848件中 21 - 30件表示
  • 企業法務

    企業法務から見た訴訟訴訟

    但し、狭義の法務部の担当は、契約書の審査、企業に関する紛争解決(訴訟や仲裁など)や企業刑事法務とされ、企業法務 フレッシュアイペディアより)

  • 世界抗日戦争史実維護連合会

    世界抗日戦争史実維護連合会から見た訴訟訴訟

    このほか、サンフランシスコに本部を置く国際NGO「アジアでの第二次世界大戦の歴史を保存するための地球同盟」や、在米韓国・中国人からなる反日団体の「ワシントン慰安婦問題連合Inc (Washington Coalition for Comfort Women Issues Inc.)」なども集団訴訟を支援した。ワシントン慰安婦問題連合は1992年12月に結成され、2000年12月の東京での女性国際戦犯法廷にも関わり、また抗日戦争史実維護会と同じく『ザ・レイプ・オブ・南京』の宣伝販売を支援した。古森義久は、これらの反日組織は日本の戦争犯罪を誇張し、日本の賠償や謝罪の実績をなかったことして非難を続けるとした。さらに対日攻撃の手段が米国での訴訟やプロパガンダであり、慰安婦問題訴訟はその典型であり、「米国での日本糾弾は超大国の米国が国際世論の場に近いことや、日本側が同盟国の米国での判断やイメージを最も気にかけることを熟知したうえでの戦術だろう」と評している。集団訴訟の原告側の弁護士は2001年春に上海で開かれた慰安婦問題シンポジウムに参加している。世界抗日戦争史実維護連合会 フレッシュアイペディアより)

  • 追っかけ

    追っかけから見た訴訟訴訟

    1996年には鹿砦社より「追っかけ」をする者による情報がまとめられた『ジャニーズおっかけマップ』が刊行され、1996年を第一弾として毎年出しシリーズ化した。この "おっかけマップシリーズ"には女子アナ・阪神タイガースのものもあり、タレントの詳細な住所を掲載したことから訴訟にまで発展し、発禁処分となった。同出版社の「タカラヅカおっかけマップ」もまた訴訟となった。追っかけ フレッシュアイペディアより)

  • 根津公子

    根津公子から見た訴訟訴訟

    1999年3月、八王子市立石川中学校の家庭科の授業で、国旗及び国歌に関する法律はオウム真理教のマインドコントロールと同じであるというプリントを配布し、校長の学校運営を批判したことにより、訓告処分。(この処分に対しては、2001年に「教育行政の教育現場への不当介入」として訴訟を起こすが、2004年5月に敗訴)根津公子 フレッシュアイペディアより)

  • 非訟事件

    非訟事件から見た訴訟訴訟

    紛争性が高い非訟事件のことである。後述のように、紛争性が高いがゆえに訴訟との区別が問題となる。非訟事件 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋敬之

    土屋敬之から見た訴訟訴訟

    2006年6月、「新しい歴史教科書をつくる会」から八木秀次が袂を分って設立した「日本教育再生機構」に参加、発起人を務める。他に民社人権会議専門委員。同年10月24日には東京地裁の「君が代・日の丸崇敬の強制は教育委員会の裁量権逸脱」判決を批判し、訴訟を担当した裁判長罷免を求める旨集会を呼びかけた(→国旗及び国歌に関する法律)。土屋敬之 フレッシュアイペディアより)

  • ジョグジャカルタ原則

    ジョグジャカルタ原則から見た訴訟訴訟

    国家は、(a)民事、刑事の各段階の訴訟並びにその他すべての権利と義務を規定する司法、行政訴訟に於いて性的指向や性同一性による偏見を禁じ、撤廃するあらゆる立法的、行政的措置を講じ、証言、弁護、意思決定の信憑性が性的指向や性同一性を理由に嫌疑されないことを保証する。(b)性的指向や性同一性に関する偏見を動機とした刑事起訴ないし民事訴訟から当事者を保護する必要かつ正当な措置を講じる。(c)裁判官や裁判所の職員、検察官、弁護士に人権に関する国際法規および公平と差別禁止の原則に関する職業訓練や意識向上の課程を実施する。ジョグジャカルタ原則 フレッシュアイペディアより)

  • 又市征治

    又市征治から見た訴訟訴訟

    幹事長時代には、政党交付金の激減による財政難から党の財政と運営を見直すために創設された党改革推進委員会委員長を兼任。33人の党本部職員のうち、9人を指名解雇するリストラ方針を決めた。これらの人員整理の手腕から、党内の一部で、「人切り又市」と呼ばれた。又市は「どこかの会社と一緒にして『解雇』と大々的に宣伝されるのは心外だ。党員に事情をよく説明し、人件費削減への協力をお願いしている」と語った。これを不服として、対象者の内3名が原告となり、解雇撤回を求めて訴訟が起こされた。一審では原告側が敗訴したが、控訴審では原告3名の内1名が訴えの一部を認められ、後に金銭和解が成立(2008年1月東京高裁)した。残る2名の原告は上告したが、2008年2月1日、最高裁が上告を棄却し、社民党の主張がほぼ全面的に認められ、原告側の敗訴が確定した。又市征治 フレッシュアイペディアより)

  • 判例

    判例から見た訴訟訴訟

    判例は、「先例」としての重み付けがなされ、それ以後の判決に拘束力を持ち、影響を及ぼす。その根拠としては、「法の公平性維持」が挙げられる。つまり、「同類・同系統の訴訟・事件に対して、裁判官によって判決が異なることは不公平である」という考え方である。なお、同類、同系統の事例に対して同様の判決が繰り返されて積み重なっていくと、その後の裁判に対する拘束力が一層強まり、不文法の一種である「判例法」を形成することになる。判例 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊文春

    週刊文春から見た訴訟訴訟

    2004年に鈴木洋嗣が編集長に就任して以来、政治経済分野の調査報道よりも芸能スポーツ界のスキャンダルを取り上げるケースが多くなった。同時に、これまで同誌を支えてきた専属契約記者が相次いで退社し、殺人事件担当の森下香枝と官庁担当の川村昌代が朝日新聞へ、『噂の眞相』出身で公安事件のエキスパートの西岡研介が『週刊現代』に移籍した。エイチ・エス証券副社長・野口英昭の自殺を巡る報道や読売新聞との批判合戦など、名誉毀損の訴訟で敗訴あるいは原告有利の条件で和解するケースが多くなっている。週刊文春 フレッシュアイペディアより)

848件中 21 - 30件表示