607件中 81 - 90件表示
  • 公有財産

    公有財産から見た訴訟訴訟

    兵庫県が、県有地内で「土地信託」の制度を利用して、運動施設などを建設させたが、この際、委託先の信託銀行2行(住友信託銀行・三菱UFJ信託銀行)が、整備費などについて別の銀行から約78億7,800万円の借り入れを行った上で返済し、その分の支払いを兵庫県に求める訴訟を神戸地裁に提起。一審は銀行側敗訴だったが、二審の大阪高裁は、兵庫県に支払いを命じる逆転判決を言い渡し、最高裁は2011年11月17日に、「県は2行との間で損失処理方法を協議した場に於いても補償は否定せず、また、複数回に亘り損失補償契約を結ぶことで資金調達を支援した」と指摘し、また、信託法の規定が適用されないとの両行との間での合意も成立していなかったとして、同県の上告を棄却し、同県の敗訴が確定した。公有財産 フレッシュアイペディアより)

  • グローバルトリニティー

    グローバルトリニティーから見た訴訟訴訟

    2008年6月24日、消費者支援機構関西は運営会社であるフォートレスジャパンに対し、不当な勧誘を止めるよう申し入れ文書を送付した。改善する姿勢が見られない場合、消費者団体訴訟制度に基づいて不当な行為を止めるよう、差止請求訴訟を提起するとしている。グローバルトリニティー フレッシュアイペディアより)

  • グローバルトリニティー

    グローバルトリニティーから見た提訴訴訟

    2008年8月26日、消費者支援機構関西は不当勧誘の改善が見られないとしてフォートレス社を相手取り、消費者団体訴訟を大阪地裁に提起した。消費者支援機構関西によると、同機構は2006年5月から3回に渡り改善を求める申し入れを行ってきたが、2008年8月4日のフォートレス社からの回答では「問題の起きない営業を行っている」との文言があり、今後も不当勧誘が恐れがあるとして提訴に踏み切ったとしている。グローバルトリニティー フレッシュアイペディアより)

  • 事実認定

    事実認定から見た刑事訴訟訴訟

    事実認定(じじつにんてい)とは、裁判官その他の事実認定者(陪審制における陪審、裁判員制度における裁判官と裁判員など)が、裁判(刑事訴訟・民事訴訟)において、証拠に基づいて、判決の基礎となる事実を認定することをいう。事実認定 フレッシュアイペディアより)

  • 無断放映

    無断放映から見た訴訟訴訟

    一方、フジテレビと日本テレビは、以前は同テレビに放映権料を支払っていたが、現在は無断放映をしている。これは、2003年に北朝鮮がベルヌ条約に加盟したことを受け、文化庁が「国交がない以上、権利義務関係は発生しない」との見解を示したことによるものだが、これに対し、同テレビ作品に関する交渉窓口となっている朝鮮映画輸出入社(北朝鮮文化省傘下の行政機関)とその委託を受けたカナリオ企画は、著作権侵害に対する損害賠償支払いと無断放映差し止めを求めて、フジテレビと日本テレビを提訴した。これに対し東京地裁は、「北朝鮮がベルヌ条約に加盟していたにせよ、日本が未承認の国家である以上、国際法上の権利義務関係が発生せず、北朝鮮の著作物は著作権法6条3項の対象とはならない」との判決を下した。無断放映 フレッシュアイペディアより)

  • 洪蘭淑

    洪蘭淑から見た訴訟訴訟

    洪蘭淑は統一教会の信仰を持つ父・洪性杓(ホン・ソンピョ、???、36家庭)と母、柳吉子(ユ・ギルチャ)のもとに育つ。両親は教団の幹部で、洪性杓は統一教会の関連企業、「一和製薬(後の「一和」)を立ち上げ、約10年間社長を務めた。15歳で、統一教会の教祖文鮮明の長男、文孝進と結婚したが、14年の文家での生活の後に、夫の暴力や不品行と文一族の宗教的支配から逃れるため5人の子供たちとともに文家を脱出した。そして、離婚と養育費の支払いなどを求める訴訟を起こし、2年間の審理を経て離婚と養育費の支払いが認められた。この後に、教団側の反対に屈せずに出版した告発手記で、教団の後継者と見られてきた夫が暴力をふるい、酒、タバコ、麻薬や女性に溺れていること、「再臨のメシア」とされてきた義父、文鮮明の女性問題や、私生児の存在など、「神の家庭」とされてきた文家の偽善的な実態を暴露した。この手記は内外に大きな波紋を呼び、教団を離れる信者が多数出た。同様の告発をアメリカのテレビ番組や新聞等でも行ったが、「統一教会」側からの抗議はなかったと見られる。洪蘭淑 フレッシュアイペディアより)

  • 出産難民

    出産難民から見た訴訟訴訟

    しかし労働条件の厳しさ、訴訟リスクの高さに見合うほど報酬が他科に比べて特に高い、というわけでもない。出産難民 フレッシュアイペディアより)

  • 判決理由

    判決理由から見た刑事訴訟訴訟

    民事訴訟における訴訟物(争われている権利や法律関係)についての判断や、刑事訴訟における有罪・無罪や刑の言渡しは、主文で為されるが、その主文以外の部分を判決理由という。判決理由 フレッシュアイペディアより)

  • ソフトウェア特許とフリーソフトウェア

    ソフトウェア特許とフリーソフトウェアから見た訴訟訴訟

    「特許への報復」条項は幾つかのフリーソフトウェアライセンスに含まれている。ソフトウェアのライセンシーが著作者や上流の頒布者、下流の受領者をで提訴した場合、そのような訴訟を提起した時点でライセンスを停止するという罰則をこれら条項で定めている。ソフトウェア特許とフリーソフトウェア フレッシュアイペディアより)

  • 甲府藩

    甲府藩から見た訴訟訴訟

    享保9年(1724年)、吉里の郡山藩移封後に将軍吉宗は享保の改革の一環として天領拡大のため、甲斐国直轄支配のために創設された江戸幕府の職制。老中支配下。定員2名で、役高は3000石。甲府城内大手と山手に配置され、配下に勤番士200名、与力20人、同心50人を付けられ、甲府城の守護と府中政務や訴訟の処理を務める。甲府藩 フレッシュアイペディアより)

607件中 81 - 90件表示

「訴訟」のニューストピックワード