51件中 11 - 20件表示
  • 水平爆撃

    水平爆撃から見た誤爆誤爆

    対空砲火や戦闘機による迎撃を避けるため、高高度からの爆撃が多い。高高度爆撃の場合は爆撃機側は比較的安全だが、急降下爆撃に比べて命中率は劣り、付近に友軍が存在する場合誤爆は多くなる。このため、目標を特定しない無差別爆撃や目標を貫徹するために必要な速度を得るため高高度からの投下が必要になる徹甲爆弾による攻撃などで使用された。水平爆撃 フレッシュアイペディアより)

  • 火力支援

    火力支援から見た誤爆誤爆

    それらの処理手順は事前に検討されている事が望ましい。歩兵部隊からの要請に応じて緊急で実施する事もあるが、緊急の火力支援は情報面での錯綜から正確性の維持が非常に難しく、誤爆の危険性も高い。火力支援 フレッシュアイペディアより)

  • アレッポ大学

    アレッポ大学から見た誤爆誤爆

    2013年1月15日、大学寮と建築学部棟付近で2回の爆発があり、83人が死亡、少なくとも150人が重軽傷を負う事件が発生。原因は、シリア騒乱の戦闘に伴う政府軍または反政府軍の誤爆と考えられている。アレッポ大学 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の中国における反日活動

    2005年の中国における反日活動から見た誤爆誤爆

    4月9日、北京市中関村で大規模なデモ行進と署名活動が行われた。これは、1999年米国が中国の駐ユーゴスラビア連邦大使館を誤爆し、北京で学生デモが発生して以来で、北京の最も大規模な学生と民衆のデモ活動の1つとなった。デモ隊は、建国門外の日本の大使館や朝陽門外の日本大使公邸に向かって投石などを行った。中国政府は数人を逮捕したと発表している。このデモでは、「投げて良いものは石・ビン・缶・ペンキなど軽いものに限る。重いもの、危険物を投げてはいけない」などの細かなデモ概要が、事前に携帯電話のチェーンメールで流されていた。警察が取り締まりに当たることはなく、道路封鎖だけを行い、デモ隊も警察隊に物を投げつけるようなことはしなかった。午後9時、デモ隊・警察官が一斉に中国国歌を斉唱して終了し、あらかじめ用意されたバスに分乗して帰宅した。2005年の中国における反日活動 フレッシュアイペディアより)

  • 落花流水 (漫画)

    落花流水 (漫画)から見た誤爆誤爆

    暁が夕へ送信する予定のメールを誤爆したため弱みを握っている。落花流水 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • トライトン (タンバー級潜水艦)

    トライトン (タンバー級潜水艦)から見た誤爆誤爆

    珍説として、トライトンはブリスベン近くのモートン島の付近で、日本が敷設した機雷への触雷かオーストラリア海軍のパイロットによる誤爆(同士討ち)で沈み、トライトンの戦没はオーストラリア海軍によって隠されたという噂が今日も残っている。その期日はトライトンの沈没推定日から2週間後のこととされ、ブリスベンにはトライトン向けの郵送物や新鮮な果物、アイスクリームが用意されていたという。もっとも、の見解では、オーストラリアの陸上砲台が潜水艦を撃沈したことはあり得そうで実はなく、たとえ誤認撃沈を戦争中は隠していたとしても、戦争終了後数年のうちに真相が出てきただろうとしている。トライトン (タンバー級潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • スレッシャー (潜水艦)

    スレッシャー (潜水艦)から見た誤爆誤爆

    12月30日、スレッシャーは2回目の哨戒でマーシャル諸島およびマリアナ諸島方面に向かった。1942年1月9日から1月13日にかけて、スレッシャーはマジュロ、ミリ、アルノの各環礁を偵察したあと、グアム方面に移動。2月4日未明、スレッシャーはハガニアの北11キロの地点で小型の貨物船を発見。ただちに潜航し魚雷を3本発射。これは命中しなかったので、発射準備状態にあった残りの魚雷も発射した。スレッシャーは30分にわたって攻撃行動を繰り返し、1隻4,500トンの戦果を挙げたと判断されたが、戦後のの調査はこれを認めなかった。2月24日、海軍機がスレッシャーを誤爆してしまったが、幸いにスレッシャーには損傷はなかった。2月26日、スレッシャーは58日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。スレッシャー (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ポーギー (潜水艦)

    ポーギー (潜水艦)から見た誤爆誤爆

    3月12日、ポーギーは9回目の哨戒で日本近海に向かった。この哨戒では東京湾口方面での艦船攻撃の他に、海上に不時着したB-29のクルーを救助する任務も請け負っていた。4月1日朝、ポーギーはの地点で2隻の特設監視艇に対して5インチ砲で砲撃を行ったが、脅かしただけに終わる。4月5日にはの地点で海防艦を発見し、魚雷を3本したが回避され、逆に爆雷攻撃を受けた。4月9日午後にも、の地点で2隻の輸送船を発見して、小型タンカーに対して魚雷を4本発射したが、これも命中しなかった。4月19日、ポーギーは救助配備中にB-24(あるいは海軍型のPB4Y-1 シーリベレーター)の誤爆を受け、艦橋に被弾した。4月29日、ポーギーは担当海域で不時着したB-29のクルー10名を救助し、彼らをサイパン島まで輸送した。タナパグ港でクルーを下ろしたあと、5月6日に出港。5月15日、ポーギーは61日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。ポーギー (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 海南島事件

    海南島事件から見た誤爆誤爆

    この時期の米中関係は険悪なものであった。これは1999年5月のコソボ紛争でNATO軍の一員として武力制裁に参加していたアメリカ軍機がユーゴスラビア連邦共和国(当時)の首都ベオグラードにあった中国大使館をユーゴ政府の政府機関と誤認して爆撃した事件によって、中国国内では「ユーゴを支援する中国政府に対する意図的な報復行為である」として国内で反米暴動が起きるなどの緊張が高まっていた。また、アメリカのブッシュ政権が、軍事拡張を続ける中国を冷戦後の「戦略的競争相手」として将来軍事的脅威になると指摘したため米中間の軍事緊張が高まっていた矢先の出来事であった。海南島事件 フレッシュアイペディアより)

  • 新竹空襲

    新竹空襲から見た誤爆誤爆

    1937年(昭和12年)に日中戦争が勃発すると、中国空軍は、1938年(昭和13年)2月23日にソ連空軍志願隊との共同作戦として、SB爆撃機28機により、日本側の渡洋爆撃の出撃拠点となっていた台北市近郊の松山飛行場を空襲した。これは外地も含む広い意味で史上初の日本本土空襲であったが、戦果は流れ弾により松山飛行場・新竹市周辺の村落で民間人に若干の被害が出たのみであった。同年5月20日と5月30日には中国空軍の少数のマーチン139W爆撃機が九州へ飛来して宣伝ビラを撒布したものの、その後、中国軍による日本本土空襲は途絶えた。新竹空襲 フレッシュアイペディアより)

51件中 11 - 20件表示

「誤射・誤爆」のニューストピックワード