607件中 21 - 30件表示
  • ジョグジャカルタ原則

    ジョグジャカルタ原則から見た訴訟訴訟

    国家は、(a)民事、刑事の各段階の訴訟並びにその他すべての権利と義務を規定する司法、行政訴訟に於いて性的指向や性自認による偏見を禁じ、撤廃するあらゆる立法的、行政的措置を講じ、証言、弁護、意思決定の信憑性が性的指向や性自認を理由に嫌疑されないことを保証する。(b)性的指向や性自認に関する偏見を動機とした刑事起訴ないし民事訴訟から当事者を保護する必要かつ正当な措置を講じる。(c)裁判官や裁判所の職員、検察官、弁護士に人権に関する国際法規および公平と差別禁止の原則に関する職業訓練や意識向上の課程を実施する。ジョグジャカルタ原則 フレッシュアイペディアより)

  • 国土交通省直轄ダム

    国土交通省直轄ダムから見た訴訟訴訟

    現在施工中のダムとして石狩川水系では夕張シューパロ、新桂沢、三笠ぽんべつの各ダム、天塩川水系では支流名寄川の二次支流であるサンル川にサンルダム、沙流川では支流の額平川に平取ダムがある。このうち夕張シューパロダムは既設大夕張ダムのダム再開発事業であるが、2014年(平成26年)に完成すれば貯水容量で日本最大の直轄ダムとなる。だが夕張シューパロダム以外のダムは国土交通省によるダム事業再検証の対象となり、事業は凍結状態である。またダム事業に対する地元との摩擦については二風谷ダムにおいて萱野茂と貝沢正が起こしたダム建設差し止め訴訟が知られる。ダム建設差し止め自体は却下されたがアイヌ民族の先住性が裁判で認められ、1997年(平成9年)には差別的法律であった北海道旧土人保護法の廃止とアイヌ文化振興法の制定につながった。国土交通省直轄ダム フレッシュアイペディアより)

  • 北米トヨタ自動車セクハラ訴訟事件

    北米トヨタ自動車セクハラ訴訟事件から見た訴訟訴訟

    北米トヨタ自動車セクハラ訴訟事件(ほくべいトヨタじどうしゃセクハラそしょうじけん)は、2006年(平成18年)、北米トヨタ自動車で社長アシスタントを務めていた日本人女性(46歳)が、前年に同社社長(当時)大高英昭(65歳)からセクシャルハラスメント(セクハラ)を受けたとして、同社や同社長などを相手取って総額1億9,000万ドルの損害賠償請求訴訟を起こした事件である。北米トヨタ自動車セクハラ訴訟事件 フレッシュアイペディアより)

  • おしゃぶり訴訟

    おしゃぶり訴訟から見た訴訟訴訟

    おしゃぶり訴訟とは、2006年5月31日、おしゃぶりを3歳まで使い続けたところ、歯列や顎が変形するなど深刻な障害が残ったとして、横浜市の女児と母親がおしゃぶりを販売した大手ベビー用品メーカーコンビに1000万円の損害賠償を求めて東京地裁に起こした訴訟を指して言う。おしゃぶり訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • ウィルソン・ブライアン・キイ

    ウィルソン・ブライアン・キイから見た訴訟訴訟

    1990年にネバダ州リノ裁判所は、サブリミナル・メッセージと2少年の心中(自殺契約)に関する「ジューダス・プリースト事件」を審理して、国際的な注目を集めた。本件の証人にキイが呼ばれたが、ジューダス・プリーストと所属レーベルのCBSに対する訴訟は却下された。ウィルソン・ブライアン・キイ フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・サンガー・メレン

    チャールズ・サンガー・メレンから見た訴訟訴訟

    B&Lはボストン・アンド・メーン鉄道(B&M)にボストンまでの路線をリースすることで収入を得ていた。その経営策がB&Mをして自前でボストンまでの路線を建設させ、そのことについてニューハンプシャー裁判所で争われることになった。B&Lがこの訴訟に敗訴したときには、メレンは社長となっていた。チャールズ・サンガー・メレン フレッシュアイペディアより)

  • 参加

    参加から見た訴訟訴訟

    法律用語で参加とは、訴訟の係属中に第三者がその審判の当事者の一方に加わってその審判手続を追行することである。参加 フレッシュアイペディアより)

  • 医療メディエーター

    医療メディエーターから見た訴訟訴訟

    医療メディエーターの役割は単なる紛争解決や訴訟回避ではなく、事故等をめぐって壊れそうになった患者と医療者間の対話の促進を通じて関係を再構築していくことにある。対話促進といっても、その役割技法は、Harvard Law School で開発された紛争構造の分析手法、対話促進技法など、理論的裏付けをもつものである。もちろん、さらにその背景には、患者の想いや悲嘆に寄り添い、事故の当事者を支えようとする真摯で誠実な姿勢と倫理性が要求される。医療メディエーター フレッシュアイペディアより)

  • 司法的執行の理論

    司法的執行の理論から見た訴訟訴訟

    司法的執行の理論 (しほうてきしっこうのりろん)とは、ある特定の形態の私人間の人権侵害行為が裁判事件になり、裁判所でそれが是認されて司法的に執行されることになる場合には、その執行は違憲の国家行為になると考え、司法の介入を拒否することによって私的行為を憲法で抑制するものだとする見解である。司法的執行の理論 フレッシュアイペディアより)

  • ヘイ犴

    ヘイ犴から見た訴訟訴訟

    狴犴(へいかん、げいかん、拼音:Bì'àn)は、竜生九子の内のひとつ。憲章ともよばれる。姿は老いた虎に似ていて威力があり、訴訟を好む。故に監獄の扉や、官庁の正面の広間の両側の格子窓の意匠となり、監獄の異称となった。ヘイ犴 フレッシュアイペディアより)

607件中 21 - 30件表示

「訴訟」のニューストピックワード