管理下に置かれる。二次的著作物と考えられるファンアートの展示や頒布は違法である。しかし、合衆国著作権法は二次的著作物がフェアユースの免除規定に該当する場合、その複製、展示および頒布を許容している。一般に、オリジナルに商業的な影響を与えず、非商用目的でなされた大きな作品からの小さな引用はフェアユースと考えられる (各種の状況を勘案する必要はある)。米国の法廷も通常この類型に該当するパロディや一部のファンアートに広い保護を認めている。これは法的なグレーゾーンであり、適法性はしばしば訴訟の判決が下るまで決定できない。ファンアート フレッシュアイペディアより)

  • 坂本敏美

    坂本敏美から見た訴訟訴訟

    この2つの要件を訴状として、坂本は主催者である名古屋市と、ハイセイヒメの調教師を相手取って損害賠償訴訟を起こすも事実上敗訴。和解段階で名古屋市側から見舞金として提示された100万円を手にしたのみであった。坂本敏美 フレッシュアイペディアより)

  • Eclipse Public License

    Eclipse Public Licenseから見た訴訟訴訟

    Eclipse Public License (エクリプスパブリックライセンス、EPL)は、オープンソースのソフトウェアのライセンスの1つで、Eclipse Foundationにより、そのソフトウェアであるEclipseなどのために使用されている。EPLは、IBMのCommon Public License (CPL) の派生であり、特許の訴訟に関するいくつかの用語を変更している。Eclipse Public License フレッシュアイペディアより)

  • 創造韓国党

    創造韓国党から見た訴訟訴訟

    比例代表で当選した李漢正議員は「候補に登録される前に詐欺や恐喝などの前科を公表しなかった」として落選者から起こされた当選無効訴訟で敗訴(12月11日)し、議員職を喪失した。そして、文代表も、李漢正議員から献金を受け取った公職選挙法違反容疑で在宅起訴され、2008年12月5日、ソウル中央地裁で懲役8ヶ月と執行猶予2年の判決を言い渡された。翌2009年10月22日には大法院において原審判決が確定され、文代表は議員職を喪失することとなった創造韓国党 フレッシュアイペディアより)

  • Gpl-violations.org

    Gpl-violations.orgから見た訴訟訴訟

    2006年9月6日、gpl-violations.orgプロジェクトは、netfilter/iptablesを含むLinuxカーネルの一部に対し、不適切かつ著作権の侵害に当たる利用を行っていたとされるDリンクのドイツ法人(D-Link Germany GmbH)に対する法廷闘争で勝利をおさめた。判決は、結果として、ドイツ司法界におけるGPLの正当性とその効力を認める法的な判例として記録されることとなった。Gpl-violations.org フレッシュアイペディアより)

848件中 111 - 120件表示