664件中 71 - 80件表示
  • 小豆島バス

    小豆島バスから見た詐欺詐欺

    2007年11月から2008年3月までの間、乗客数を水増しして補助金4000万円を不正に受け取ったとして、2014年11月に当時の社長・役員ら3人が詐欺で逮捕された。小豆島バス フレッシュアイペディアより)

  • 留置権

    留置権から見た詐欺詐欺

    なお、295条2項の規定は売買契約などの双務契約が詐欺によって取消された場合に発生する原状回復義務について類推適用される。例えば、買主が売主の詐欺があったことを理由に売買契約を取消した場合、代金と売買された品物をお互いに返却する義務(原状回復義務といい、その性質は不当利得に基づく返還義務である)が生じるが、このときに詐欺をした売主が「品物を返さなければ代金も返さない」という主張(同時履行の抗弁権)を主張することがこの規定によってできなくなるのである(詐欺によって代金を得たことが「不法行為によって」代金を占有したことに該当する)。留置権 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡直次郎

    片岡直次郎から見た詐欺詐欺

    詐欺、ゆすり・たかり(恐喝)を常習とする無頼の人物であり、仲間の河内山宗俊(河内山宗春とも)とともに1823年(文政6年)に捕らえられ、河内山は獄死したが、直次郎は翌年1824年(文政7年)、追放処分を受けた。片岡直次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中川勇人

    中川勇人から見た詐欺詐欺

    2月20日午前3時10分ごろ、相模原市中央区のカラオケ店でチームメイトの村野太一と共謀し、同市の20代男性がトイレに置き忘れた約2万円入りの財布をだまし取った疑いで、4月9日に詐欺容疑で逮捕され、S.C.相模原から除籍された。7月よりチームに復帰。中川勇人 フレッシュアイペディアより)

  • モード・アバンセ事件

    モード・アバンセ事件から見た詐欺詐欺

    モード・アバンセ事件(モード・アバンセじけん)とは、高知県で1990年代後半に起きた、同和対策事業をめぐる背任・詐欺事件。モード・アバンセ事件 フレッシュアイペディアより)

  • 小川友三

    小川友三から見た詐欺詐欺

    埼玉県出身。1921年に明治薬学専門学校(現:明治薬科大学)を卒業して薬剤師免許を取得し、保證堂薬局を開業。古物商・農業などを手がける一方で東京市議選や府議選にも出馬し、昭和会から衆議院議員への立候補を目論んだ。1938年には中国への移住絡みの詐欺事件で逮捕されている。小川友三 フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・フォン・シュレンク=ノッチング

    アルベルト・フォン・シュレンク=ノッチングから見たペテン師詐欺

    1922年12月20日から1923年1月24日にかけて3回行われた実験は、ドイツの小説家であるトーマス・マンが参加したことでも知られる。当時のマンは著作『ブッデンブローク家の人々』で大きな名声を得ていた上、超常現象を否定する立場におり、名作家としての力量でシュレンク=ノッチングのペテンを暴くことを多くの人々から期待された。しかしマンは実験後、自分が心霊主義者でないとの立場を貫きながらも、この実験に対しては後の書簡で、霊媒の中に別人格が現れたこと、霊のようなもので物体が動いたことなどの現象を述べ、それらを事実として受け止め、トリックやペテンがなかったことを公言して大きな反響を呼んだ。後のマンのノーベル文学賞受賞第1作『Mario und der Zauberer』(1930年、邦題『マーリオと魔術師』)は、この実験がモデルとなった。アルベルト・フォン・シュレンク=ノッチング フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ルーベン

    スコット・ルーベンから見た詐欺詐欺

    ルーベンは、実は、「不正研究としては最長で最も広範囲に及ぶ臨床試験」を行なっていた。この長期で広範囲の臨床試験は、架空であって、実際には実施していなかった。「サイエンティフィック・アメリカン」誌は、ルーベンを医学界のマドフと呼んだ。マドフは、前ナスダック会長のバーナード・L・マドフで、史上最大級の巨額詐欺事件の犯人である。マドフは、650億ドルのポンジ・スキーム(詐欺の一種)を練り上げ、2009年、有罪を認め、150年の禁固の刑を受け、現在服役中である。スコット・ルーベン フレッシュアイペディアより)

  • メル・ブルックスの命がけ!イス取り大合戦

    メル・ブルックスの命がけ!イス取り大合戦から見たペテン師詐欺

    金に目がくらんだ息子は、偶然出会ったペテン師の青年(フランク・ランジェラ)とともにその椅子を探す旅に出るが、遺言を盗み聞きしていた神父(ドム・デルイーズ)も椅子争奪戦に参加する。メル・ブルックスの命がけ!イス取り大合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 少女スーツケース詰め殺人事件

    少女スーツケース詰め殺人事件から見た詐欺詐欺

    この後、男は被害者女性の携帯電話を使って実家にいた母親に連絡する。「女性に現金を盗まれた。弁償すれば告訴を取り下げる」と自らが被害者であり、女性が加害者であるかのようなふりをしてキャッシュカードの暗証番号を聞き出そうとしたのである。さらに警察官を装って示談金名目で被害者女性の知人から金を騙し取ったりもした。このような詐欺にも等しい愚かな行為が、かえって警察に犯人特定を進めさせる決定的要因となった。少女スーツケース詰め殺人事件 フレッシュアイペディアより)

664件中 71 - 80件表示