前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
664件中 1 - 10件表示
  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た詐欺詐欺

    警視庁と静岡県警、福岡県警、東京都北区の健康食品販売会社「リッチランド」が、架空の投資話で全国の1万人以上から約500億円を集めた詐欺容疑で、同社の会長および幹部ら17人を逮捕。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 攻略法詐欺

    攻略法詐欺から見た詐欺詐欺

    攻略法詐欺(こうりゃくほう さぎ)とは、実効性のきわめて薄い、もしくは全く無いパチンコ・パチスロ等の攻略法を売りつける詐欺の俗称。実際にこのような名称の罪名が存在するわけではなく、警察庁が定めた『犯罪手口資料取扱細則』が規程する詐欺の手口の一つ、「売りつけ詐欺」(物品等の販売を口実として金品を騙取する手口)が正式な分類となる。攻略法詐欺 フレッシュアイペディアより)

  • 還付金詐欺

    還付金詐欺から見た詐欺詐欺

    還付金詐欺とは、輸出入に伴い税金を調整する制度など(例、消費税の戻し税など)を悪用し、虚偽の申告を行って不正に還付を受ける詐欺である。還付金詐欺 フレッシュアイペディアより)

  • 山本病院事件

    山本病院事件から見た詐欺詐欺

    院長で理事長の医師などが、詐欺や業務上過失致死容疑で逮捕された。山本病院事件 フレッシュアイペディアより)

  • 構造計算書偽造問題

    構造計算書偽造問題から見た詐欺詐欺

    5月17日 - 警視庁は、ヒューザー社長を「偽装を知りつつマンションを引き渡した」として詐欺容疑で逮捕(後に起訴)。同時に木村建設社長も同容疑で再逮捕。構造計算書偽造問題 フレッシュアイペディアより)

  • エンストローム論文

    エンストローム論文から見た詐欺詐欺

    2006年のたばこ会社による詐欺事件裁判の判決において、本論文はたばこ会社による科学操作の証拠の一つとされた。エンストローム論文 フレッシュアイペディアより)

  • アイ・アム・キューブリック!

    アイ・アム・キューブリック!から見た詐欺師詐欺

    『アイ・アム・キューブリック!』(Colour Me Kubrick: A True...ish Story)は2005年のイギリス・フランス合作映画。1990年代のイギリスで映画監督スタンリー・キューブリックになりすました実在の詐欺師を描いた犯罪コメディ映画である。2005年10月6日に「」にて初公開された。日本では劇場未公開だが、2011年6月24日にDVDが発売された他、WOWOWで放送された。アイ・アム・キューブリック! フレッシュアイペディアより)

  • 過誤払い

    過誤払いから見た詐欺詐欺

    また、ここで、無権限者とは、顧客とは無関係で、顧客になりすまして金融機関から金銭を受け取る者をいう。窃取した物(預金通帳、印章、キャッシュカード等)や、不正に取得した情報(暗証番号やIDやパスワード等)を用いて金融機関を欺いて金銭を受け取る詐欺犯である。もっとも、窓口での対面取引ではなく、ATMから金銭を引き出す場合(機械払い)は、厳密には窃盗罪に当たるが、本項では手段(窓口であるかATMであるかネットバンキングであるか)を問わず、無権限者が顧客になりすまして金融機関から金銭を受け取ること全般を、便宜上詐取(詐欺行為)と呼ぶこととする。過誤払い フレッシュアイペディアより)

  • 幽霊はここにいる

    幽霊はここにいるから見た詐欺師詐欺

    訳あって、ある橋の下で浮浪生活をしていた元詐欺師の大庭三吉は、友の幽霊が見え会話ができるという不思議な男・深川啓介と出会った。深川は、傍らにいる戦友の幽霊の身許を捜していた。幽霊は昔のことは何にも憶えていないのだという。その話から金儲けの食指が動いた大庭は、さっそく深川を連れて、家族のいる海沿いの町・北浜市へ舞い戻って来た。大庭の帰郷を聞きつけた地元新聞社の鳥居弟や選挙が近い市長らは慌てた。彼らは昔、或る偽証事件で大庭と関わりがあり、弱味があったからだった。人殺しの嫌疑のあった大庭は事件のほとぼりがさめるまでの1年間、町を出る約束を鳥居弟とし、そのまま8年間行方をくらましていたのだった。鳥居弟は部下の箱山記者に大庭の動きを見張らせた。幽霊はここにいる フレッシュアイペディアより)

  • 平岡定太郎

    平岡定太郎から見た詐欺詐欺

    定太郎の名前が久しぶりに新聞紙面を飾った。昭和9年(1934年)5月9日付の新聞に、定太郎が、明治天皇の親筆と偽った書を売り捌く詐欺団首魁として逮捕されていたことが、顔写真入りで載った。「平岡元樺太長官 偽の御宸筆(ごしんぴつ)で詐欺―畏れ多くも由来書を作り大胆な罪を計画」(東京朝日・昭和9年5月9日付)というもので、大きな見出しで記事は7段にもわたっていた。容疑内容は詐欺であり、定太郎とその一味が、絹地に“国家”と書かれた明治大帝の直筆を高額で売り捌こうとした。しかも御宸筆は偽物で、ある職工が「亀戸天神の縁日」で三十五銭で買ったものだった。転々として骨董屋で五十銭で売られており、これを購入して本物と偽ってひと儲けたくらんだのである。しかし2ヶ月後、怪しげな連中にただ担がれただけ、と判断され不起訴となった。平岡定太郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
664件中 1 - 10件表示

「詐欺事件」のニューストピックワード