前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
100件中 1 - 10件表示
  • 外国為替証拠金取引

    外国為替証拠金取引から見た金融商品取引業者金融商品取引業

    証拠金取引でレバレッジ効果があり、自由に決済期限をロールオーバー(繰り延べ)でき、取引時間中であれば売りも買いも自由に参加したり離脱できるため、先物取引と同様に輸出業者や輸入業者などの実需筋や投資家等が自己の裁量により将来の価格変動にともなうリスクを外国為替証拠金取引で回避または軽減する手段(リスクヘッジ、保険繋ぎ)にも活用できる。また、一部の金融商品取引業者では、デリバリー(外貨受け渡し)もできる点もメリットである。銀行との先物為替予約の場合は直先スプレッド(スワップレート)等が加味されたレートでの契約に対して外国為替証拠金取引の場合は、日々のスワップポイントが加減されるところが異なるため、厳密には適用される金利の性質は異なる。銀行等の金融機関との契約による先物為替予約は原則として、あらかじめ決めた予約の実行日または実行期間内に、締結済みの予約金額の全てを消化して使い切らなければならなく、途中解約の場合は解約違約金が発生するケースがあり、為替デリバティブ商品が、その商品設計が銀行側に極めて有利な内容になっていて社会問題となった商品も存在するが、外国為替証拠金取引によるリスクヘッジの場合は、取引時間内であれば、自己の都合、裁量で、決済期限を途中での変更が自由に設定でき、違約金が発生しなく、ヘッジのさじ加減が自由にできるのもメリットである。また、スプレッド(銀行又は、金融商品取引業者の売り価格と買い価格の差額)の観点からしても、一般に、銀行との先物為替予約の2通貨間の固定金利と外国為替証拠金取引 の2通貨間の日々の金利との違いを加味しても、銀行との先物為替予約よりも、外国為替証拠金取引のほうが取引コストが低いのも特徴である。外国為替証拠金取引 フレッシュアイペディアより)

  • MRIインターナショナル

    MRIインターナショナルから見た第二種金融商品取引業金融商品取引業

    事業報告書を提出されたのは2008年12月期から5年分で、2011年12月期に32億円あるとしていた現預金が2012年12月期は563万円と急減する一方、2011年12月期にゼロだった長期貸付金は翌年2012年に84億円、短期貸付金も約26億円急増していたほか、事業報告書に記された従業員給料は1人当たり平均年間30万円程度しか払っていない程度の額が記載されるなどしていた。これを証券取引等監視委員会は「ずさんな内容で、ほとんど虚偽」としているが、ずさんと酷評した事業報告書を提出開始からの5年間見抜けなかったことに対する関東財務局に対する批判の声もあがっている。また金融庁が第二種金融商品取引業の取り消しを行ったことで、同社は金融庁の管轄である更生特例法に基づいて破産申し立てを行う対象の事業者ではなくなってしまい、金融庁の更生特例法を使用した財産の保全手続を進められなくなったほか、利息を受け取っていないにもかかわらず顧客がみなし納税を行った所得税及び住民税の過去のみなし納税の還付についての手続きも難航する事態となってしまった。税務署にはみなし税の還付申請を受け付けない通達が出ており、それを見せられた被害者である元投資家も泣き寝入りの状態となっている。MRIインターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • ヨシコン

    ヨシコンから見た第二種金融商品取引業金融商品取引業

    近年は、創業事業であるコンクリート二次製品事業から、建築部材事業・環境事業を強化しており、脱土木・脱コンクリートの流れが加速している。不動産事業でも、分譲マンション事業のみならず、静岡県内のデベロッパー(property developer)として、宅地造成事業・商業開発事業・再開発事業を行っている。2006年には静岡県内に本社を置く企業では初となる信託受益権販売業(現第二種金融商品取引業)の登録も行い、不動産流動化業界への参入も図っている。この不動産事業の収益が、創業事業のコンクリート製造を大きく上回ったことから、2016年には所属業種がガラス・土石製品から、不動産に変更されている。ヨシコン フレッシュアイペディアより)

  • 投資顧問会社

    投資顧問会社から見た金融商品取引業金融商品取引業

    投資顧問業者(とうしこもんぎょうしゃ)は、顧客に対して有価証券やデリバティブ取引への投資について助言し、または投資一任を受けて、対価を得る企業。日本では、通常、金融商品取引法に基づき財務局へ登録された金融商品取引業者のうち、特に投資助言業務または投資一任業務を行う企業を指す。2006年に廃止された旧有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律では「投資顧問業者」として規制されていた。いわゆる年金ビジネスが主体である。投資顧問会社 フレッシュアイペディアより)

  • 証券会社

    証券会社から見た有価証券関連業金融商品取引業

    日本においては、通常、金融商品取引法に規定される金融商品取引業者のうち、第一種金融商品取引業(有価証券関連業に該当するものに限る。)を行う者を指す。証券会社 フレッシュアイペディアより)

  • 投資運用業

    投資運用業から見た金融商品取引業金融商品取引業

    投資運用業 フレッシュアイペディアより)

  • 投資助言・代理業

    投資助言・代理業から見た金融商品取引業金融商品取引業

    投資助言・代理業 フレッシュアイペディアより)

  • 第二種金融商品取引業

    第二種金融商品取引業から見た金融商品取引業金融商品取引業

    第二種金融商品取引業 フレッシュアイペディアより)

  • 第一種金融商品取引業

    第一種金融商品取引業から見た金融商品取引業金融商品取引業

    第一種金融商品取引業 フレッシュアイペディアより)

  • 有価証券関連業

    有価証券関連業から見た金融商品取引業金融商品取引業

    有価証券関連業 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
100件中 1 - 10件表示

「証券業」のニューストピックワード