2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
106件中 101 - 106件表示
  • 詐欺

    詐欺から見た成りすまし

    地面師 - 土地売買にまつわる詐欺。印鑑証明書を偽造するなどして土地所有者に成りすまし、売買代金を騙し取る。詐欺 フレッシュアイペディアより)

  • 詐欺

    詐欺から見たオークション詐欺

    )、黒詐欺(他の詐欺師をカモとする詐欺)、白詐欺(振り込め詐欺、チケット詐欺、オークション詐欺等主に個人をカモとする詐欺)という分類もある。詐欺 フレッシュアイペディアより)

  • 詐欺

    詐欺から見た刷り込み

    ペテン師のペテンとは繃子(ペンツ)であり中国語の方言・俗語で、詐欺を意味し詐欺師と同義語でもあるが、日本に伝わってからペテンという言葉には、「ペテン(悪知恵)が利く、ペテン(知恵)が回る、ペテン(策略)に掛ける」と言ったように頭という意味合いもあり頭脳犯としての詐欺師をさす、端的にいえば詐欺師は役者であり信頼関係など心理的な刷り込みを行うのに対し、ペテン師は口先やもっともらしい理屈を使い、損得の価値観を操って被害者に利益があるように錯誤させ、金品を騙し取る者。詐欺 フレッシュアイペディアより)

  • 詐欺

    詐欺から見た出家詐欺

    出家詐欺 - 出家をすると戸籍の名を変えることができることを悪用、ブローカー、寺院などが共謀し多重債務者の名を変えさせたうえで金融機関から借金をさせ金銭をだまし取る。では暴力団も利用している。詐欺 フレッシュアイペディアより)

  • 詐欺

    詐欺から見た偽装サポート詐欺

    偽装サポート詐欺 - ウイルス駆除などをかたって、金品を騙し取る詐欺。詐欺 フレッシュアイペディアより)

  • 詐欺

    詐欺から見た的屋

    いかさま師とは、古くは手品師と同義語であり、文字通り仕掛けやカラクリのある道具を使う詐欺師を指す。路上でのブラックジャックやCup and Ballなど海外でなじみのものも多い。日本では昭和初期ごろの的屋などがある意味いかさま師であったと言える。がまの油売りの日本刀で腕をちょっと切る見せ場や(実際は刃を一部無くしそこに朱を塗っておく)や「道端の小枝の先端に小石を紐でくくり石を上に枝を地面に刺すことなく立たせる」といった事で客寄せをして物品を販売した。如何様(いかさま)と書き、「さもその様に見える、いかにも本物らしい」といった意味で転じて「まがい物、偽物」と言うことを指す事から偽物を売る者といった意味もある。詐欺師やペテン師と違い道具や技術で金品を騙し取る者。詐欺 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
106件中 101 - 106件表示