607件中 61 - 70件表示
  • 堀木訴訟

    堀木訴訟から見た訴訟訴訟

    堀木訴訟(ほりきそしょう)は、障害福祉年金と児童扶養手当の併給禁止規定の合憲性が争われた日本における訴訟である。原告の姓から堀木訴訟と称されている。堀木訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 共産党袴田事件

    共産党袴田事件から見た訴訟訴訟

    共産党袴田事件(きょうさんとうはかまだじけん)とは、日本共産党が、除名した党員(袴田里見)に対し、党所有の家屋の明け渡しを求めた訴訟。共産党除名処分事件などとも言う。除名処分という政党の内部審査は司法審査に馴染むかが争点となった。共産党袴田事件 フレッシュアイペディアより)

  • 中村直人 (弁護士)

    中村直人 (弁護士)から見た訴訟訴訟

    M&Aや一般企業法務、コンプライアンスなどの企業法務と企業関係の訴訟法務において著名。森綜合法律事務所から久保利英明および菊池伸とともに分離して日比谷パーク法律事務所を開設したが、さらに分離して個人事務所(中村直人法律事務所)を開設した。その後、角田大憲および松本真輔をパートナーに迎えて現在に至る。中村直人 (弁護士) フレッシュアイペディアより)

  • サイバー・ノーガード戦法

    サイバー・ノーガード戦法から見た訴訟訴訟

    これと同時にハニーポットではないが、不正アクセスなどでコンピュータ運営側が不利益を被ったときは、相手に威力業務妨害や不正アクセスで訴訟を行う事で、損害を賠償させる事ができる。当然損害賠償で勝ち取った分だけ収入も発生する。更には保険に加入しておけば、保険金を受け取る事も可能である。サイバー・ノーガード戦法 フレッシュアイペディアより)

  • クリーンルーム設計

    クリーンルーム設計から見た訴訟訴訟

    IBM PCのBIOSをクリーンルーム設計によって実装し、その互換機を生み出したコロンビア・データ・プロダクツ(:en:Columbia Data Products)の例が有名である。他には、Apple IIのROMを模倣したVTech(:en:VTech)のLaser 128(:en:Laser 128)がある。この機種は、アップルによる訴訟攻撃を生き抜いた唯一のApple II互換機である。クリーンルーム設計 フレッシュアイペディアより)

  • ロールス・ロイス ニーン

    ロールス・ロイス ニーンから見た訴訟訴訟

    また、ソ連の友好国の中華人民共和国では VK-1F のコピー品である 渦噴5型(WP-5) の製造が無許可で続けられ、中国版MiG-17であるJ-5系列に搭載された。このためロールス・ロイス社は中ソ両国政府に対し、過去に遡ってライセンス料の支払いを求める訴訟をロンドンで提起したが、無視されたままに終わっている。ロールス・ロイス ニーン フレッシュアイペディアより)

  • 損失補填

    損失補填から見た訴訟訴訟

    損失補填を行うことを決定した取締役らが商法上の善管注意義務及び忠実義務違反の責任を負うかどうかが問題となる。つまり、事前に契約等をしていないで事後的に財産上の利益を提供するわけであるから、義務無くして会社財産を流出させたことの責任が問われる可能性がある(根拠規定は商法266条1項5号)。この点については野村證券損失補填株主代表訴訟で争われているので、以下この訴訟について述べる。損失補填 フレッシュアイペディアより)

  • スタジオアレックス

    スタジオアレックスから見た訴訟訴訟

    『LUNAR』シリーズ(開発:スタジオアレックス / 発売:ゲームアーツ)などを制作。しかし、2003年に『ルナ・ザ・シルバースター』の二次的著作物使用料の件で、発売元であるゲームアーツに対し訴訟を起こしたが、逆に長編アニメーション作品『魔法学園ルナ』のトラブルによる損害賠償を請求され敗訴。その後、倒産した。スタジオアレックス フレッシュアイペディアより)

  • 江差追分事件

    江差追分事件から見た訴訟訴訟

    江差追分事件(えさしおいわけじけん)とは、著作権のひとつである翻案権の侵害有無が争われた民事訴訟事件である。2001年(平成13年)6月28日の最高裁判所判決(平成11(受)922)は、翻案権侵害の具体的判断手法を示したことで知られている。江差追分事件 フレッシュアイペディアより)

  • Gpl-violations.org

    Gpl-violations.orgから見た訴訟訴訟

    2006年9月6日、gpl-violations.orgプロジェクトは、netfilter/iptablesを含むLinuxカーネルの一部に対し、不適切かつ著作権の侵害に当たる利用を行っていたとされるDリンクのドイツ法人(D-Link Germany GmbH)に対する法廷闘争で勝利をおさめた。判決は、結果として、ドイツ司法界におけるGPLの正当性とその効力を認める法的な判例として記録されることとなった。Gpl-violations.org フレッシュアイペディアより)

607件中 61 - 70件表示

「訴訟」のニューストピックワード