607件中 31 - 40件表示
  • 礼銭

    礼銭から見た訴訟訴訟

    礼銭(れいせん)とは、本来は室町幕府において征夷大将軍の任命などの祝い事の際に守護大名や寺社などから献上された祝い金のこと。物品で献上される場合には礼物(れいもつ)と呼ばれる。後には一献料(いっこんりょう)・酒肴料(しゅこうりょう)とも呼ばれて、官職や訴訟における有利な判決と引き換えに謝礼として室町幕府や朝廷、守護大名、あるいはそれらに仕える役人達に対して献上される金品を指した。礼銭 フレッシュアイペディアより)

  • 渉外弁護士

    渉外弁護士から見た訴訟訴訟

    その担当業務分野は、企業法務(コーポレート)、金融法務(ファイナンス)、知的財産権、紛争処理(訴訟手続や仲裁手続)、倒産・事業再生(法的又は私的な清算や再建)などに分けられるが、明確な区分はない。渉外弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 殿山ダム

    殿山ダムから見た訴訟訴訟

    殿山ダム完成後も、当地は何度か台風による集中豪雨に襲われ、そのうち何度か流域に水害をもたらしている。1958年(昭和33年)8月、台風17号による洪水により死傷者は23名、流失もしくは全・半壊した家屋は合わせて380戸に上った。このとき殿山ダムは洪水吐ゲート全門を開放しており、行き過ぎた放流が水害の原因ではないかと社会問題化した。また、1990年(平成2年)および1997年(平成9年)の水害に対しては、被害に見舞われた流域住民が殿山ダムを管理する関西電力、そして日置川を管理する和歌山県を相手取り、損害賠償をめぐって訴訟を起こす事態になった。裁判では原告側の敗訴という結果となっているが、このように水害の度に殿山ダムの責任を問う声が上がるのは、殿山ダムが日置川水系唯一のダムであるためでもあり、関西電力も殿山ダムの改修や運用の見直しを行っている。殿山ダム フレッシュアイペディアより)

  • ベビーM事件

    ベビーM事件から見た訴訟訴訟

    1988年 - ニュージャージー州最高裁にて代理母契約を無効とする判決がでる。通常の離婚訴訟に準じる扱いがなされ、父親を A 氏、母親を B さんとして親権を A 氏に認め、B さんには訪問権が認められた。ベビーM事件 フレッシュアイペディアより)

  • 行為

    行為から見た訴訟訴訟

    当事者が訴訟上の効果を取得するためにおこなう行為を訴訟行為という。行為 フレッシュアイペディアより)

  • 佐治重貞

    佐治重貞から見た訴訟訴訟

    承安4年(1174年)に佐治道貞の子として生まれる。幼名を刀寿丸といい、父から佐治郷を譲られるも幼少であったため、兄の曳田康貞がその所職を代行した。その後、元服し鎌倉御家人となった重貞は郷司職の返還を兄に対して求めるも、いっこうに返還されないばかりか、兄の康貞は実子に所職を譲度してしまったため、訴訟を起こして争っていた。建暦3年(1213年)5月、当時40歳であった重貞は、和田合戦において北条義時方について功を為し、ようやく同年11月に佐治郷司並びに地頭職に補任された。この後、重貞の子孫は百数十年間に渡って佐治郷の支配を行った。佐治重貞 フレッシュアイペディアより)

  • 曳田康貞

    曳田康貞から見た訴訟訴訟

    平安時代末期に因幡国の豪族の佐治道貞の子として生まれた。理由は不明だが父の知行する佐治郷の郷司職を継がず、八上郡曳田郷に所領を持ち、在地名の「曳田」を姓に名乗った。佐治郷を継承した弟の佐治重貞は当時幼少であったため、康貞が長らく佐治郷司職の代行をしていたが、弟の成人後も所職を返還せず、実子の重久に譲渡してしまったために鎌倉幕府に訴えられた。建暦3年(1213年)11月、争っていた重貞が和田合戦で功を為したのが後押しとなり、訴訟に敗れ、所職を返還した。この後、史料上からは康貞を含む曳田一族の名を確認することはできないため、訴訟に敗れた後、衰退した可能性がある。曳田康貞 フレッシュアイペディアより)

  • 八山裁判

    八山裁判から見た訴訟事件訴訟

    八山裁判(はちやまさいばん)とは、昭和後期に、宮城県蔵王町宮財産区との土地売買契約を巡り、東京の丸尾商事株式会社が起こした訴訟事件である。宮財産区損害賠償請求訴訟事件とも。八山裁判 フレッシュアイペディアより)

  • あさひ法律事務所

    あさひ法律事務所から見た訴訟訴訟

    いわゆる渉外事務所である桝田江尻法律事務と訴訟など国内案件を中心とする東京八重洲法律事務所が統合して設立された。前者を国際部門とし、後者を国内部門とする部門制であり、両者の関係はいわば「連邦制」のようなものであった。「四大法律事務所」に次ぐ規模・名声を有する法律事務所として、時として「五大法律事務所」とも言われていた。これが、やはり渉外事務所である小松・狛・西川法律事務所と統合し、あさひ・狛法律事務所となった。あさひ法律事務所 フレッシュアイペディアより)

  • 迅速な裁判

    迅速な裁判から見た刑事訴訟訴訟

    迅速な裁判(じんそくなさいばん)とは、刑事訴訟において訴訟活動を迅速に行なう裁判を言う。日本国憲法では、第37条第1項にこれを受けることが被告人の権利として定められている。迅速な裁判 フレッシュアイペディアより)

607件中 31 - 40件表示

「訴訟」のニューストピックワード