100件中 31 - 40件表示
  • 私設取引システム

    私設取引システムから見た金融商品取引業者金融商品取引業

    なお、これら自主規制機能について、一義的にはPTS業者においてが対応すべきものではあるが、信用取引残高の集計・報告及び信用取引規制等の措置を実効的に行っていくためには、取引所とPTS間で必要な連携を図ることが先決である。一方で、取引参加者に対する調査・処分について目を向けた場合、PTS業者も金融商品取引業者である以上、当該業者が直接行うことは実効性が乏しく困難なため、PTS業者は取引参加者に対する調査や処分の権限を既に有している取引所や金融商品取引業者の自主規制団体である日本証券業協会などと協力して対応することが肝要であることが、同報告書では謳われている。私設取引システム フレッシュアイペディアより)

  • 積立投資

    積立投資から見た金融商品取引業者金融商品取引業

    証券会社(金融商品取引業者)、銀行、金融商品仲介業者で利用することができる。投資信託を扱う金融機関、金融業者であれば、2017年現在殆どの場合積立投資を利用することが出来ると思われるが、積立投資を始めるために金融機関に口座を作る場合などは、先に確認することが望ましい。積立投資 フレッシュアイペディアより)

  • 金融検査マニュアル

    金融検査マニュアルから見た金融商品取引業金融商品取引業

    なお、証券会社などの金融商品取引業者や信用格付業者については証券取引等監視委員会が、農業協同組合・漁業協同組合といった系統金融機関や商品先物取引業者などについては農林水産省(商品先物取引業者は経済産業省との共管)が、同様の検査マニュアルを定めている。金融検査マニュアル フレッシュアイペディアより)

  • 株式新聞

    株式新聞から見た金融商品取引業金融商品取引業

    主な読者は個人投資家など一般人で、証券業界や金融商品取引業界相手の業界紙というよりも専門紙に位置付けされる。株式新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生年金基金

    厚生年金基金から見た金融商品取引業者金融商品取引業

    基金は、その業務の一部を、信託会社、信託業務を営む金融機関、生命保険会社、農業協同組合連合会(全国を地区とし、生命共済の事業を行うものに限る)、企業年金連合会その他の法人に委託することが認められる。この場合、国民年金基金とは異なり、大臣の認可は不要である。また積立金の運用について金融商品取引業者との投資一任契約を締結することができるが、この場合は金融商品取引法に定める投資判断の全部を一任するものでなければならない。厚生年金基金 フレッシュアイペディアより)

  • ソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディングから見た金融商品取引業金融商品取引業

    日本では出資ではない融資を行う場合、貸金業法2条1項により、金銭の貸借の媒介で業として行うものに該当し、貸金業としての登録が必要となる。また、不特定多数からの出資を集めて融資や出資の仲介を行うことから、匿名組合出資契約を募集するための第2種金融商品取引業の登録も必要になる。ソーシャルレンディング フレッシュアイペディアより)

  • 混蔵保管

    混蔵保管から見た金融商品取引業者金融商品取引業

    混蔵保管(こんぞうほかん)とは、証券会社等の金融機関等が、顧客から有価証券の預託を受けた場合において、顧客の有価証券ごとに保管するのではなく、顧客の了承を得たうえで、保管振替機関に集中保管する証券保管振替制度を利用して寄託された有価証券を混合して保管する方法である。有価証券の返却等に際しては同種同量の有価証券を顧客へ交付することで、返却したものとされる。かつて、証券保管振替機構において、紙の株券の寄託を受け入れていた時代に行われていたものの、株券電子化により、株券等が振替口座簿で記録する形で管理されるようになって以降は、事実上終了している制度である。混蔵保管 フレッシュアイペディアより)

  • アンダーライター

    アンダーライターから見た金融商品取引業者金融商品取引業

    引受業務を行うことができるのは、金融商品取引業者(第一種金融商品取引業を行う者に限る。)または登録金融機関(公共債などに限る。)に限られている。アンダーライター フレッシュアイペディアより)

  • アンダーライター

    アンダーライターから見た第一種金融商品取引業金融商品取引業

    引受業務を行うことができるのは、金融商品取引業者(第一種金融商品取引業を行う者に限る。)または登録金融機関(公共債などに限る。)に限られている。アンダーライター フレッシュアイペディアより)

  • 消費貸借

    消費貸借から見た証券業金融商品取引業

    消費貸借の目的物は消費物である(物の分類(消費物と非消費物)については物 (法律)も参照)。目的物としては米や酒などでもよいが、実際には金銭を目的物とする金銭消費貸借がほとんどである。貸株は、株式を目的物とする消費貸借である(株式は民法上の物(85条)には当たらないが、証券業が問屋営業の代表例とされているように、株式・株券を物のように見ることも一般的である。)。レンタカー契約のうち、自動車の燃料に関する部分は、燃料を目的物とする消費貸借といえる(使った分の燃料を補充して返却するので。自動車自体に関する部分は賃貸借)。かつて行われた出挙は、種籾(イネの種子)を目的物とする消費貸借であるといえる。消費貸借 フレッシュアイペディアより)

100件中 31 - 40件表示

「証券業」のニューストピックワード