607件中 71 - 80件表示
  • ジェイ・マーティン・グールド

    ジェイ・マーティン・グールドから見た訴訟訴訟

    シカゴ生まれ、ニューヨークで育つ。コロンビア大学で経済統計学博士号取得。1955年、ブラウンシュー事件で専門家証人としてアメリカ合衆国司法省に雇われ、統計学者としての地位を確立。以後オクシデンタル石油、グレイハウンド、エマーソンエレクトリックなど、主だった反トラスト訴訟の専門家として30年以上活躍した。ジェイ・マーティン・グールド フレッシュアイペディアより)

  • 国籍法3条1項違憲訴訟

    国籍法3条1項違憲訴訟から見た訴訟訴訟

    国籍法3条1項違憲訴訟(こくせきほうさんじょういっこういけんそしょう)とは、結婚していないフィリピン国籍の母と日本国籍を有する父との間に出生した原告らが、出生後に父から認知を受けたことを理由に法務大臣あてに国籍取得届を提出したところ、原告らが国籍法3条1項に規定する国籍取得の条件を備えていないとして、日本国籍の取得を認められなかったため、父母の婚姻(嫡出子であること)を国籍取得の要件とする同項の規定は、法の下の平等を定めた憲法14条に違反するなどと主張して、国に対し、日本国籍を有することの確認を求めた訴訟である。国籍法3条1項違憲訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 交通権学会

    交通権学会から見た訴訟訴訟

    重度の身体障害者達による移動の自由を求める運動、私的なモータリーゼーション政策への批判的研究と運動成果を継承しつつ、1980年代の「国鉄分割民営化」の理論的探究から生まれた交通権の思想に基づき、日本で初めての本格的交通権訴訟となった「和歌山線格差運賃返還請求事件訴訟」を初めとして、交通権に係わる数々の課題に取り組む他、21世紀のあるべき交通の姿を示した「交通憲章」草案を作成するなどの活動に取り組んでいる。交通権学会 フレッシュアイペディアより)

  • メルボルン事件

    メルボルン事件から見た刑事訴訟訴訟

    その後の1998年、本事件における刑事訴訟の過程が、国際連合により定められた「自由権規約」に違反していたとして、規約人権委員会に対し個人通報が行われた。メルボルン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 香港の対外関係

    香港の対外関係から見た刑事訴訟訴訟

    なお、犯人引渡し協定は、刑事訴訟手続きや刑罰などの制度が双方で違いすぎ、(特に香港から中国大陸に引き渡す場合)被告の人権に関して問題が多いことから、未だ締結されていない。仮に中国大陸において、香港で犯罪を起こしたものが逮捕された場合は、これまで中国大陸の裁判所で裁かれ、処罰されている。特に張子強事件(香港で李嘉誠の長男である李沢鉅などを身代金目的で誘拐した容疑により、広東省で逮捕・処刑された)では、香港の排他的な刑事管轄権が成立していないのではないかという議論が起こった。香港の対外関係 フレッシュアイペディアより)

  • Intel 845

    Intel 845から見た訴訟訴訟

    RDRAMを推進するインテルはDDR SDRAMへの対応に慎重な姿勢を示していたが、2001年8月にVIAがPC2100(DDR266)に対応したPentium 4用チップセットP4X266を発表した。このP4X266の発売をきっかけとして、インテルとVIAは曖昧だったバスライセンスの解釈を巡る訴訟合戦に突入する。結果としてP4X266自体は普及には至らなかったものの、Pentium 4とDDR SDRAMの組合せの優秀性を証明した。このため、市場ではインテルによるDDR SDRAM対応がさらに強く望まれるようになった。Intel 845 フレッシュアイペディアより)

  • 公訴事実

    公訴事実から見た訴訟訴訟

    公訴事実(こうそじじつ)とは、一度の訴訟において、起訴状に訴因として明示して記載しなければならない、犯罪事実のことである。公訴事実 フレッシュアイペディアより)

  • 日前国懸神宮と高大明神の用水相論

    日前国懸神宮と高大明神の用水相論から見た訴訟訴訟

    日前国懸神宮と高大明神の用水相論(ひのくまくにかかすじんぐう-と-こうだいみょうじん-の-ようすいそうろん)は、室町時代の紀伊国(現和歌山県)で発生した灌漑用水をめぐる日前国懸神宮(以下「日前宮」と略す)と和佐庄という庄園の間の相論(訴訟を伴う紛争)である。当事者の一方である後者が日前宮に対抗する権威として同庄に鎮座する高大明神(現高積神社)を担いだため、結果的に日前宮と高大明神の用水相論と呼ばれるようになり、そこから高大明神の神領地における用水相論と把握されたりもした。日前国懸神宮と高大明神の用水相論 フレッシュアイペディアより)

  • 富一成

    富一成から見た訴訟訴訟

    クリスタルソフトの『夢幻の心臓』シリーズを手がけ、その後、日本ファルコムへ移籍。『ソーサリアン』・『スタートレーダー』・『ダイナソア』などのシナリオやゲームデザインなどを手がけたあと、独立しスタジオアレックスを設立。代表取締役に就任。『LUNAR』シリーズ(開発:スタジオアレックス / 発売:ゲームアーツ)などを制作。しかし、2003年に「ルナ・ザ・シルバースター」の二次的著作物使用料の件で、発売元であるゲームアーツに対し訴訟を起こし、これに敗訴。現在は、ガイナックスで制作に携わっている。富一成 フレッシュアイペディアより)

  • 反核団体

    反核団体から見た訴訟訴訟

    反核グループは公的な抗議活動として、集会・デモや核施設の占拠を含めた直接行動の他、重要な戦略としてロビー活動、政府への請願、選挙運動を通じた政策への反映、更に訴訟などによる政策への影響などを試みている。反核団体 フレッシュアイペディアより)

607件中 71 - 80件表示

「訴訟」のニューストピックワード