848件中 71 - 80件表示
  • 竹下重人

    竹下重人から見た訴訟訴訟

    竹下 重人(たけした しげと、1922年(大正11年) - 2005年(平成17年)2月6日)は、日本の弁護士。専門は税務訴訟竹下重人 フレッシュアイペディアより)

  • 専有部分

    専有部分から見た訴訟訴訟

    国等によっては行政部門に専門の調整機関を設置する例(ハワイ州など)が見られるが、日本の場合は、そのような機関が特になく、訴訟に及ばざるをえないこともあるという問題点が指摘されている。専有部分 フレッシュアイペディアより)

  • 利根川水系8ダム

    利根川水系8ダムから見た訴訟訴訟

    1990年代に入ると公共事業の見直しという新たな問題が起こり、大規模な公共事業に対する風当たりが強まった。折からバブル崩壊による地方自治体の財政悪化や人口増加が鈍化したこと、工場拠点の海外流出による水需要の減少がダム事業の見直しを迫ることと成った。これを受け奈良俣ダム完成以降の新規ダム事業は大半が建設凍結・中止となった。国・公団直轄事業としては川古ダム(赤谷川)・戸倉ダム(片品川)・平川ダム(泙川)・栗原川ダム(栗原川)及び渡良瀬遊水地第二期工事(渡良瀬第二貯水池)が中止となっている。現在は八ッ場ダムと南摩ダム(南摩川)が建設されているが、何れも日本の長期化ダム事業の代表例として、ダム問題の縮図の1つとなっている。また、下流域の市民団体からは『水余りの状況で、両ダムは不要な公共事業であり税金のムダ遣い』として建設中止の訴訟や仮処分申請、監査請求が行われている。利根川水系8ダム フレッシュアイペディアより)

  • 裏封

    裏封から見た訴訟訴訟

    例えば、訴人(原告)が提出した申状・訴状や訴訟当事者間の和与状、訴訟における判決文書(評定文・裁許状)などの文書の継目などに奉行人が内容を確認し、以後の変改を認めない旨を示すために裏側に署名署判を施した。また、申状・訴状を奉行人が受理した場合にその旨を記載して裏封する場合や申状・訴状の内容がそのまま認められる判決が下された際には裏封をして裁許状とともに訴人に渡される場合もあった。特殊な例では、訴訟の当事者である一方が相手が持つ文書を謀書(偽文書)であると主張した場合の裏封である。これは謀書の作成及び相手側の文書を偽って謀書と主張することは刑事罰の対象となるため、訴訟の終了まで証拠保全を行うために行う措置である。裏封 フレッシュアイペディアより)

  • 無賃入場者のパラドックス

    無賃入場者のパラドックスから見た訴訟訴訟

    あるコンサートに1000人の観客Y1、…、Y1000が来場した。このうち200人は1枚1000円のチケットを購入して入場したが、残りの800人は主催者の許可を取らずに裏口から無賃で入場した。後日、主催者Aは、1000人の観客全員を相手取って入場料支払を求める訴訟を起こした。そこで、以下のような判決が下された。無賃入場者のパラドックス フレッシュアイペディアより)

  • 公事師

    公事師から見た訴訟訴訟

    公事師(くじし)とは、江戸時代に存在した訴訟の代行を業とした者。出入師(でいりし)・公事買(くじかい)などとも呼ばれる。明治期に代言人制度を経て日本における弁護士制度の源流となったとされているが、現在の事件師にあたるもので、その性格や社会的評価は大きく異なる。公事師 フレッシュアイペディアより)

  • 呉青山中学校・高等学校

    呉青山中学校・高等学校から見た訴訟訴訟

    本校は当初、呉青山学院中学校という校名で開校した。この校名は本校の所在地に由来するが、青山学院大学を運営する学校法人青山学院より学校法人清水ヶ丘学園に対して、商標権の侵害であるとして名称の使用差し止めの訴訟を提起された。2001年7月、東京地方裁判所は清水ヶ丘学園側の「中学校のある地名を示しただけ」という主張を退け、「呉は広島の都市名として全国的に知られているが、広島県に青山という地域があることは知られておらず、名称全体では『青山学院』の部分が特に注意を引く」「青山学院は首都圏を中心に広く知られており、被告の名称は『青山学院と関連がある呉市の中学校』を連想させる」として、清水ヶ丘学園が「青山学院」の文字を含めた学校名を使うことを(中学校名を英語やローマ字で表記することも)禁じる判決を言い渡した。この判決に対し、被告の清水ヶ丘学園は即日控訴したが、その後学園は、校名から「学院」を外し呉青山中校に改称し、控訴を取り下げた。当時の清水ヶ丘学園理事長であった原田敬二は、本件の責任を取り理事長職を辞任した。呉青山中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 訴訟代理人

    訴訟代理人から見た訴訟訴訟

    訴訟代理人(そしょうだいりにん)とは、訴訟手続において、訴訟代理権を有し、本人のために訴訟追行をする者をいう。本項目では特記無き場合、日本のものについて述べる。訴訟代理人 フレッシュアイペディアより)

  • 条約・法律局 (タイ)

    条約・法律局 (タイ)から見た訴訟訴訟

    法律課 ()-国際法および国際法のかかわる国内法に関する提言、国際法に関する国内法整備と省内外との調整、紛争解決や国際司法裁判所や仲裁裁判所への訴訟などを担当条約・法律局 (タイ) フレッシュアイペディアより)

  • 本人訴訟

    本人訴訟から見た訴訟訴訟

    本人訴訟(ほんにんそしょう)とは、弁護士などの訴訟代理人を選任せずに訴訟を行うことをいう。本人訴訟 フレッシュアイペディアより)

848件中 71 - 80件表示