664件中 61 - 70件表示
  • スミッシング

    スミッシングから見た詐欺詐欺

    スミッシング(Smishing)、または、SMSフィッシング(SMS phishing)とは、SMSを用いたフィッシング詐欺の一種。スミッシング フレッシュアイペディアより)

  • ハワイアン・ポイ・ドッグ

    ハワイアン・ポイ・ドッグから見た詐欺詐欺

    19世紀頃に他地域から導入された犬種との交雑が進み、純血のポイ・ドッグは絶滅してしまった。1990年代にホノルル動物園によって再生プロジェクトが立ち上げられたが10年ほどで挫折し、以後犬種の再生は民間事業に託された。再生は進んでいるが、ハワイではどんな犬でも「ポイ・ドッグ」と呼んでいるため、時にその事を利用して詐欺を行う悪質な人もいる。そのため、ハワイで本物のポイ・ドッグを探す際には別名のイリオという名で探してみたり、特徴をしっかり踏まえたうえで捜索する事も必要である。ハワイアン・ポイ・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • ケネス・レイ

    ケネス・レイから見た詐欺詐欺

    レイ自身も、証券詐欺(粉飾決算)などの疑いでFBIに2002年に起訴された。その後、50万ドルを支払い保釈された。2006年5月に陪審による有罪評決を受けたが、量刑についてはその時点では確定していなかった。ケネス・レイ フレッシュアイペディアより)

  • ついていったらこうなった

    ついていったらこうなったから見た詐欺詐欺

    調査員のお笑いタレントが、キャッチセールスや詐欺のメカニズムを解明し、調査検証を行う。ついていったらこうなった フレッシュアイペディアより)

  • 三浦真一郎

    三浦真一郎から見た詐欺詐欺

    江夏豊、江本孟紀、大矢明彦(元ヤクルト)、中畑清といったセ・リーグのスター選手と親交が深く、フジテレビの「珍プレー好プレー大賞」や映画「プロ野球を10倍楽しく見る方法」シリーズでもその姿を見られることが多かった。また、江夏、江本、掛布の他、川藤幸三、古沢憲司、平田勝男など阪神の選手とは特に親交が深かった。地味だったプロ野球審判のイメージを変えた、ショーアップ審判の走りといえるだろう。また大変な女好きであり、そのためか現役中に離婚歴がある。グラウンド内外でよくそのことを野次られていたようである。また、1993年にはチケット売買で530万円を騙し取ったとして詐欺容疑で逮捕されている。三浦真一郎 フレッシュアイペディアより)

  • パシフィックコンサルタンツインターナショナル

    パシフィックコンサルタンツインターナショナルから見た詐欺詐欺

    2008年には中国での遺棄化学兵器処理事業費の流用に関連し、特別背任・詐欺・法人税法違反(脱税)の各容疑、ベトナム・ホーチミン市の高官に対する贈賄(不正競争防止法違反)容疑で社長らが逮捕された(PCI事件)。詐欺罪、法人税法違反、不正競争防止法違反では有罪判決が確定したが、特別背任事件については無罪判決が確定した。パシフィックコンサルタンツインターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • アナーキストクックブック

    アナーキストクックブックから見た詐欺詐欺

    通貨の偽造(1. Counterfeiting Money)、クレジットカード詐欺(2. Credit Card Fraud)、プラスチック爆弾の作り方(3. Making Plastic Explosives)、道路警察のレーダーかく乱(17. Highway police radar jamming)、キーを使わずに自動車のエンジンをかける(20. Hot-wiring cars)、化学的同等製剤リスト(31. Chemical Equivalency List)、殺人の方法(40. How to Kill Someone)、マリファナの栽培方法(72. How to Grow Marijuana )、送料をタダに(83. Free Postage)等、全219項目に及ぶ。アナーキストクックブック フレッシュアイペディアより)

  • ペテン師

    ペテン師から見た詐欺詐欺

    ペテン師 フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・ダングラス・ホーム

    ダニエル・ダングラス・ホームから見た詐欺師詐欺

    彼の心霊現象を見た者は桁はずれに多く、さまざまな王室の人々や著名人を含む。またウィリアム・クルックスのような研究者の調査にも快く応じている。それでもヒュームを詐欺師として非難する者は多かった。ダニエル・ダングラス・ホーム フレッシュアイペディアより)

  • エクセルシャノン

    エクセルシャノンから見た詐欺詐欺

    2009年1月8日、エクセルシャノン社(旧・シャノン社を含む)が防火樹脂サッシの一部において、試験体に遮炎材を増量したり不燃材を追加するなどして、認定仕様とは異なる状態で国土交通大臣認定を取得したこと、認定仕様とは異なる仕様のサッシを製造販売したことを公表。同様の偽装は、新日軽や三協立山アルミでも行われていた。2009年4月、耐火性能試験を行った財団法人日本建築総合試験所は、詐欺容疑でエクセルシャノンの横地旦前社長ら2人を警視庁に告訴した。問題となったサッシは1995年7月から2008年12月までに製造され4,138棟で取り付けられたが、2009年6月15日時点までに99%の物件で対処が行われている。エクセルシャノン フレッシュアイペディアより)

664件中 61 - 70件表示