607件中 51 - 60件表示
  • 終局判決

    終局判決から見た刑事訴訟訴訟

    終局判決(しゅうきょくはんけつ)とは、特に民事訴訟において、その審級における訴訟係属を終結させる判決をいう。刑事訴訟における判決は常に終局判決である。下級審の下した終局判決には法定の上訴期間内に上訴をすることができるのが通常である。終局判決 フレッシュアイペディアより)

  • 小鮎川

    小鮎川から見た訴訟訴訟

    江戸時代には用水として利用され、妻田村に田村用水の取水口があった。文化4年(1807年)には水車による鮎漁の妨害に関して訴訟があり、飯山村(現・厚木市)は年間を通じて水車の稼働が認められ、煤ヶ谷村(現・清川村)は飯山村内の字向堰までの区間で鮎漁が認められた。小鮎川 フレッシュアイペディアより)

  • 出し平ダム

    出し平ダムから見た訴訟訴訟

    出し平ダムが貯水を開始して6年目にあたる平成3年12月、第1回排砂放流が行われた。本格的な排砂ゲートを装備したダムとしては出し平ダムが初めてであり、運用ノウハウが無かったために生物の活動が少なくなる冬に排砂するのが良いと考えたようである。しかし排砂放流を行ってみると、6年間湖底に積もった土砂は中に含まれている落ち葉や木片などの有機物が湖底の嫌気性環境で腐敗変質していたためヘドロ様の土砂が排出されることになった。そして冬は渇水期のために薄める河川水も乏しい状態でヘドロが海まで流れて長時間滞留し、漁業被害を起こしたと見られる。そのため関西電力株式会社と地元漁業協同組合との間で公害訴訟が起きた(なお、現在は富山地裁から公害の原因の究明の嘱託を受けた公害等調整委員会において審理が進められている)。一審の富山地裁は、関西電力に対し原告に約2,700万円を支払うよう命じた。原告と関電の双方が控訴していたが、2011年4月5日に名古屋高裁で、原告・被告双方の間で和解が成立した。出し平ダム フレッシュアイペディアより)

  • ケネウィック人

    ケネウィック人から見た訴訟訴訟

    そこで9300年前の人骨であり、なおかつ現在知られるネイティブ・アメリカンに属さないという説が発表されると、地元の先住民部族であるウマティラ族の代表が訴訟(研究を中止し埋葬する)を起こした。ネイティブ・アメリカンの文化を尊重し、開拓時代以前の人骨は彼らの流儀で埋葬しなければならない法律があったためである。調査を請け負っていたチャターズ博士は遺骨を安全に搬送するよう州軍に依頼するが、事なかれ主義の州軍は骨の引渡しを拒否し、発掘現場周辺を土砂で埋め立ててしまった。しかし、裁判所は原告の主張を退け、研究の続行を許可した。ケネウィック人 フレッシュアイペディアより)

  • 交差請求

    交差請求から見た訴訟訴訟

    に拠ると、この規定はRule 13(g)に成文化されている。連邦規則では交差請求は元の法域の事項と関連がある場合有効である。有効な法域は訴訟において提起された事項となる同一の取引または事故に起因するものか否かの判断により決定される。交差請求 フレッシュアイペディアより)

  • 精密司法

    精密司法から見た刑事訴訟訴訟

    精密司法(せいみつしほう)とは日本における刑事訴訟の運用を指す用語で、犯罪の態様・結果・動機等を細部にわたって解明し認定しようとする運用を指す。精密司法 フレッシュアイペディアより)

  • シニアカー

    シニアカーから見た訴訟訴訟

    道路交通法上は「歩行者」に分類されるため、シニアカーと歩行者との衝突事故があっても、交通事故ではないとされ、加害例が把握しにくい。また、シニアカーに衝突され負傷し、後遺症が残ったとして、損害賠償訴訟に発展している例もある。シニアカー フレッシュアイペディアより)

  • 社会的責任を考えるコンピュータ専門家の会

    社会的責任を考えるコンピュータ専門家の会から見た訴訟訴訟

    コンピュータ技術に関わる訴訟についてのオンラインでの意見交換。社会的責任を考えるコンピュータ専門家の会 フレッシュアイペディアより)

  • 佐治氏

    佐治氏から見た訴訟訴訟

    本姓を尾張氏といい、八上郡司の尾張氏の一族で代々、佐治郷司を務めていた。初代を佐治四郎道貞といい、佐治郷の在地領主として佐治谷の本格的な開発を行った。在地名の「佐治」を苗字として名乗るようになった佐治氏は、佐治重貞の代に鎌倉幕府御家人の地位を得て、佐治郷地頭に任じられた。佐治氏は佐治川を境に「北方」と「南方」と呼ばれる行政区分を設けて佐治郷の支配を行った。鎌倉時代後期になると分割相続による所領の細分化が進行したため、所領を巡る一族内の争いによって内紛状態が起こっていたが、訴訟などを通して事態の収拾が図られた。鎌倉幕府滅亡後は南朝に属していたが、建武3年(1336年)の湊川の戦いの後、北朝に帰順したため本領が安堵された。文和4年(1355年)の神南合戦には山名時氏傘下の国人として「佐治但馬守」の名が見えるが、応仁・文明の乱以後、佐治氏は史料上に現れなくなり、江戸時代には小泉友賢によって「書籍ニモ載ラズ、言ヒ伝ヘモ無ケレバ、何ノ武士タル事モ考ヘ難シ」(『因幡民談記』)と記されている。現在、佐治氏関係の文書としては因幡民談記所収の「加勢木村百姓某所有文書」と「弁官補任紙背文書」(東洋文庫所蔵)などが知られている。佐治氏 フレッシュアイペディアより)

  • 反証 (法律)

    反証 (法律)から見た訴訟訴訟

    反証(はんしょう)とは、訴訟の相手方の当事者が、証明責任を負う事実を証明するために、裁判において提出する証拠のことである。証明責任を負う当事者による本証の対義語であり、反対事実の証明という意味ではない点に注意する必要がある。反証 (法律) フレッシュアイペディアより)

607件中 51 - 60件表示

「訴訟」のニューストピックワード