前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示
  • 精密爆撃

    精密爆撃から見た誤爆誤爆

    なお、精密爆撃は「目標」への命中精度で語られるものであり、「目標」の選定ミスや目標を逸れることによる誤爆を生じることは有り得る。精密爆撃 フレッシュアイペディアより)

  • 水平爆撃

    水平爆撃から見た誤爆誤爆

    対空砲火や戦闘機による迎撃を避けるため、高高度からの爆撃が多い。高高度爆撃の場合は爆撃機側は比較的安全だが急降下爆撃に比べて命中率は劣り、付近に友軍が存在する場合誤爆は多くなる。このため目標を特定しない無差別爆撃や目標を貫徹するために必要な速度を得るため高高度からの投下が必要になる徹甲爆弾による攻撃等で使用された。水平爆撃 フレッシュアイペディアより)

  • スティングレイ (潜水艦)

    スティングレイ (潜水艦)から見た誤爆誤爆

    8月23日、スティングレイは9回目の哨戒でアドミラルティ諸島方面に向かった。8月31日、スティングレイはの地点で友軍機の誤爆で4発の爆弾を投下されて少なからぬ損傷を被り、スティングレイは浮上して修理することを強いられた。この哨戒を通じて、敵艦との接触はなかった。10月10日、スティングレイは50日間の行動を終えて真珠湾に帰投。続いてオーバーホールのためメア・アイランド海軍造船所に回航された。オーバーホール中に、艦長がサム・C・ルーミス・ジュニア少佐(アナポリス1935年組)に代わった。スティングレイ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • グレイリング (SS-209)

    グレイリング (SS-209)から見た誤爆誤爆

    この頃、日本海軍がミッドウェー島目指して進撃しており、これを全力で阻止すべく行動可能な艦船は日本艦隊を迎え撃つべく出撃。グレイリングも第7.1任務群に加わって、ミッドウェー島西方に割り振られた海域に急いだ。グレイリングは日本艦隊の行動に関する情報を提供したが、その一方でB-17に日本の巡洋艦と間違えられて誤爆を受けた。グレイリングは潜航して同士討ちを避けた。ミッドウェー海戦終了後、グレイリングは15日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。グレイリング (SS-209) フレッシュアイペディアより)

  • 前線航空管制

    前線航空管制から見た誤爆誤爆

    前線航空管制の主眼は、攻撃機を適切に統制することで誤爆を防ぎ、最前線で活動する味方地上部隊の安全を確保することにある。また航空管制と同時に、爆撃効果判定(BDA)も行われることが多いが、これは砲兵の前進観測班(FO)が射弾観測を行うのと同様である。このように、前線航空管制の業務内容は、多くが砲兵の前進観測と類似・重複しており、このことから、アメリカ軍やイギリス軍では火力支援班(FST)として統合運用されている。また、前線航空管制の担当者は、以前は前線航空管制官と称されていたが、2003年より統合末端攻撃統制官(JTAC)と改称された。前線航空管制 フレッシュアイペディアより)

  • アルバコア (SS-218)

    アルバコア (SS-218)から見た誤爆誤爆

    10月12日、アルバコアは7回目の哨戒でビスマルク海、ソロモン諸島方面に向かった10月25日午後、アルバコアはの地点で大型輸送船と2,000トン級輸送船を発見し、夜に入っての地点に至ったところで魚雷を6本発射したが命中しなかった。11月6日にはの地点で病院船を確認。夜に入り、アルバコアは同海域にあったスティールヘッド (USS Steelhead, SS-280) が発見した輸送船団についての警報を受信し、その情報に基づいて日本船団攻撃に向かった。11月8日、アルバコアはの地点で情報にあったであろう輸送船団に接近しつつあったその時、第5空軍の B-25 が、突然アルバコアを爆撃。アルバコアは軽いダメージを受けたものの潜航し哨戒任務を続行したが、この誤爆と回避により船団との接触を失った。アルバコア (SS-218) フレッシュアイペディアより)

  • ポーギー (潜水艦)

    ポーギー (潜水艦)から見た誤爆誤爆

    3月12日、ポーギーは9回目の哨戒で日本近海に向かった。この哨戒では東京湾口方面での艦船攻撃の他に、海上に不時着したB-29のクルーを救助する任務も請け負っていた。4月1日朝、ポーギーはの地点で2隻の特設監視艇に対して5インチ砲で砲撃を行ったが、脅かしただけに終わる。4月5日にはの地点で海防艦を発見し、魚雷を3本したが回避され、逆に爆雷攻撃を受けた。4月9日午後にも、の地点で2隻の輸送船を発見して、小型タンカーに対して魚雷を4本発射したが、これも命中しなかった。4月19日、ポーギーは救助配備中にB-24(あるいは海軍型のPB4Y-1 シーリベレーター)の誤爆を受け、艦橋に被弾した。4月29日、ポーギーは担当海域で不時着したB-29のクルー10名を救助し、彼らをサイパン島まで輸送した。タナパグ港でクルーを下ろしたあと、5月6日に出港。5月15日、ポーギーは61日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。ポーギー (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • スレッシャー (潜水艦)

    スレッシャー (潜水艦)から見た誤爆誤爆

    12月30日、スレッシャーは2回目の哨戒でマーシャル諸島およびマリアナ諸島方面に向かった。1942年1月9日から1月13日にかけて、スレッシャーはマジュロ、ミリ、アルノの各環礁を偵察したあと、グアム方面に移動。2月4日未明、スレッシャーはハガニアの北11キロの地点で小型の貨物船を発見。ただちに潜航し魚雷を3本発射。これは命中しなかったので、発射準備状態にあった残りの魚雷も発射した。スレッシャーは30分にわたって攻撃行動を繰り返し、1隻4,500トンの戦果を挙げたと判断されたが、戦後のの調査はこれを認めなかった。2月24日、海軍機がスレッシャーを誤爆してしまったが、幸いにスレッシャーには損傷はなかった。2月26日、スレッシャーは58日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。スレッシャー (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • トライトン (タンバー級潜水艦)

    トライトン (タンバー級潜水艦)から見た誤爆誤爆

    珍説として、トライトンはブリスベン近くのモートン島の付近で、日本が敷設した機雷への触雷かオーストラリア海軍のパイロットによる誤爆(同士討ち)で沈み、トライトンの戦没はオーストラリア海軍によって隠されたという噂が今日も残っている。その期日はトライトンの沈没推定日から2週間後のこととされ、ブリスベンにはトライトン向けの郵送物や新鮮な果物、アイスクリームが用意されていたという。もっとも、の見解では、オーストラリアの陸上砲台が潜水艦を撃沈したことはあり得そうで実はなく、たとえ誤認撃沈を戦争中は隠していたとしても、戦争終了後数年のうちに真相が出てきただろうとしている。トライトン (タンバー級潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 火力支援

    火力支援から見た誤爆誤爆

    それらの処理手順は事前に検討されている事が望ましい。歩兵部隊からの要請に応じて緊急で実施する事もあるが、緊急の火力支援は情報面での錯綜から正確性の維持が非常に難しく、誤爆の危険性も高い。火力支援 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示

「誤射・誤爆」のニューストピックワード