238件中 91 - 100件表示
  • 証券監督者国際機構

    証券監督者国際機構から見た証券取引所証券取引所

    普通会員 (Ordinary members) は、管轄区域内の証券市場と先物市場のいずれかまたは両方について最上級の権限を持つ規制当局でなければならない。証券取引所や自主規制機関も普通会員になり得るが、管轄区域内において最上級の権限を持つ規制当局である場合に限られる。普通会員は、それぞれ一票の投票権を持つ。日本からの加盟団体では、2000年7月以降、金融庁のみが普通会員である。1988年11月から金融庁発足の2000年7月までは、大蔵省のみが日本の普通会員であった。証券監督者国際機構 フレッシュアイペディアより)

  • シムシティ3000

    シムシティ3000から見た証券取引所証券取引所

    市長官邸、シティホール、銅像、市立裁判所、株式取引所、芸術劇場、一流大学、軍事基地、軍需工場、医療研究センター、科学研究センター、灯台、間欠泉公園、カントリークラブ、スタジアム、テーマパーク、宇宙港、シムシティ城;(特別収入が入るが地域に悪影響のある建物)有毒廃棄物変換工場、ギガモール、カジノ、最高警備の刑務所シムシティ3000 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンフリート

    ヴァンフリートから見た証券取引所証券取引所

    ヴァンフリートの積み替え地としてのかつての重要性は16世紀から17世紀への変わり目頃からその重みを増していった。この頃、水運による輸出品は年間約 80,000 ツェントナー、輸入品は 132,000 ツェントナーであった。主要な交易品は、コーヒー、砂糖、油、香辛料、タバコ、ウール製品、ワイン、蜂蜜、魚などであった。当時、マルクト通り沿いの豪華な商人の屋敷、立派な民家や飲食店、宿屋、証券取引所、ビール醸造所が建設された。19世紀後半にはその重要性は徐々に失われていった。貨物輸送は鉄道へ移行していったのである。ヴァンフリートは1902年にヴェラタール鉄道によって結ばれた。ヴァンフリート フレッシュアイペディアより)

  • 大発会・大納会

    大発会・大納会から見た証券取引所証券取引所

    大発会(だいはっかい、だいほっかい)及び大納会(だいのうかい)は、日本の証券取引所における、「1年間の取引の初日と最終日に行われる催事」。転じて、その営業日。大発会・大納会 フレッシュアイペディアより)

  • 値幅制限

    値幅制限から見た証券取引所証券取引所

    値幅制限は、証券取引所の役割である適正な株価の形成と、不測の損害からの投資家保護という目的のもと制定されている。値幅制限 フレッシュアイペディアより)

  • イルクーツクエネルゴ

    イルクーツクエネルゴから見た証券取引所証券取引所

    イルクーツクエネルゴの株式の内、40パーセントがロシア連邦政府の所有である。株式は、RTSとMICEX証券取引所で取引が行われている。イルクーツクエネルゴ フレッシュアイペディアより)

  • ヤンゴン証券取引所

    ヤンゴン証券取引所から見た証券取引所証券取引所

    ヤンゴン証券取引所(ヤンゴンしょうけんとりひきじょ、; 略称 YSX)は2015年10月にヤンゴンのとミャワディ銀行本部の跡地設立された証券取引所。2014年12月23日に日本の大和証券グループ本社傘下の大和総研と日本取引所グループが国営が証券取引所開設のための合弁企業を設立。合弁会社「ヤンゴン証券取引所合弁事業有限責任会社」は資本金で始動した。ミャンマー政府によると、出資比率はミャンマー経済銀51%、大和総研が30.25%、日本取引所が18.75%である。地元財閥企業(FMI)が取引開始と同時に株式公開し、上場第一号となった。証券取引委員会はヤンゴン証取の決済銀行にを選定した。ヤンゴン証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャン4世 (デンマーク王)

    クリスチャン4世 (デンマーク王)から見た証券取引所証券取引所

    クリスチャン4世が建造させた建物の中でもっとも有名なものには、展望台「ラウンド・タワー」(Rundetårn)、証券取引所「」、「カステレット」、大学寮「Regensen」、ローゼンボー城、「ニュボーダー」(Nyboder)、「海軍教会」(Holmens Kirke)、「王立造兵廠」(現)と隣接する「Proviantgården (英語版)」(元軍港施設・現国立公文書館読書室)、醸造所、(以上、いずれもコペンハーゲン)、2つの三位一体教会(コペンハーゲンのTrinitatis Kirkeと現クリスチャンスタードのHeliga Trefaldighetskyrkan)がある。またクリスチャン4世はフレデリクスボー城をルネサンス宮殿に改造し、クロンボー城をほとんど完全に城塞へ改造した。クリスチャン4世 (デンマーク王) フレッシュアイペディアより)

  • 1934年証券取引所法

    1934年証券取引所法から見た証券取引所証券取引所

    本法の規制に服する分野の一つが、現実の証券取引所、すなわち人々が証券(株式、担保付又は無担保の債券など)を売買する物理的な場所である。有名な証券取引所には、ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所があり、さらにシンシナティ証券取引所(シカゴ)、フィラデルフィア証券取引所、パシフィック証券取引所などの地域的な証券取引所もある。これらの証券取引所では、スペシャリストと呼ばれる取引所のエージェントが、証券の売買を仲介している。スペシャリストの重要な役割は、市場に流動性と価格の連続性をもたらすことである。人々が簡単に証券を取得し、あるいは簡単に証券のポートフォリオを処分できるように証券取引所に来ることを考えれば、このスペシャリストの役割は取引所にとって重要なものといえる。1934年証券取引所法 フレッシュアイペディアより)

  • 株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律

    株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律から見た証券取引所証券取引所

    まず、会社の規模に応じた規制が設けられた理由から説明する。株式会社は本来、社会に散在する遊休資本を結集して大規模な事業を営むことを目的とする企業形態である。商法の規定はこうした目的を前提にしており、市場を通じて資金を調達し比較的大規模な経営を行う企業を想定した会社制度を設けている。しかし日本における株式会社は小規模な個人企業が法人化したものが多い。平成15年の時点で日本には114万社の株式会社があるが、そのうち証券取引所に株式公開している会社は2700社ほどで、店頭市場に株式を公開している会社も940ほどしかなく、その他は全て株式を公開する必要がないような中小企業、つまり商法が株式会社として予定していないほどに小規模な企業である。株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律 フレッシュアイペディアより)

238件中 91 - 100件表示

「証券取引所」のニューストピックワード