498件中 21 - 30件表示
  • 血液サラサラ

    血液サラサラから見た詐欺詐欺

    2007年11月、血液サラサラになる云々のうたい文句で高額ブレスレットを売りさばいていた健康器具販売会社の社長と幹部が詐欺容疑で逮捕された。被害者は全国で約8000名、被害総額は20億円以上にのぼる。血液サラサラ フレッシュアイペディアより)

  • 両津勘吉

    両津勘吉から見た詐欺詐欺

    警察官でありながら悪徳商法などを何度も実行し、何度も逮捕されたこともある。しかし時には自分も悪徳商法に騙されることもある。話によってはつかの間の大金持ちになったこともあるが、不正が発覚するか、勢い余って毎回困惑して商売が止まってしまう。逆に騙されやすい単純な一面もあり、悪徳商法や詐欺の被害者になったこともある。しかし、いずれは騙されたことに憤慨して仕返しに出ることも相次いであった。両津勘吉 フレッシュアイペディアより)

  • 超能力

    超能力から見た詐欺詐欺

    中国人女性気功士が日本において「超能力で難病を治療する」と称して治療行為を行っていたが、効果を得られず治療費をだまし取られたとして患者や遺族らが損害賠償を求め提訴した。東京地裁は1997年5月27日、詐欺による不法行為と判断し全額の支払いを命じた。遺族らは超能力者として大々的にテレビ番組で取り上げた日本テレビに対しても同様の提訴を行い、同局が相当額を支払うことで和解した(、p86)。超能力 フレッシュアイペディアより)

  • 学歴詐称

    学歴詐称から見た詐欺詐欺

    学歴詐称に関して、WebSiteや雑誌や書籍や新聞やテレビ放送などの媒体において、法律の専門家ではない人が、検証可能性を示すことなく、刑法の詐欺罪や私文書偽造罪という犯罪行為であるとの解説をしている事例があるが、詐欺罪や私文書偽造罪の構成要件には該当しないので犯罪ではない。職歴詐称や犯罪歴隠蔽に関しても学歴詐称と同じで、詐欺罪や私文書偽造罪の構成要件には該当しないので犯罪ではない。学歴詐称 フレッシュアイペディアより)

  • 平岡定太郎

    平岡定太郎から見た詐欺詐欺

    定太郎の名前が久しぶりに新聞紙面を飾った。1934年(昭和9年)5月9日付の新聞に、定太郎が、明治天皇の親筆と偽った書を売り捌く詐欺団首魁として逮捕されていたことが、顔写真入りで載った。「平岡元樺太長官 偽の御宸筆(ごしんぴつ)で詐欺―畏れ多くも由来書を作り大胆な罪を計画」(東京朝日・昭和9年5月9日付)というもので、大きな見出しで記事は7段にもわたっていた。容疑内容は詐欺であり、定太郎とその一味が、絹地に“国家”と書かれた明治大帝の直筆を高額で売り捌こうとした。しかも御宸筆は偽物で、ある職工が「亀戸天神の縁日」で三十五銭で買ったものだった。転々として骨董屋で五十銭で売られており、これを購入して本物と偽ってひと儲けたくらんだのである。しかし2ヶ月後、怪しげな連中にただ担がれただけ、と判断され不起訴となった。平岡定太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小室哲哉

    小室哲哉から見た詐欺詐欺

    このため男性は地方検察庁に刑事告訴を行った。検察側は小室が受け取った5億円を差し押さえ解除ではなく借金返済に使っていたことを把握、当初から金を詐取する目的だったと判断し、2008年11月4日に大阪地検特捜部は小室とトライバルキックスの社長、広告会社の実質経営者の計3名を5億円の詐欺容疑で逮捕した。11月21日に起訴、さらに同日保釈保証金3,000万円を支払い保釈された。小室哲哉 フレッシュアイペディアより)

  • キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

    キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンから見た詐欺詐欺

    パンアメリカン航空のパイロットや医師、弁護士に偽装し(弁護士の資格は本当に取得した)、1960年代に世界各地で小切手偽造事件を起こし「天才詐欺師」と言われたフランク・W・アバグネイル・Jr(レオナルド・ディカプリオ)と、彼を追うFBI捜査官カール・ハンラティ(トム・ハンクス)の姿を、痛快かつ人間味豊かに描く。なお、トム・ハンクス演じるFBI捜査官カール・ハンラティは実在の人物ではなく、彼を追い、また更生の手を差し伸べた複数の人物をモデルとした創作である。キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン フレッシュアイペディアより)

  • 東のエデン

    東のエデンから見た詐欺師詐欺

    《東のエデン》を足掛かりに起業しようと目論むも、エデンサイトを悪用されたことをきっかけに起きた事件がもとで挫折した。滝沢に対しては露骨な反感を抱くが、人となりを知って《東のエデン》起業に同意する。しかし、滝沢の素性については詐欺師ではないかと疑い登記簿を調べたりしていた。東のエデン フレッシュアイペディアより)

  • カルト

    カルトから見た詐欺詐欺

    ヨーロッパのカルト対策の共通点は、「セクト」の明らかな問題行動や犯罪が、信教の自由の名の元に見過ごされている点を改善することである。ヨーロッパでは「セクト」を宗教として見るのではなく、実際にどのような活動をし、どのような問題がおきているのかが重視されている。国の関係機関や警察、司法、民間団体が広範に連携して情報収集をし、個々の団体の問題行動に対処するという方針を取っている。国家機関やNGOの活動は国家の枠を超えた広範な活動を呈している。実際に、労働法や脱税、完全な営利目的の団体や詐欺、子供への教育等の観点からの対策が提起され実行に移された。またヨーロッパにおいては信者の社会復帰や、教育から隔離された「セクト」の子供たちの教育問題に力が注がれている。対して日本ではカルト団体の信者が、教団を離れても支援がないために社会復帰できず教団に戻ったり、子供が教団内で軟禁状態になり、教育から隔離させられているのに放置されている等の問題があるカルト フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た詐欺詐欺

    1993年、「挺身隊研究会」会長の鄭鎮星 (チョン・ジンソン)ソウル大学教授は「8万人から20万人と推定される慰安婦のうち、絶対多数を占めると思われている朝鮮人慰安婦」としたが、独自根拠不明、詐欺を強制に含めている。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

498件中 21 - 30件表示

「詐欺事件」のニューストピックワード