340件中 91 - 100件表示
  • 岡嶋二人

    岡嶋二人から見た誘拐誘拐

    誘拐をテーマにした作品は高い評価を受け、「バラバラの島田」(死体分断トリックの多い島田荘司)に対比して「人さらいの岡嶋」・「誘拐の岡嶋」と呼ばれることがある。岡嶋二人 フレッシュアイペディアより)

  • シャーガー

    シャーガーから見た誘拐誘拐

    シャーガー(、1978年 - 不明)とはアイルランド生まれの競走馬である。エプソムダービーを史上最大の着差となる10馬身で圧勝。1981年カルティエ賞年度代表馬、インターナショナルクラシフィケーション140ポンド(史上2位)。種牡馬となったのち1983年に誘拐され行方不明となった。この馬を描いた同名の映画『Shergar』がある。所有馬の競走馬名の由来が分からないことで知られるアーガー・ハーン4世の持ち馬で、この馬の場合も競走馬名の由来は不明である。シャーガー フレッシュアイペディアより)

  • 本人確認

    本人確認から見た誘拐誘拐

    サービスが開始されたばかりの当初は、本人確認が不要で気軽に購入できたことから、誘拐や振り込め詐欺、闇金融などの犯罪で悪用される事件が多発するようになったため、後手で身分証明書の提示を要求するようになった。本人確認 フレッシュアイペディアより)

  • バグダッドの少年

    バグダッドの少年から見た誘拐誘拐

    廃墟や建造物が煙となった空き地の点在する地域では草サッカーの試合が繰り広げられている。しかしそのような中でも銃声が響く。日常茶飯事なのか、彼も含めて特に意に介する様子もない。誘拐も後を立たないと彼は言う。バグダッドの少年 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国における死刑

    中華人民共和国における死刑から見た誘拐誘拐

    香港の富豪が誘拐され身代金を奪取された事件では、被害者が、死刑制度のない香港ではなく広東省の刑事当局に告訴したため、富豪の生命が奪われたわけではないのに犯行グループが死刑になった。また、日本で起きた福岡一家4人殺害事件の被疑者3名のうち2名が中国へ逃亡し裁判にかけられた際には、主犯は死刑になったが、従犯に対しては、主犯の潜伏先を自白した「捜査の協力」と「自首」を認定し無期懲役に減刑された。従犯とはいえ、4人もの殺害実行に直接関与したにもかかわらず司法取引的な減刑を行なったことは、中国の刑事裁判の量刑の相場から著しく外れるものであるとして、日本側の一部や、中国国内の司法関係者から指摘された。この事件のように、心神耗弱や情状酌量すべき事情がないにも拘らず、事件に直接関与した者が死刑にならなかったのは中国国内では前例が少ない。そのため、明確な判断基準がばく政治的かつ恣意的・主観的な判決が日常的に行われている可能性が強いとの指摘もある。中華人民共和国における死刑 フレッシュアイペディアより)

  • 脅迫状

    脅迫状から見た誘拐誘拐

    脅迫状を送る目的としては、たとえば誘拐事件や恐喝における金銭の要求金額と受け渡し場所や日時の指定、特定の会合・雑誌の連載作品・番組放送・スポーツの試合・コンサートなどに対する中止要求、あるいは不特定または特定の建造物の爆破予告・人員の殺傷予告など、さまざまである。中には封書に刃物(剃刀・あるいはカッターナイフの替刃)などを同封している脅迫状もあるため、差出人が不明な文書の開封は素手では行なわないこと。脅迫状 フレッシュアイペディアより)

  • フリードリヒ3世 (ザクセン選帝侯)

    フリードリヒ3世 (ザクセン選帝侯)から見た誘拐誘拐

    しかし、1521年にヴォルムス帝国議会でルターが自説の撤回を拒否し、カール5世からドイツ国内で法律の保護対象外(事実上の国外追放処分)に置かれると、皇帝の決定に反して「ルターを誘拐した」という名目で居城であるヴァルトブルク城に匿った。皇帝カール5世にとってフリードリヒ3世は自らの皇帝即位の立役者である上、当時のドイツはイタリア戦争最中の非常に政情不安定な状況にあったため、皇帝は彼に対して別段の処置を採らなかった。またローマ教皇にとってもフリードリヒはハプスブルク家に対抗するために蔑ろにできない大諸侯ということもあり、表立った圧力が加えられることはなかった。外出も満足に出来ずヴァルトブルク城に篭もりきりの生活は、時としてルターには精神的に辛いものだったようだが、ともかくも身の安全を保障されて、ルターはこの時期に著名な新約聖書のドイツ語訳を行っている。フリードリヒ3世 (ザクセン選帝侯) フレッシュアイペディアより)

  • マルク・デュトルー事件

    マルク・デュトルー事件から見た誘拐誘拐

    マルク・デュトルー事件は、1996年にベルギーで発覚した少女拉致監禁・殺人事件。少なくとも6人の少女を誘拐し、地下壕に閉じ込めて強姦、共犯の男1人を含む計5人を殺害した罪で、2004年に終身刑が言い渡された。被害者のうち2名は救出され、2名は犯人が別件で逮捕収監中に餓死、ほか2名と共犯の男はドラッグを打たれ、生き埋めにされ殺害された。マルク・デュトルー事件 フレッシュアイペディアより)

  • 銃器対策部隊

    銃器対策部隊から見た誘拐誘拐

    銃器対策部隊は、基本的には官姓名と素顔を明らかにして公開訓練を実施し、記者会見も行なっているが、近年では、一部の隊員には顔にマスク(目出し帽)を着用させて公開訓練を実施したり、記者会見を断わることも増えてきている。これは、身元を隠すことにより、隊員自身と家族に対する誘拐や脅迫、あるいは土台人や工作員等の情報機関関連者による「獲得工作」を防ぐための措置である。銃器対策部隊 フレッシュアイペディアより)

  • 郊外型犯罪

    郊外型犯罪から見た誘拐誘拐

    米国の郊外、コロンバイン高校銃乱射事件や、レイプや殺害目的の誘拐、日本国内の性的行為目的の児童誘拐、殺人、監禁などに顕著な現象。いずれも、死刑になるケースが多くなっている。郊外型犯罪 フレッシュアイペディアより)

340件中 91 - 100件表示

「誘拐・監禁」のニューストピックワード