誤射・誤爆 ニュース&Wiki etc.

誤爆(ごばく)とは、爆撃機から爆弾やミサイルを投下する時に、目標から外れるあるいは目標とは別の地点を目標と勘違いをするなどの原因により、本来攻撃するべき物ではない、攻撃をしてはいけない民間施設や友軍などを誤って爆撃してしまうことを言う。 (出典:Wikipedia)

「誤射・誤爆」Q&A

  • Q&A

    第二次上海事件当時何機かの日本軍機がシナ空軍に撃墜されたようですが、続く南京攻略戦で…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2015年12月9日 10:36

  • Q&A

    自衛隊も誤爆、誤射、流れ弾で 善良な市民をあやめてしまう日も近いですね 米軍が国…

    [続きを読む]

    回答数:10質問日時 - 2015年10月3日 15:25

  • Q&A

    過去に朝日新聞は「ミサイルが飛んできたら?」 に対して「武力攻撃事態になるだろうが…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2015年6月27日 15:10

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「誤爆」のつながり調べ

  • OV-10 (航空機)

    OV-10 (航空機)から見た誤爆

    左エンジン排気管内にスモークジェネレータを搭載しており同左メインギア格納部内のタンクから揮発油を送ることで、最大4分程度の煙幕展開が可能。FAC任務での攻撃指示の際は誤爆を防ぐため、攻撃指示機・被攻撃指示機が互いに、位置を確認した上での攻撃決行が基本となるためこの発煙機構と無線の併用により、機体確認がより確実に行われている。また地上部隊への支援のための煙幕展開や、爆撃侵入コースの指示等にも使用された。(OV-10 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • ポーギー (潜水艦)

    ポーギー (潜水艦)から見た誤爆

    3月12日、ポーギーは9回目の哨戒で日本近海に向かった。この哨戒では東京湾口方面での艦船攻撃の他に、海上に不時着したB-29のクルーを救助する任務も請け負っていた。4月1日朝、ポーギーはの地点で2隻の特設監視艇に対して5インチ砲で砲撃を行ったが、脅かしただけに終わる。4月5日にはの地点で海防艦を発見し、魚雷を3本したが回避され、逆に爆雷攻撃を受けた。4月9日午後にも、の地点で2隻の輸送船を発見して、小型タンカーに対して魚雷を4本発射したが、これも命中しなかった。4月19日、ポーギーは救助配備中にB-24(あるいは海軍型のPB4Y-1 シーリベレーター)の誤爆を受け、艦橋に被弾した。4月29日、ポーギーは担当海域で不時着したB-29のクルー10名を救助し、彼らをサイパン島まで輸送した。タナパグ港でクルーを下ろしたあと、5月6日に出港。5月15日、ポーギーは61日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。(ポーギー (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

「誤爆」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「誤射・誤爆」のニューストピックワード