誤射・誤爆 ニュース&Wiki etc.

誤爆(ごばく)とは、爆撃機から爆弾やミサイルを投下する時に、目標から外れるあるいは目標とは別の地点を目標と勘違いするなどの原因により、本来攻撃するべき物ではない、攻撃をしてはいけない病院や赤十字社施設などの民間施設や、友軍などを誤って爆撃してしまうことを言う。 (出典:Wikipedia)

「誤射・誤爆」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「誤爆」のつながり調べ

  • トライトン (タンバー級潜水艦)

    トライトン (タンバー級潜水艦)から見た誤爆

    珍説として、トライトンはブリスベン近くのモートン島の付近で、日本が敷設した機雷への触雷かオーストラリア海軍のパイロットによる誤爆(同士討ち)で沈み、トライトンの戦没はオーストラリア海軍によって隠されたという噂が今日も残っている。その期日はトライトンの沈没推定日から2週間後のこととされ、ブリスベンにはトライトン向けの郵送物や新鮮な果物、アイスクリームが用意されていたという。もっとも、の見解では、オーストラリアの陸上砲台が潜水艦を撃沈したことはあり得そうで実はなく、たとえ誤認撃沈を戦争中は隠していたとしても、戦争終了後数年のうちに真相が出てきただろうとしている。(トライトン (タンバー級潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • アルバコア (SS-218)

    アルバコア (SS-218)から見た誤爆

    10月12日、アルバコアは7回目の哨戒でビスマルク海、ソロモン諸島方面に向かった10月25日午後、アルバコアはの地点で大型輸送船と2,000トン級輸送船を発見し、夜に入っての地点に至ったところで魚雷を6本発射したが命中しなかった。11月6日にはの地点で病院船を確認。夜に入り、アルバコアは同海域にあったスティールヘッド (USS Steelhead, SS-280) が発見した輸送船団についての警報を受信し、その情報に基づいて日本船団攻撃に向かった。11月8日、アルバコアはの地点で情報にあったであろう輸送船団に接近しつつあったその時、第5空軍の B-25 が、突然アルバコアを爆撃。アルバコアは軽いダメージを受けたものの潜航し哨戒任務を続行したが、この誤爆と回避により船団との接触を失った。(アルバコア (SS-218) フレッシュアイペディアより)

「誤爆」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「誤射・誤爆」のニューストピックワード