848件中 61 - 70件表示
  • 汚染者負担原則

    汚染者負担原則から見た提訴訴訟

    三菱瓦斯化学とは、すでに第一次処分である汚染土壌の掘削除去に係る費用負担について訴訟があり、今回の提訴は、掘削除去した土壌の無害化処理に係る費用負担を求める第二次の処分の取消しを求めるもの。汚染者負担原則 フレッシュアイペディアより)

  • 万民法

    万民法から見た訴訟訴訟

    原則的にはローマでは属人主義が採用されていたため、ローマの市民法の規定が外国人に規定されることがなかった。ところが、ローマと他国では法体系も法慣習も異なるためにさまざまな問題も生じるようになった。特にローマの市民法は厳格な要件を満たさないと契約や訴訟は無効とされてしまうために、裁判の相手がローマ市民でローマ市民法による裁判を要求してきた場合には、これに通じていない外国人が不利益を蒙ることになった。さらにローマの領域内で発生した外国人同士による法的問題に対してローマの法廷がどうやって対処すべきかという問題も生じるようになった。万民法 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原幸助

    菅原幸助から見た訴訟訴訟

    2002年(平成14年) - 中国残留孤児国家賠償兵庫訴訟においては原告を務める。菅原幸助 フレッシュアイペディアより)

  • 附帯私訴

    附帯私訴から見た訴え訴訟

    附帯私訴(ふたいしそ、付帯私訴)とは、刑事事件で検察官が公訴を提起した場合に、当該犯罪の被害者が、刑事被告人に対する民事上の損害賠償を求める訴えを、公訴を審理する刑事裁判所に附帯して提起する制度である。附帯私訴 フレッシュアイペディアより)

  • 公示送達

    公示送達から見た訴訟訴訟

    訴訟事件・競売事件などでは、手続き上、債務者又は所有者に送られる文書が本人に送達されることが必要となるが、行方不明のため不送達になったときは、係争裁判所・競売の執行裁判所に対して公示送達の申立を行う。裁判所に一定期間掲示されて、送達されたものとみなされる。公示送達 フレッシュアイペディアより)

  • グローバルトリニティー

    グローバルトリニティーから見た訴訟訴訟

    2008年6月24日、消費者支援機構関西は運営会社であるフォートレスジャパンに対し、不当な勧誘を止めるよう申し入れ文書を送付した。改善する姿勢が見られない場合、消費者団体訴訟制度に基づいて不当な行為を止めるよう、差止請求訴訟を提起するとしている。グローバルトリニティー フレッシュアイペディアより)

  • グローバルトリニティー

    グローバルトリニティーから見た提訴訴訟

    2008年8月26日、消費者支援機構関西は不当勧誘の改善が見られないとしてフォートレス社を相手取り、消費者団体訴訟を大阪地裁に提起した。消費者支援機構関西によると、同機構は2006年5月から3回に渡り改善を求める申し入れを行ってきたが、2008年8月4日のフォートレス社からの回答では「問題の起きない営業を行っている」との文言があり、今後も不当勧誘が恐れがあるとして提訴に踏み切ったとしている。グローバルトリニティー フレッシュアイペディアより)

  • 司法的執行の理論

    司法的執行の理論から見た訴訟訴訟

    司法的執行の理論 (しほうてきしっこうのりろん)とは、ある特定の形態の私人間の人権侵害行為が裁判事件になり、裁判所でそれが是認されて司法的に執行されることになる場合には、その執行は違憲の国家行為になると考え、司法の介入を拒否することによって私的行為を憲法で抑制するものだとする見解である。司法的執行の理論 フレッシュアイペディアより)

  • 交差請求

    交差請求から見た訴訟訴訟

    に拠ると、この規定はRule 13(g)に成文化されている。連邦規則では交差請求は元の法域の事項と関連がある場合有効である。有効な法域は訴訟において提起された事項となる同一の取引または事故に起因するものか否かの判断により決定される。交差請求 フレッシュアイペディアより)

  • 和与

    和与から見た訴訟訴訟

    和与(わよ)とは、古代・中世日本における法律用語の1つ。本来は贈与の意味であったが、鎌倉時代初め頃より(訴訟における)和解という意味も持つようになり、中世を通じて両方の意味で用いられていた。和与 フレッシュアイペディアより)

848件中 61 - 70件表示

「訴訟」のニューストピックワード