848件中 41 - 50件表示
  • 八山裁判

    八山裁判から見た訴訟事件訴訟

    八山裁判(はちやまさいばん)とは、昭和後期に、宮城県蔵王町宮財産区との土地売買契約を巡り、東京の丸尾商事株式会社が起こした訴訟事件である。宮財産区損害賠償請求訴訟事件とも。八山裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 反証 (法律)

    反証 (法律)から見た訴訟訴訟

    反証(はんしょう)とは、訴訟の相手方の当事者が、証明責任を負う事実を証明するために、裁判において提出する証拠のことである。証明責任を負う当事者による本証の対義語であり、反対事実の証明という意味ではない点に注意する必要がある。反証 (法律) フレッシュアイペディアより)

  • 交通権学会

    交通権学会から見た訴訟訴訟

    重度の身体障害者達による移動の自由を求める運動、私的なモータリーゼーション政策への批判的研究と運動成果を継承しつつ、1980年代の「国鉄分割民営化」の理論的探究から生まれた交通権の思想に基づき、日本で初めての本格的交通権訴訟となった「和歌山線格差運賃返還請求事件訴訟」を初めとして、交通権に係わる数々の課題に取り組む他、21世紀のあるべき交通の姿を示した「交通憲章」草案を作成するなどの活動に取り組んでいる。交通権学会 フレッシュアイペディアより)

  • 八宗体制論

    八宗体制論から見た訴訟訴訟

    奏状は全9条から成り、その第9条には「仏法王法なお身心のごとし、互いにその安否をみ、宜しくかの盛衰を知るべし」と記されている。ここでいう「仏法」とは伝統八宗の説く仏法であり、『興福寺奏状』には。そのような仏法と公家政権による王法とが並び立ち、たがいに支え合うことで共存共栄を図ることができると説く論理がみられる。田村によれば、八宗同心の訴訟が寄せられる公家政権は、結局のところ律令国家の系譜に連なる古代国家なのであり、それゆえ、国家との相互補完的な関係を根拠に勅許(天皇の認可)を立宗における不可欠の条件とする『興福寺奏状』の論理は、逆言すれば、八宗体制の古代的な性格を示すものにほかならなかったのである。八宗体制論 フレッシュアイペディアより)

  • 国の利害に関係のある訴訟についての法務大臣の権限等に関する法律

    国の利害に関係のある訴訟についての法務大臣の権限等に関する法律から見た訴訟訴訟

    国の利害に関係のある訴訟についての法務大臣の権限等に関する法律(くにのりがいにかんけいのあるそしょうについてのほうむだいじんのけんげんとうにかんするほうりつ、昭和22年法律第194号)は、国に利害関係のある訴訟について、法務大臣が国を代表することなどを定める日本の法律である。略称として法務大臣権限法と言われることがある。1947年12月17日公布、翌1948年2月15日施行(法務庁の設置と同時)。国の利害に関係のある訴訟についての法務大臣の権限等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 争点訴訟

    争点訴訟から見た訴訟訴訟

    争点訴訟(そうてんそしょう)とは、日本の行政事件訴訟法に規定がある訴訟の一類型であり、私法上の法律関係に関する訴訟であって、処分若しくは裁決の存否、又は処分若しくは裁決の効力の有無が争われているものをいう(同法45条1項)。同項の見出しが「処分の効力等を争点とする訴訟」であることから、争点訴訟と略称される。争点訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 原発訴訟

    原発訴訟から見た訴訟訴訟

    原発訴訟(げんぱつそしょう)とは、原子力発電所の安全性や人体・環境への影響をめぐって争われる訴訟の総称、一般呼称。原子炉の設置許可取り消し、建設差し止め、運転差し止め、あるいは、作業員・住民の健康被害の賠償が請求の原因とされる場合が多い。原発訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 期日

    期日から見た訴訟訴訟

    訴訟法において期日とは裁判所、当事者などの訴訟関係人が、訴訟を起こすために指定された時間をいう。これらは、裁判長が指定した日時から開始される。なお民事訴訟法では期日の変更や続行、延期の要件が厳重に定められている。期日 フレッシュアイペディアより)

  • 金融整理管財人

    金融整理管財人から見た訴訟訴訟

    例えば、会社更生法の会社更生手続における管財人の場合は、更生会社に代わって事業の経営並びに財産の管理及び処分をする権利を得るが、訴訟では自らが当事者となる(法定訴訟担当)。民事再生法の再生手続における管財人や、破産手続における破産管財人も同様である。金融整理管財人 フレッシュアイペディアより)

  • 押書

    押書から見た訴訟訴訟

    特殊な押書として懸物押書(かけものあっしょ/かけものおうしょ)・懸物状(かけものじょう)と呼ばれるもので、所領などの土地争いの訴訟に際して訴人(原告)と論人(被告)の間で負けた方は勝った方(または同人が指定する相手)に対して土地の権利を放棄する旨の約束を交わして訴訟機関に提出するものである。これは裁決に不服を抱いた側が再び訴えを起こすことを防止するためのものであった。押書 フレッシュアイペディアより)

848件中 41 - 50件表示