848件中 81 - 90件表示
  • 普通裁判籍

    普通裁判籍から見た訴え訴訟

    普通裁判籍(ふつうさいばんせき)とは、民事訴訟法上、事件の種類、内容に関わらず一般的に定められる裁判籍。訴えは、被告の普通裁判籍の所在地を管轄する裁判所の管轄に属する(民事訴訟法4条1項)。普通裁判籍 フレッシュアイペディアより)

  • 法定代理人

    法定代理人から見た訴訟訴訟

    訴訟代理人(任意代理人のうち、訴訟における代理権を持つ者)法定代理人 フレッシュアイペディアより)

  • 被告

    被告から見た訴訟訴訟

    被告(ひこく、Defendant)とは、一般的には訴訟における訴えを起こされた側の当事者を言い、原告に対する言葉である。被告 フレッシュアイペディアより)

  • 被告

    被告から見た訴え訴訟

    日本法上は、民事訴訟においてその名において訴えを提起された者をいい、第一審でのみ用いられる。ただし控訴審などにおいても、例えば双方が控訴した場合にはどちらも控訴人兼被控訴人(もしくは文脈により被控訴人兼控訴人)などとなるので、括弧書きにより「第一審原告」「第一審被告」とつけるなど実質上「原告」「被告」という言葉が使われることがある。被告 フレッシュアイペディアより)

  • 伴成益

    伴成益から見た訴訟訴訟

    しかし、承和12年(845年)に法隆寺の僧侶・善愷が同寺の壇越である少納言・登美直名を告訴し、弁官による審理の結果直名を遠流とした訴訟事件が発生する。その訴訟の取り扱いを巡って、翌承和13年(846年)に右少弁・伴善男と左大史・伴良田宗がこの訴訟の審理を行った5名の弁官を弾劾した。具体的な成益の罪状としては、善愷が提出した訴状を僧綱・治部省を経由せずに弁官が直接受理したが、これは慣例ではあったものの本来手続違反であり、その後に出た当該の慣例は不適切であるとした上官の判断を成益は敢えて無視し、訴状を本来の正しい部署(僧綱)へ移送しなかった事があげられている。結局この弾劾は認められ、成益は他の弁官とともに私罪にあたるとして解官の上贖銅10斤を課された(善愷訴訟事件)。承和14年(847年)には弾劾された4人の元弁官とともに位記を1階分破毀され、翌嘉祥元年12月(849年1月)にはさらに位階を1等降格した上で従五位上に再叙された。伴成益 フレッシュアイペディアより)

  • 法定損害賠償

    法定損害賠償から見た訴訟訴訟

    双方が不法行為の当事者である場合に一方が他方を訴訟提起することを避ける際には、アメリカ法では("in pari delicto")の法理が適用され提訴できなくなる(日本の民法には全く同一の規定はないが、被害者の過失が認められれば、722条の2、不法行為の過失相殺により賠償額が減額される)。法定損害賠償 フレッシュアイペディアより)

  • Righthaven

    Righthavenから見た訴訟訴訟

    Righthaven LLC(ライトヘイヴン)は、2010年前期に設立された著作権保持会社(copyright holding company)である。同社は複数の新聞社と契約締結に至っているが、その締結前にそれらの記事をオンライン・サイトに無断転載した多数のサイト・オーナーを探し出しており、契約締結後にオーナーらを著作権侵害で提訴した。この訴訟を複数の論説者がコピーライト・トロール行為であると強く非難しており、同社を「訴訟工場」("lawsuit factory")と揶揄する者もいる。同社のCEO、スティーヴン・A・ギブスン(Steven A. Gibson)はラスベガスに事務所を構えるロー・ファーム、の弁護士であり、通常は Righthaven のメディア対応に従事している。2011年8月、同社は自身が提起したある訴訟に敗北した。同年11月1日、この訴訟における被告側の(legal fees)の納付期限となり、連邦裁判所のを受けたは同社資産を没収した。2012年1月、同社のドメイン名 "righthaven.com" は同社の抱える債務の弁済に充てるため競売に掛けられ、氏名不詳の人物により落札された。Righthaven フレッシュアイペディアより)

  • 院評定

    院評定から見た訴訟訴訟

    後嵯峨院による院政下の寛元4年(1246年)に院政の改革が行われ、鎌倉幕府の評定衆に倣って西園寺実氏ら5人の評定衆が任命されるとともに開催場所も院庁の文殿である「院文殿(いんのふどの)」と定められた。ここで訴訟や政治問題などの処理が行われるとともに、院文殿に記録所の機能が兼ね揃えられて、律令法や儒教に詳しい中下級公家が職員として置かれて、院評定を円滑に行うための補助的業務を行うようになった。以後、院文殿における院評定が院政の中枢機関として活動するようになり、南北朝末期に室町幕府によってその政治的権限を奪われるまで続いた。院評定 フレッシュアイペディアより)

  • スタジオアレックス

    スタジオアレックスから見た訴訟訴訟

    『LUNAR』シリーズ(開発:スタジオアレックス / 発売:ゲームアーツ)などを制作。しかし、2003年に『ルナ・ザ・シルバースター』の二次的著作物使用料の件で、発売元であるゲームアーツに対し訴訟を起こしたが、逆にゲームソフト『魔法学園ルナ!』のトラブルによる損害賠償を請求され敗訴。その後、倒産した。スタジオアレックス フレッシュアイペディアより)

  • コピーライト・トロール

    コピーライト・トロールから見た訴訟訴訟

    コピーライト・トロール(copyright troll)とは、ある種の個人、法人を指して揶揄する語である。著作権トロールとも。コピーライト・トロールは過度に攻撃的に、もしくは情勢を伺いつつ訴訟を提起しその結果得る金銭的受益のために、自身が保持する著作権の権利行使を行う。しかしながら彼らは商業頒布目的での著作物の作成または著作物の利用の為のライセンス締結を通常行わない。批判者はコピーライト・トロールの行為に反感を持っている。その理由として批判者は、コピーライト・トロールの行為は創作物を生み出すことを萎縮させ、その代わり、著作物の創造を奨励することを意図し定められた著作権法を濫用し、そこに規定される高額な法定損害賠償の不衡平さ(inequity)と(unintended consequences)を巧みに利用し金銭を得ていると述べる。コピーライト・トロール フレッシュアイペディアより)

848件中 81 - 90件表示