848件中 31 - 40件表示
  • 仙谷由人

    仙谷由人から見た訴訟訴訟

    2010年10月18日午後に行われた参院決算委員会で、尖閣諸島中国漁船衝突事件について自民党参議院議員丸山和也と電話でやりとりをしたことについての問いに、「最近、健忘症にかかっているのか分からないが、そういう電話で暴露されたような会話をした記憶は全くない」と答えた。その後、マスコミのインタビューで仙谷が丸山の発言を「いい加減な人のいい加減な発言だから」と語っていることに関して丸山は「健忘症と言いその場で反論をせず逃げた男が、後になってけしからん。これについてはけじめをつけようと思っている。」と反論している。11月30日、丸山は仙谷と国に対し計3千万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に提訴し、仙谷を侮辱容疑で東京地検に告訴した。2011年7月12日、東京地検は嫌疑不十分につき不起訴とした。2012年9月11日、東京地裁は丸山の請求を棄却した。仙谷由人 フレッシュアイペディアより)

  • 北村晴男

    北村晴男から見た訴訟訴訟

    弁護士としては、主に一般民事(保険法・交通事故・債権回収・医療過誤など)を専門としている。特に生命保険に関する訴訟では高い評価を得ている。ジャックスのドメイン訴訟では、原告のジャックス側代理人(弁護団)の一人として関与した。この他には、プロ野球・北海道日本ハムファイターズ所属の武田久の代理人、大相撲八百長問題に関与して解雇処分とされた星風の弁護人、日本ボクシングコミッションの男性職員が、プロボクサーの亀田興毅・和毅らに会場内に監禁されたとして亀田兄弟を訴えた民事訴訟における亀田側の代理人を務めた。北村晴男 フレッシュアイペディアより)

  • 橋下 徹

    橋下徹から見た訴訟訴訟

    学生ビジネスで不渡手形をつかまされ、訴訟を起こすといった経験をきっかけに、法律家を目指すようになった。早稲田大学政治経済学部を卒業した1994年に司法試験に合格。橋下徹 フレッシュアイペディアより)

  • 親韓

    親韓から見た訴訟訴訟

    福島瑞穂議員は弁護士時代から慰安婦問題に積極的に取り組んでいる。アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件を担当した弁護士の一人であり、慰安婦問題については早期から、問題の周知に大きな役割を担った。高木健一らと共に韓国で賠償訴訟の原告となる元慰安婦を募集し、慰安婦募集の強制性を認めた1993年(平成5年)8月の河野談話の根拠となった日本政府による韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査にオブザーバー参加したことが報じられている。親韓 フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛県警察

    愛媛県警察から見た訴訟訴訟

    県警捜査費不正流用事件、不当人事訴訟。2004年5月、大洲警察署の元会計課長が内部資料をもとに裏金問題を告発した。しかし県警は内部調査の結果、個人的な利得には使われておらず不正ではないなどとして幕引きを図ろうとした。翌2005年1月には裏金の存在を告発した鉄道警察隊の仙波敏郎巡査部長が左遷のために新設された「通信指令室付」に異動させられ人事委員会に審査申し立て、及び提訴した。審査・訴訟共に仙波の申し立てが認められた。一方で、仙波は引退後も退職警官の団体「警友会」から理由を示さないまま入会を拒否されている。愛媛県警察 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本

    2011年の日本から見た訴訟訴訟

    第22回参院選での「一票の格差」をめぐる訴訟で、福岡高裁が3件目の違憲、大阪高裁は違憲状態の判断する。2011年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 朝青龍明徳

    朝青龍明徳から見た訴訟訴訟

    同年8月20日にはモンゴル国営テレビ総裁ナランバータルを公衆の面前で殴り、警察に逮捕され2日間拘留された。30日朝には兄スミヤバザルが身元保証人として警察を訪れ、保釈された。ナランバータルは6月26日にダグワドルジから、兄スミヤバザルをテレビ演説させてほしいと依頼されたが国政選挙の期間中で禁じられているため断った。これに腹を立てたダグワドルジが、20日のエスンズイル村記念祭の時に公衆の面前で殴ったという。ナランバータルからは訴訟を起こされ、今後は裁判で争っていくことになる。これを報じたニッカンスポーツは同月24日の報道で逮捕の事実を明らかにせず、警察沙汰にしない模様と報じていた。朝青龍明徳 フレッシュアイペディアより)

  • コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

    コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-から見た訴訟訴訟

    人一倍プライドが高く競争心が強いためやや傲慢なところもあるが、根は世話焼きで心優しいので、疎まれることはあっても本当に嫌われることはない。その反面、情に脆いところがあり、その性格が災いして後述の訴訟騒動を引き起こしてしまう。人の話を聞く時は、腕組み・足組みする事が多い。おにぎりは基本的に梅を食べ、前日の食べかけも気にせず食べる。また服や物を平気で部屋一面散らかし放題にしたままにするなど整理整頓には無頓着。食事の際に白石とよく同じテーブルで話している。コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- フレッシュアイペディアより)

  • ヘイ犴

    ヘイ犴から見た訴訟訴訟

    狴犴(へいかん、げいかん、拼音:Bì'àn)は、竜生九子の内のひとつ。憲章ともよばれる。姿は老いた虎に似ていて威力があり、訴訟を好む。故に監獄の扉や、官庁の正面の広間の両側の格子窓の意匠となり、監獄の異称となった。ヘイ犴 フレッシュアイペディアより)

  • 殿山ダム

    殿山ダムから見た訴訟訴訟

    殿山ダム完成後も、当地は何度か台風による集中豪雨に襲われ、そのうち何度か流域に水害をもたらしている。1958年(昭和33年)8月、台風17号による洪水により死傷者は23名、流失もしくは全・半壊した家屋は合わせて380戸に上った。このとき殿山ダムは洪水吐ゲート全門を開放しており、行き過ぎた放流が水害の原因ではないかと社会問題化した。また、1990年(平成2年)および1997年(平成9年)の水害に対しては、被害に見舞われた流域住民が殿山ダムを管理する関西電力、そして日置川を管理する和歌山県を相手取り、損害賠償をめぐって訴訟を起こす事態になった。裁判では原告側の敗訴という結果となっているが、このように水害の度に殿山ダムの責任を問う声が上がるのは、殿山ダムが日置川水系唯一のダムであるためでもあり、関西電力も殿山ダムの改修や運用の見直しを行っている。殿山ダム フレッシュアイペディアより)

848件中 31 - 40件表示

「訴訟」のニューストピックワード