72件中 61 - 70件表示
  • ジャスダック

    ジャスダックから見た証券業金融商品取引業

    証券業から撤退し店頭市場運営に業務を集約ジャスダック フレッシュアイペディアより)

  • 金融商品取引法

    金融商品取引法から見た投資運用業金融商品取引業

    第3款 投資運用業に関する特則(第42条 - 第42条の8)金融商品取引法 フレッシュアイペディアより)

  • 金融商品取引法

    金融商品取引法から見た金融商品取引業者金融商品取引業

    第2款 金融商品取引業者(第29条 - 第31条の5)金融商品取引法 フレッシュアイペディアより)

  • 金融商品取引法

    金融商品取引法から見た金融商品取引業金融商品取引業

    そのため、企業内容に関する開示について定めるほか、金融商品取引業の登録制度や、金融商品取引所や金融商品取引清算機関、証券金融会社に関する免許などについて定める一方、信頼される金融商品市場の形成を目的として、不公正取引などが禁止され、これに対応する課徴金や刑罰などについても規定がある。金融商品取引法 フレッシュアイペディアより)

  • みずほフィナンシャルグループ

    みずほフィナンシャルグループから見た証券業金融商品取引業

    また、同社を親会社とするみずほ銀行、みずほコーポレート銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券、みずほインベスターズ証券の金融関係の企業からなる企業グループのことも指す。グループ全体によるブランドスローガン並びに中期事業戦略名は「Channel to Discovery」。2011年からは、サブスローガンとして、「One MIZUHO」が設定されている(2013年4月より、正式なブランドスローガンに昇格予定)。各事業子会社を通じて銀行・信託・証券・資産運用・クレジットカードなどの業務を提供しており、法人融資先は10万社超、個人預金口座数は2,600万口座に上り、総資産154兆円を抱える。みずほフィナンシャルグループ フレッシュアイペディアより)

  • 戸田城聖

    戸田城聖から見た金融商品取引業金融商品取引業

    なお、牧口の著作は「創価教育学会」名義で出版され、戸田は出版業以外に金融業や証券業にも乗り出し、事業家として一定の成功を収める。1940年(昭和15年)の第2回総会で正式に創価教育学会理事長に就任し、学会の活動を主に財政面で支えた。[[画像:Tsunesaburo Makiguchi and Josei Toda.jpg|thumb|250px|戸田城聖(左)と牧口常三郎(右)]]戸田城聖 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐美洵

    宇佐美洵から見た証券業金融商品取引業

    1964年(昭和39年)池田勇人首相は病気のため退陣するが、後継首相となった佐藤栄作に次期日銀総裁を宇佐美にするように申し送った。佐藤は田中角栄大蔵大臣を通して、宇佐美に日銀総裁に就任するように要請し、宇佐美は受諾した。こうして“日銀のプリンス”と称された佐々木直を押し退けた形で、戦後初めての民間銀行出身の総裁が誕生するが、不況の折りで、取り分け証券業界の落ち込みは激しく、公定歩合を3度にわたって引き下げるなど金融政策の舵取りを取った。宇佐美洵 フレッシュアイペディアより)

  • モルガン・スタンレー

    モルガン・スタンレーから見た証券業金融商品取引業

    1984年(昭和59年)3月6日:モルガン・スタンレー・インターナショナル・リミテッド東京支店を設立して証券業免許を取得モルガン・スタンレー フレッシュアイペディアより)

  • 竹中治

    竹中治から見た証券業金融商品取引業

    その後退官し、1937年日東鉱業汽船設立。海運業のほか証券業、新聞業、石油、ガス、石炭、金属、不動産、化学などを幅広い事業を手がける。竹中治 フレッシュアイペディアより)

  • 住友金属鉱山

    住友金属鉱山から見た証券業金融商品取引業

    証券業界では、同じ上場企業の住友金属工業と区別するため「別子(ベッシ)」もしくは「住友山(山は証券業界では『鉱業』の意味)」と呼ばれている。住友金属鉱山 フレッシュアイペディアより)

72件中 61 - 70件表示

「証券業」のニューストピックワード